ネイティブスピーカーが日常で使う表現

皆さんこんにちは!インターンのSHOです!

メルボルンは36度という気温をマークしました!夏の足音がやっと聞こえてきた気がします自分自身真夏のクリスマスを迎えるのは人生で初めてになるので奇妙な感覚と胸躍る感覚のダブルパンチで幸せです!

By the way,今日はネイティブが日常的に実際使っている表現について5つ紹介します!*ATSUEIGO distinctionより数種抜粋したものも含む

11月17日にメルボルンで開催された講演会の際に購入した著書

grab sth  飯や飲み物を買う

Can you please grab a coffee? (コーヒーをお願いできますか?)

I’m going downstairs to grab some food for lunch.(下にごはん買いに行って来るね)

cut sb off  会話の途中で―をさえぎる

Sorry to cut you guys off ,but I have quick head question about~ (話の途中にすみません、~についての質問があるのですが)

Heaps たくさんの、とても

How was your holiday? 休暇はどうだった?

It was heaps good. めっちゃ良かったよ

take a stab in the dark 推測する、当ててみる

If you are not sure what the answer is so you just took a stab in the dark.It’s better than putting nothing. 答えが分からなかったら適当に推測してみて、何も埋めないよりはいい

hit pause 一時中断する

If you’re exhausted from studying too much,hit pause and chill out a bit. 勉強しすぎて疲れてるなら一時中断してリラックスしたら?

Let’s hit pause on this discussion.I need to gather some more information before we continue. この議論一時中断しましょう、議論を続ける前にもう少し情報を集める必要があります

今後もネイティブが日常よく使う単語や表現をアップしていきます!

Stay tune !!

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談
 

初めまして!! 新人の虹太(Kota)です。

みなさん初めまして
先月から受付をしています、虹太(Kota)です

初めてと言うことで、今回は簡単に自己紹介をします。
出身は新潟で、中学時代は佐渡島にも住んでいた田舎者の26歳です。大学は埼玉で英語教育を勉強し、卒業後メルボルンのモナッシュ大学でアジア学を勉強しています。

大学までずっと野球をやり、インラインホッケーも大学で始め体育系の環境でずっと育ってきました。でも、ここメルボルンに来てからは運動まったくせず逆にカフェや図書館でゆっくり休日を過ごす完全な草食系になってしまいました。

韓国語を勉強して早一年なんですが多少読めますがまだまだ会話はできません。相変わらずの言語のセンスの無さですが忍耐はあるので、今年は日常会話をできるように地道にがんばろうと思ってます。 

言語はもともと苦手でセンター試験では36点(200点中)を英語でたたきだしました。。なので英語で苦労している人の気持ちはすごくわかります。 でも、そんな自分でも今こうしてオーストラリアで頑張れているので、英語が苦手な人にも自信を持て頑張ってほしいと思います。

まだまだCityのことは詳しくないですが、英語での悩み、大学生活のこと、アカデミックライティングのコツなど自分でも力になれることはあるので、受付で見かけたら気軽に声をかけてみて下さい
 
明るさと柔らかさ?が自分の特徴です!!
こんな自分ですが、これからよろしくお願いします

こうた

押していただけるとうれしいです。↓↓
人気ブログランキングへ