Au Pair ワーキングホリデー④ (”オーペアをする際持っていると有利な資格4つ”編)

こんにちは、インターンのKaoriです♪

前回の“オーペア探し・おすすめ3サイト比較”に引き続き、今回は”オーペアをする際持っていると有利な資格4つ”について書いてみたいと思います。

オーストラリアでオーペアを探し、現地のファミリーと一緒に生活し、子どもたちのお世話をする際に所持しておくと有利になる資格・・・。

私の経験しか元となるデータがないので、これらはあくまで

”ファミリーから実際に聞かれたことのある資格”

に限定されてしまいますが、4つ挙げてみたいと思います。

ちなみに、最初にお伝えしておくと私は1年間のワーキングホリデーの中で最初から最後までこの4つの内、1つしか持っていませんでした。(!)

それでも

「1年間で2家庭、とてもいいファミリーに雇ってもらうことができた♪」

と個人的には満足しているのでまったく後悔はありませんが、もしこれらの資格を最初から持っていたら

「興味を持ってもらえるファミリーの幅や、雇ってもらえる可能性も広がっていたのかな?」

と思います。

これからオーペア留学を考えている方にとって、事前準備として

「こんな資格を持ってたらオーペアとして働く際に有利なんだー。」

という参考になれば嬉しいです。

 

また、以下の連載記事もあわせて、現在留学やワーキングホリデーを計画中の方に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪

▼オーペア体験談記事一覧

インターン自己紹介

Au Pair ワーキングホリデー① (”そもそもオーペアとは?”編)

Au Pair ワーキングホリデー② (”オーペアの仕事を自力で探す方法”編)

Au Pair ワーキングホリデー③ (”オーペア探し・おすすめ3サイト比較”編)

 


私のオーペア体験談 ―持っていると有利な資格4つ

1.医療・教育関連資格

ファミリーと最初にメッセージをやり取りする時や、面接時に頻繁に尋ねられる質問として

「医療知識や保育教育関連の実務経験はありますか?」

というもの。この質問からは

  • なぜ外国でオーペアとして働きたいのか
  • オーペアとしてふさわしい人物か
  • オーペアとして継続的に働くポテンシャルがあるか

このような要素がジャッジされているように思います。

もし日本で看護師や保育士、教師などの資格や経験があれば、とても信頼度の高いアピールポイントになると思います。

また、現在資格がある方だけでなく、

  • 学生の方であれば専攻している保育や教育分野で将来がんばりたいという思い
  • 社会人の方であればボランティアや実務経験に基づいて更にスキルアップしたい思い

これらも十分アピールポイントになると思います◎

2.国際運転免許書

オーペアを探している際、私の体感では約6割のファミリーが

”オーストラリアで日常的に車の運転が出来ること”

これを絶対条件にオーペアを探しているように思いました。

というのも

  • 子どもを学校へ送迎
  • ご両親を会社や最寄り駅まで送迎
  • 日用品の買い物

これらをオーペアのメインタスクとして仕事内容に挙げているファミリーが多いからです。

また、国土の広いオーストラリアでは郊外へ行くほど車なしの日常生活は難しくなります。

更にオーペアを雇う家庭は一般的に教育関心度も高いため、家から少し離れていても私立の学校に通わせているファミリーも多いように感じました。

3.ポリスチェック/チャイルドチェック

これは犯罪履歴(特に幼児児童に関連した)がないことを証明するためのもので、特にオーペア審査に厳しい家庭は必須資格として挙げている、オーペア自身が自己アピールとして持っていることを前面に出してている人も多いようです。

4.ファーストエイド

いわゆる救急時の応急処置スキルがあるかどうかという確認です。

ご両親が不在時に子どもたちに万が一の怪我や事故があったらオーペアとして何ができるか・・・

  • ドアで指を挟んで内出血してしまったが骨折していないかどうか
  • 原因不明のアレルギー反応で全身に赤い発疹が広がっているが呼吸は正常
  • 熱を出して学校を早退したが帰宅後は風邪薬を自己判断で服用させてもいいかどうか

・・・これらは私が経験した一部に過ぎませんが、子どもの命を預かる責任の重い仕事なので医療基礎知識に加え、緊急時に落ち着いて対応ができるスキルは資格の有無にかかわらず必ず求められるものだと感じました。


以上、”オーペアをする際持っていると有利な資格4つ”のご紹介でした!

それでは、次回以降もオーペアワーキングホリデーについて色々と書いていけたらと思います♪

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!

iae留学ネット

Au Pair ワーキングホリデー③ (”オーペア探し・おすすめ3サイト比較”編)

こんにちは、インターンのKaoriです♪

前回の”オーペアを自力で探す方法”に引き続き、今回は私が実際に”オーペア探しの際に使ってみて良かった3つのサイト”について、メリットデメリットを挙げながら書いていきたいと思います。

現在留学やワーキングホリデーを計画中の方に、少しでもお役に立てれば嬉しいです♪

▼オーペア体験談記事一覧

インターン自己紹介

Au Pair ワーキングホリデー① (”そもそもオーペアとは?”編)

Au Pair ワーキングホリデー② (”オーペアの仕事を自力で探す方法”編)


私のオーペア体験談 オーペア探し・おすすめ3サイト比較

▼Face Book

【概要】

まずひとつめは言わずと知れたソーシャルネットワーキング、フェイスブック(以下FB)を使う方法。

FBのコミュニティーページでは毎日のように、オーペアを探しているファミリーや、ホストファミリーを探している留学生たちが自己紹介や希望条件などを投稿しています。

コミュニティーページ管理人への参加申請が必要ですが、FBのアカウントがあれば誰でもすぐに始められるため手軽で使いやすいところが特徴です◎

【FBで探すメリット】

1.利用者数が多いため情報量が豊富

上記画像の”Au Pair in Melbourne/Australia”コミュニティ登録者数は25,885名。(2019年1月現在) 1日の平均投稿数も10件以上と、情報量がとても豊富に感じました。長期はもちろん短期のオーペア、一晩だけのオーバーナイトベビーシッティング、旅行同伴や結婚式への同伴など様々なスタイルの需要があるので、型にはまらず当事者同士で色々な契約を結べる可能性があるように感じます。

2.投稿形式に制約がないため自由に書き込める

特に決められた投稿フォーマットはないので、写真付きで詳細まで書いている人もいれば、数行だけ文字のみの募集を書いている人もいたり、長期希望、短期の募集、情報の載せ方は本当に人それぞれという印象でした。

3.都市を絞ってオーペアを探せる

メルボルンやシドニーやブリスベンなど、都市ごとにコミュニティーが存在するため自分が住み込みをしたい都市でピンポイントでローカル情報を探すことが出来ます。

【FBで探すデメリット】

1.投稿が有効なのは数日間程度

FBの特性上、新規投稿が活発なタイムラインほど古い情報は下に埋もれていってしまいます。なので多くの人の目に留まるピークは投稿してからの数日間に限定されてきます。

私が初めて投稿をした5月初旬頃はちょうど学期の変わり目で需要が多い時期だった偶然もあり、書き込みから1時間もしないうちに数件のコメントとメッセージ、1日で20件以上のオファーをメッセンジャー経由でもらえました。

しかしそのオファーの勢いはほぼ数日間で終わってしまい、返信はできるだけ早くしないと既に他の人と話が決まっていっている、というやりとりもたくさんありました。

また投稿する時期もとても重要で、12月初旬頃に短期のベビーシッターを希望して投稿をした時は、クリスマスホリデーが近かったこともあって1件もレスポンスがありませんでした・・・。

数日間の短期決戦でオーペアファミリーを見つけたい人にとってFBのこの特性はメリットにもなりますが、私のように

”たくさんの家族とじっくり話しあいながら、お互いの期待を見極めつつ慎重にステイ先を選びたい!”

という人にとっては、このテンポの速さは快適に感じられないかもしれません・・・。

2.個人情報を載せる不安

いくら申請を通った人だけが使えるコミュニティーページとは言え、自分の個人情報を二万人もの目に留まる場所に投稿をするのは少し抵抗があるかもしれません。

自己紹介として自分の経歴や性格や写真について載せれば載せるほど、興味をもってくれる人の数は増えますが、リスクについても考え、ここまでなら誰に公開してもいいと思える情報を自分の中で選定しておくと後悔が無いかもしれません。

ちなみに私が経験した嫌な思いはひとつだけ。

一生懸命考えた英文や投稿フォーマットが、そっくりそのまま他の日本人の人達にその後コピー&ペーストされていたのを見てしまったことでした・・・。

また、画像を悪用されて怒っているファミリーの警告投稿などもあったので、写真を載せる時は特に気を遣う必要があるように思います。

Au Pair World

【概要】

オーストラリアのみならず、オーペアの文化が浸透している21カ国(2019年1月現在)で利用されているオーペア探し最大規模の会員制サイトです。特に登録料や使用料もかからず、簡単な情報登録で誰でも始めることができます。

仕組みとしては、マイページに自分の情報を載せ、ファミリーとオーペアがお互いに検索し合って、気になる候補を見つけたらメッセージを送る、という流れです。

【オーペアワールドで探すメリット】

1.オーペアの基礎知識を手に入れることができる

はじめてオーペアをやりたいと思い立った当時、日本語でネット検索してもあまり具体的な情報が得られず、英語で検索しても文章量の多い記事を読みきる力がまだなかったため、最初は情報収集にとても苦労しました。

しかし、オーペアワールドのホームページ内には”Become an Au Pair”というインストラクションのページや、”Au Pair Wiki”と名づけられた専門用語解説ページ、国によって異なる労働条件の基準や、よくあるQ&Aの紹介など、オーペアを始めるための基礎知識が非常に充実していました。

2.じっくり時間をかけて探せる

このサイトではファミリーもオーペアもそれぞれマイページと呼ばれる自分のホームを持つことになるので、好きな時に条件検索をしてお気に入り登録したり、1日数件くるオファーメッセージに丁寧に返信したり、お互い焦らずにやりとりができます。

ファミリー側も「急いでベビーシッターを見つけたい!」というよりは「いいオーペアがいたら文化交流目的で迎えたい。」というような余裕のある家庭が多い印象を受けました。

3.条件検索がしやすい

  • 住むエリアはシティがいいか郊外がいいか
  • 保育対象となる子どもの年齢は何歳くらいがいいか
  • 家事もやるつもりがあるかどうか
  • シングルペアレントもOKかどうか
  • 禁煙者かどうか
  • チャイルドケアの経験があるか
  • 国際免許証をもっているかどうか

などなど、検索する時に条件を絞ることができるので自分が思う理想のファミリーを見つけやすいと思います。

また、ファミリー側の条件検索ではオーペアの国籍を選ぶことができ、日本人に求められているものについて知る機会にもなりました。

特にオーストラリアでは小学校や中学校で習う第二言語として日本語選択している子ども達も多く、熱心な家庭からは「子ども達をバイリンガルスクールに通わせているからどうしても家に日本語ネイティブがいて欲しい!」という熱いオファーメッセージをくれたケースもありました。

【オーペアワールドで探すデメリット】

1.ログイン履歴や返信率が公開されてしまう

正直なところ、オーペアワールドを使うに当たってデメリットはひとつも感じませんでしたが、あえていうならこの機能かもしれません。

オーペアワールドはサイト内の検索機能やセキュリティが充実している反面、個々がどのくらいのアクティブユーザーかまで公開されるようになっていました。

ログイン履歴や返信率が公開されることで、例えば

「私たちには返事をくれないのに他の人には返しているのね。」

「既にオーペア生活を始めたけれど、まだログインし続けているのは他を探しているのかしら。」

などなど、お互いがアカウントを公開しつづけている限りこの情報公開はされ続けてしまいます。

私はこの機能ゆえに、既にネガティブリプライをしたファミリーからも

「ログインしているならまた返事ちょうだい。」

という催促をされたこともありました。

※ちなみに上記私のマイページはもう検索に出てこないよう非設定にしている状態のものです。

Gumtree

【概要】

最後はガムツリーを使って探す方法について。オーストラリアで生活している人にとって最大のコミュニティサイトとも言われている、情報掲示板のようなサイトです。

家探しや仕事探しの情報はもちろん、車や家電や生活用品の売買など、かなり広範囲な情報が載っているサイトです。

【ガムツリーで探すメリット・デメリット】

  • 大勢の人が見ていて
  • 情報の掲載鮮度が大切

という意味ではFBのコミュニティーページとメリットデメリットがほとんど似ているように思います。

FBにない特徴としてひとつ挙げると、ガムツリー利用者はオーペア探しをしている人だけでないため、色々な可能性の仕事が見つけれられるかもしれないというところです。

例えば、自己紹介の文章で“Japanese”という単語を使っていたとしたら、”日本語のチューターを探している人”がその単語検索でヒットした投稿を読んで

「オーペアではないけれど日本語教師として週に数時間個人レッスンをしてもらえないか?」

という違う仕事に繋がるかもしれません。

(ちなみに私はオーペア探し以外の目的では少し怖かったので活用することはありませんでした・・・。)

 

以上、”オーペア探し・おすすめ3サイト比較”編でした!

ファミリーによっては英語力よりも保育スキル、保育スキルよりも人としての信頼性を重視しているご家族もたくさんいるので、英語力に不安があっても

「子どもが大好きで、どうしても留学先でオーペアをやりたい!」

その素直な気持ちをきちんと伝えれば、きっといいご縁があると思います♪

 

と・・・

ここまで前向きにお伝えしてきましたが

時にこのやる気だけではうまくいかないこともあるので、次回の記事では

”オーペアをするために必要な資格”

などについて書いてみたいと思います。

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

Au Pair ワーキングホリデー② (”オーペアの仕事を自力で探す方法”編)

 

こんにちは、インターンのKaoriです♪

前回の”そもそもオーペアとは?”に引き続き、今回は実際にメルボルンでオーペアの仕事を探す方法について書いていきたいと思います。

現在留学やワーキングホリデーを計画中の方に、少しでもお役に立てれば嬉しいです♪

▼オーペア体験談記事一覧

インターン自己紹介

Au Pair ワーキングホリデー① (”そもそもオーペアとは?”編)


”私のオーペア体験談” ―仕事を見つける4つの方法―

留学先でオーペアの仕事を見つける方法は、私の知る限りでは

  1. 語学学校のプログラムを利用する
  2. オーペアエージェントを使う
  3. インターネットで自力で探す
  4. 人の紹介

大体この4択になるかと思います。

既に留学先にしばらく滞在していてこれからオーペアに挑戦してみたい方は

  • 周りにオーペア(またはデミペア)をやっている友達がいないか
  • 子どものいるファミリーでベビーシッターの需要はないか

周囲に聞いてみて、誰かにファミリーを紹介してもらうことができれば、紹介料もかからず信頼関係もある上でスタートできるのでとても安心だと思います♪

ちなみに私の場合は運よく2家庭ともインターネット上でいいファミリーと巡り合うことができたので、実際にどんな方法で出会って面接をして合格をもらって住み込み生活を始めたかについて今後書いてみたいと思います。

オーペア家族へのお礼として日本の家族から贈り物をしてもらった日

”私のオーペア体験談” ―3つのおすすめウェブサイト―

さきほど仕事を探す4つの方法の中で

インターネットで探す”

と挙げましたが、私が主に使っていたサイトは三つ

  1. Face Book(メンバー制のコミュニティーグループ)
  2. Au Pair World (https://www.aupairworld.com/en)
  3. Gumtree (https://www.gumtree.com.au/)

でした。

おそらく他にもたくさん情報源はあると思うのですが、上記三つは私が使った中で

  • メンバー規模の大きさ
  • 載っている情報の信頼度
  • 投稿や検索機能が使いやすいこと
  • 登録と利用が無料であること

これらが充実していていいなと思ったので、ワーキングホリデーをしている1年間、現在もずっとメンバー登録を続けています。


以上、簡単な紹介でしたが

”オーペアの仕事を自力で探す方法”編

でした。

私も留学前に計画を立て始めた最初の頃は

  • オーペア生活とは実際どんな感じなのか
  • 何から準備を始めたらいいのか
  • 現地でどうやって仕事を見つけたらいいのか

何も分からなかったので「まずネットで情報収集してみよう。」そのくらいの気持ちでグーグルで

”Au Pair  How to find”

と検索してみました。

 

今になって思えば初めての海外生活かつIntermediateレベルの英語力で、エージェントを使わずに、現地についてから直接ネイティブの家族と交渉しなければいけない探し方は少し無謀だったかとも思います。

しかし、ワーキングホリデーの醍醐味は英語の勉強だけでなく、何をしても何をしなくてもいい1年間をどう自分でアレンジするかだと考えているので、やりたい仕事を自力で探すところからその楽しみは始ったように思います。

また、悔しい経験や失敗をたくさんして、そこから自分の理想に気づいたり、どうやったらそれを叶えられるのか、目標を達成するにはどんな計画が適切なのか、たくさん自分と向き合う時間ができるはずなので、もしオーペアでなくても何か自分が興味のある分野で留学やワーキングホリデーを考えている方は是非

”○○(キーワード) How to find”

”○○(キーワード) Melbourne”

などで検索してみてください♪


きっかけは留学エージェントへの相談から

ちなみに私も一番最初に留学を考え始めた時は海外生活について右も左も分からなかったので、ビザや保険や語学学校や寮など、生活スタートの基盤となるものは全て留学エージェントに手配してもらいました。

「自分が将来何をしたいかまだ分からないけど留学してみたい!」

「今年こそ英語の勉強を頑張りたい!」

「人生で一度は海外で生活してみたい!」

”だけど何から準備を始めたらいいのか分からない・・・”

そんなお悩みやご相談があれば是非iae留学ネットまでお問い合わせください♪

また、メルボルンに滞在中の方は是非オフィスにもお気軽にお越しくださいね♪

それではまた次回の記事で
iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

はじめまして、NEWインターン生のKaoriです!

はじめまして、Kaoriと申します。

2019年1月-3月の3ヵ月間、iae留学ネットにて受付業務のインターンをさせて頂くことになりました。担当させて頂く仕事内容は主に、オフィスに来られる生徒さんのご案内、電話対応、ブログやSNSでの留学情報発信になります。

今はまだ同じフロアで働いている多国籍チームの方々を見て

「みんな流暢にビジネス英語を話しててすごいな・・・。」

という感想を持ってしまうような状況ですが、iaeで留学されている方のサポートがスムーズにできるよう3ヶ月間頑張りたいと思います。短い間ですがよろしくお願い致します。

それでは、初めての投稿ですので簡単に自己紹介をさせていただきたいと思います。


自己紹介

生まれと育ちは岡山県で、大学と就職のために6年間ほど香川県に住んでいました。

趣味は料理と歌と子供と遊ぶことで、特技は書道です。

今年28歳になったのですが、3年前の25歳頃までは英語にも海外にも全く興味がなく(笑)、地元の岡山県で平穏な会社員生活を送っていました。

しかしあるとき

”自分の長所を生かして

何歳になっても、どこに住んでいても

「私はこれならできる!」

と自信を持って思えるものが欲しい”

そう思ったことをきっかけに、社会人になってから英語の勉強を再スタートしました。

そして2018年4月にワーキングホリデーでオーストラリアのメルボルンに来て以降、最初の8週間は語学学校に通い、その後はずっと住み込みのベビーシッター、”Au Pair(オーペア)”として働いています。

現在留学やワーキングホリデーを計画中の方に

「こんなワーホリパターンもあるんだなー。」

と知っていただけたら嬉しいので、次回以降の記事ではオーペアの紹介を中心に、そこに辿り着くまでの経緯などについて書かせて頂けたらと思います。

これからよろしくお願い致します!

 

学校や生活に関するお悩みやご相談があればiae留学ネットまでお気軽にお越しください!↓

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

 

寂しいですが本日が最後です。2018年も最後の日です。

みなさん、こんにちは!!

iae留学ネットで4ヶ月間インターンをしていたAiriです。4ヶ月って本当にあっという間ですね。

2ヶ月間ほどブログは書いてなく久しぶりに登場しましたが、その間iae留学ネットで縁の下の力持ちみたいな役をしておりました

本日は私にとってこの会社で働く最後の日です。

iaeでのインターンの経験を語てっから去ろうと思い、今回ブログを書かせていただきました!!(笑)

 

まず初めに、iaeでインターンをしようと思った動機から。

私はiae留学ネットにお世話になった生徒の一人でした。Yuさんが担当のカウンセラーで、高校・大学の間お世話になっていました。今年大学を卒業し、次のステップで自分が何をしたいのかを考えた時に、インターンシップをして自分が今まで習ってきた知識を活かしながらキャリアの経験を積んで社会に出たいなという気持ちと、自分の留学経験に基づいて他の生徒さんのお手伝いをしたいという気持ちがあり、ずっと憧れていた留学エージェントにアプライしました。

ちなみに大学ではビジネス(広告)を学び、大学時代のアルバイトはレストランやスパの受付でアルバイトをしていました。

高校時代は泣き泣き勉強にあけくれ、大学時代は本当に忙しい毎日でとてもとても充実していました。私にとってのかけがえのない思い出です

私の留学が始まったのは17歳の春。

メルボルンに着いた当初は右も左も何も分からず、Yuさんに頼ってばかりいました。ホストマザーの折りたたみ傘をトラムに置いてきてしまったときには、泣き泣きYuさんに電話をして相談したところ、最終的には一緒に新しい傘を買いに行っていただきました。

ホストマザーとYuさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

今となっては笑い話ですが、当時は英語ができないのと罪悪感でいっぱいでした。

話しがそれましたが、まとめますとiae留学ネットのサポートもあり今の自分がいるのと、私のメルボルン留学生活が充実したのだと思います

インターンをしていて大変だったことと言えば、ブログのお題を決めるのと添付する写真を選ぶのに一番時間が掛かったことです

(このブログを書き終わった後も写真見つけるのに時間を費やすことでしょう。。。)

この4ヶ月で今まで経験したことのないことや分からないことがたくさんありましたが、スタッフの皆さんにフォローしていただきながらどうにかここまでがんばりました!!

イベントも盛りだくさんだったので、楽しかったです。様々な国籍のカウンセラーとのやり取りやiae受付業務を経験できて本当によかったと思っています。

本日で最終日になりますが、これからもiaeにちょくちょく遊びに行きたいと思います←

これからもiae留学ネットではブログ・Facebook・インスタなどを通してインターン生とスタッフ共々たくさんのお役立ち情報を発信していきますので、お楽しみに

 

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

 

 

みんなが気になる☆メルボルンと日本の大学の違いとは??

こんにちは!インターン生のMoe②です^^

ディーキン大学Burwoodキャンパス

私は、現在日本の大学に在籍しながら、大学のプログラムでメルボルンのディーキン大学に留学しています。

メルボルンで大学に通う中で、日本の大学とは違う点をいくつか見つけました。そこで今回は私が通っていた日本の大学と、現在通っているディーキン大学を比較してブログを書いていきたいと思います

大学に留学を考えている方の参考になると嬉しいです!

 

1.授業

 

まず、授業に関してですが、カリキュラムに大きな違いがあります。

  • 日本の大学: 学期ごとに12単位上限

  • ディーキン大学: 学期ごとに3から4科目

 

多くの日本の大学では、前期に24単位、後期に24単位まで取ることができます。私の場合、1、2年次には12科目ずつ受講しており、ほぼ毎日大学に通っていました。

メルボルンの大学では、このシステムが異なります。3学期制で、一学期に3科目又は4科目のどちらかを選択します。選択によって一学期の授業料も変わります。

 

 

「メルボルンの大学では授業数が少ない分暇なのでは?」という疑問が生まれると思いますが、現実はそうではありません課題の出され方の違いがあるからです。

  • 日本の大学: 学期末に試験やレポート

  • ディーキン大学: 学期中に2、3個のエッセイ、プラス学期末テストやレポート

 

メルボルンの大学では、学期末だけでなく、学期中に2000字以上のエッセイが課されます学期末に知識をつけるだけでは追いつかず、常に予習復習をすることが求められます

授業に行く日数は少ないですが、日々課題や予習復習に追われるので、メルボルンの学生は忙しい毎日を送っています

 

 

授業形態にも違いがあります。

  • 日本の大学:授業、ゼミ

  • ディーキン大学: 1つの授業がlectureとseminarに分かれている

日本の大学では、講義とは別にゼミを受講して研究したいことを突き詰めます。

ですが、メルボルンの大学では1つの授業の中に講義(lecture)と少人数クラス(seminar)が一時間ずつ盛り込まれています。少人数クラスでは授業で学んだことをディスカッションを通して突き詰めていきます。

さらに、ディーキン大学では授業前にオンラインでパワーポイントを見ることが出来たり、授業後に録音された講義を聞くことができたりします。留学生がとても多いので、留学生にも予習復習しやすいシステムになっているのかな、と思いました

 

2.雰囲気

 

実際に大学に通ってみて、日本の大学の方が友達を作りやすいと感じました!それは、

  • 日本の大学: 入学時期が皆一緒

  • ディーキン大学: どの学期から入学するかは個人の自由

という理由からです

日本では入学式に友達を作ることが多いけれど、学期の初めならばいつでも入学できるメルボルンの大学では、そのような機会が少ないのではないかと思いました。

 

では、メルボルンの大学に入ったらどこで友達を作ればいいの??

私の友人の多くは皆同じ大学内のコミュニティに属しています特に日本語や日本文化に関わるコミュニティでは、日本に興味がある現地の友達がたくさんできます!また、ダンスやサッカー、チア等、趣味がある方は思い切ってコミュニティに飛び込んでみるのも手だと思います

 

また、入学時期が全く異なることに伴って、メルボルンの大学では同じ授業を受講している人の年齢層やバックグラウンドが様々です。

日本の大学では同世代の人としかかかわらないことが多いけれど、メルボルンの大学では色々なバックグラウンドを持つ友人を作ることができることが利点だと思いました!

 

今回はメルボルンと日本の大学の違いについてお話ししました。

大学に学部留学する際は、

  • 予習復習をしっかりする
  • 友達作りはコミュニティを見つけて積極的に参加する

ことが個人的に大切だと思います皆さんの留学生活が実りある物となりますように

 

次回の更新もお楽しみに♪

 

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

 

 

 

20人限定!!2時間で“プチソムリエになろう” 特別無料イベント♪

みなさんこんにちは、iae留学ネットメルボルン支店です!

12月に入り、クリスマスや年末年始に向けて行事満載で大忙しですよね…汗

 

そこで、皆さんに嬉しいお知らせがあります!!

今月18日(火)の1pmから、

ホスピタリティーで有名なHigh Seasonという学校とiae留学ネットがコラボして、クリスマス特別イベントを開催いたします

その名も「プチソムリエになろう!」です。

もちろん無料!!

High Seasonのスタッフがiaeのオフィスに来て、楽しくパーティーで使える豆知識や、ワインに合うチーズ、プロフェッショナルなサーブの仕方を教えてくれます★☆

ホスピタリティコースで有名な学校だからこその特別セミナーになっております!

ちなみにワインの飲み比べをするセッションも?!(ワイン好きにはとっておきのイベントになっております)

忙しい12月ですが、iaeのイベントで楽しいひと時を過しませんか?

知識を深めながら一緒にワインを楽しみましょう!

 

ここで、High Seasonを簡潔にご紹介したいと思います。

High SeasonはLonsdale Institute内にある、ホスピタリティーを開講している学校です。今回セミナーをしてくれるDiploma of Hospitality Managementというコースではオーストラリア/海外のワインのアドバイスの仕方から、食べ物のアドバイスの仕方、バーの運営、カスタマーサービスまで幅広く学べます!

当日、コースの説明もいたしますので、ホスピタリティーを学びたい方にはもってこいのイベントになります。

 

興味を持たれた方は、お気軽にiae留学ネットまでお問い合わせ下さいね

euroセンター

連絡先↓↓
Tel: 03 86269340(日本人直通)                      Line:iae-japan
営業時間:月曜日から金曜日.朝9時半から夕方6時まで (祝日を除く)

 

おいしい回転寿司 in Melbourne

皆さんこんにちは!インターンのMoeです

本日メルボルンは久しぶりに30度を超える暑さでとても暑いです、、

 

突然ですが皆さん、日本食が恋しくなる時はありますか?

私はなぜかお寿司がよく食べたくなります
日本にいた時によく食べていたわけでもないのですが、、、

メルボルン市内にはお寿司屋さんがたくさんありますが、ほとんどのお店がTake Awayショップなことが多いです。

ですが中には回転寿司もあり、日本のようにお店でゆっくりとお寿司を頂くこともできます

ということで、今回はメルボルン市内でオススメの回転寿司をご紹介したいと思います!!

メルボルンでは「Sushi Train」と呼ばれています:)

 

・Sushi Hub
(Swanston店)Shop 2/55 Swanston St, Melbourne VIC 3000
月~日:9am~10pm

Sushi Hubはシティー内に7店舗あるので見かけたことがある人も多いのではないでしょうか:)

ほとんどの店舗ではTake Awayの形か、店内に少し食べるスペースがある形なのですが、Swanston Stにある店舗では回転寿司も楽しめます♪

値段は$2.8~$6.8で日本の回転寿司のようにお皿の色で値段が分かれていて、お寿司の種類は普通の握り寿司からロールのお寿司まで様々なものがあります。

握り寿司は日本と少し異なり、お寿司の上にマヨネーズやソースが結構かけられているものも多く、中にはソースで隠れていて見た目では何のお寿司なのか分からないものもありました

ですが、現地のスタイルは現地のスタイルで美味しかったです!

 

 

・Sushi Hotaru
Midcity Arcade, 118/200 Bourke St, Melbourne VIC 3000
月~日:11:30am~10pm

Midcity Arcadeという中国系のお店がたくさん入っている小さめのアーケードの中にあり、少し分かりにくい場所にあります。

こちらの回転寿司ではほとんどのお寿司が$3.3均一となっていて、メルボルンの他の回転寿司と比べるととても安いです!

値段が安いので握り寿司のサイズが少し小さめですが、手巻き寿司などもあり美味しかったです

お寿司以外のサイドメニューにはうどんや天ぷらなどもあり、日本の回転寿司のようでした:)

また、各席にはタッチパネルがあり、そこから注文することもできるのもとても便利です!

 

 

・Sakura Kaiten Sushi
(Lonsdale stのお店)282 Lonsdale Street, CBD, Melbourne, VIC 3000
(Little Collins Stのお店)61 Little Collins St, Melbourne VIC 3000

Sakura Kaiten Sushiはシティー内のLonsdale stとLittle Collins Stに2店舗あります。

私はLonsdale stの店舗しか行ったことがないのですが、混んでいる時だと外に列ができている時もあります。

他の回転寿司に比べると少し高めですが、お寿司にソースなどがかかっていないものが多く、1番日本らしいです

サイドメニューも茶碗蒸しや揚げだし豆腐などがあるので日本を感じられます!

また、こちらのお店には日本のビールから梅酒、日本酒などのお酒も種類豊富にあるので、日本のお酒を飲みたい方にもオススメなお寿司屋さんです

 

 

ここまで、メルボルン市内でオススメの回転寿司をご紹介させていただきました!

今回ご紹介させて頂いたお店の値段はそこまで高くはないですが、やっぱり日本の回転寿司は安いなと感じます…

メルボルンでお寿司が食べたくなった際や日本食が恋しくなった際は是非行ってみて下さい

 

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

メルボルンのオススメの美容室

 

みなさん、こんにちは!!

最近英語力の伸びだけでなく、髪の伸びも感じたところで散髪しに行き頭も気持ちもスッキリしたインターンのSHOです^^♪

今日はメルボルンの日本人のヘアドレッサーがいるすごくオススメのヘアサロンについて紹介したいと思います!!

髪切りたいなぁ…染めたいなぁ…パーマかけたいなぁなど思った方は必見です☆★

ART NOISE

こちらのヘアサロンが今回私が皆さんに是非おすすめしたいところです!!

東京やシンガポールで大人気の高度な技術と筆舌尽くしがたい最高のホスピタリティーを兼ねそろえた日系ヘアサロンART-NOISE。

しかも新しい

2018年の5月上旬にオープンし、誇り高き信頼度と常連客だけでなく新規の方からもお墨付きをいただいています!!

自分自身オーストラリアに着いてから今まで数箇所ローカルのヘアサロンに行ったのですが、メルボルンで髪を切るならまさしくこのART-NOISEだと思いました!笑

個人的に感じたことなのですがシャンプー台ではシャンプーリンスだけではなくスカルプマッサージ、水が直接顔にかかることのないようにする為のアイマスクやホットタオルのサービスがあることと丁寧さは流石一流です

日本ならではのホスピタリティの侍魂を頭皮を通して感じました!それ以外にも割引サービスや友達紹介などで通常価格よりかなりお得なVoucherもあります

予約の際、来店する際にホームページを見たと言ってください!

初回限定全てのサービス20%オフです!

また三回来店するとお得なディスカウントが!

そしてここのヘアサロンの特徴は日本人の髪質にあうようにカラー、パーマをはじめ、さまざまな髪質、頭皮に対応できるよう日本製の薬剤を豊富にとりそろえているところも魅力的です!!

炭酸ヘッドスパは10分~30分迄オプションがありまして

10分→$20、20分→$30、30分→$40 となってます!

仕事や勉強で精神的にも身体的にも疲れた時はヘッドスパもトライしてみて下さい!

因みに現在ART NOISE ではダメージヘアのキュアとにこだわりぬいたオリジナルシャンプーとトリートメントを販売しています!

お値段は通常シャンプーとトリートメントの2つセットで$130のところをセットで$98とX’mas special価格で販売しています!商品の詳細が気になる方はこちらを見てみてください→https://art-noise.com.au/sha-shampoo/

1つ売りだと10パーセントOFF

ART NOISE Japanese beauty hair salonのホームページはこちら↓

WEB page :https://art-noise.com.au/

場所: 5 McKillop St, Melbourne VIC 3000

電話番号:(03) 9041 9658

営業時間:月~金 10:30~7:30、 土 10:00~7:00  *日曜日は休業日

 

これからもiaeではどんどんお役立ち情報を発信していくので、お見逃しなく!!

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

女子に大人気☆ジュエリーデザインコース at Melbourne Polytechnic☆

皆さんこんにちは、iae留学ネットメルボルン支店です!!

“ユニークなコース”と聞いて思い浮かぶコースってなんですか?

そう、今話題のJewelleryコース。

Melbourne Polytechnicという幅広いコースを開講しているメルボルンのTAFEの1つで開講されているこのジュエリーコース。

コース内容をご案内する前に他の面白いコースもちょっとだけご案内しちゃいましょう

  • Viticulture

ワインのためのぶどう園の運営やワインの作り方を学ぶコース (日本になかなかないですよね

  • Live production

ライブパフォーマンスやステージショーなどの音響や照明屋さんになるコース

  • Bricklaying/Blocklaying

ブロックを積んで壁や花壇などブロックを積むプロフェッショナルのコース

 

などなど専門学校ならではのおもしろそうなコースがたくさんあります!!

他にも本当に思いもよらないコースの開講がありますので、気になる方はぜひiae留学ネットメルボルンオフィスまでお問い合わせくださいね

お待たせいたしました。さてここからが本題です。

Melbourne PolytechnicのJewelleryコース

Advanced Diploma of Jewellery and Object Design

コース期間: 2年間

キャンパス: Fairfield

入学時期: 2月入学

入学基準: IELTS5.5(All band 5.0以上)

必要書類: 写真や絵が含まれたポートフォリオ、もしJewellery関係のお仕事をされたことがある場合は履歴書など。

*経験や知識がある生徒さんが好ましい

 

という入学にExtraの書類が必要になりますが、すごくPracticalなクラスで役立つスキルを得られること間違いなし!!!

卒業生は自分のブランドを立ち上げたり、Jewelleryデザイナーや金属を使った製作会社に就職される方などがいるようです。

ジュエリーのデザインの仕方はもちろん、素材の扱い方、ジュエリーの作り方を学ぶだけではなく、小規模の宝石店の立ち上げや運営などのビジネス関連の知識を得ることもできるため自分のブランドを立ち上げたい方にとってはこのコースひとつですべてを学ぶことができるというわけですね。

 

詳しいコースの内容に関しては以下のウェブサイトをご参照ください↓↓

https://www.melbournepolytechnic.edu.au/courses/advanced-diploma-of-jewellery-and-object-design/

 

せっかくオーストラリアにきたからには何かユニークなことを学びたい、日本ではなかなか学べないことを勉強したい!そんなあなたにはもってこいなコースです

英語でジュエリーデザインのことを学べば、もしかしたら国際的なジュエリーブランドで働くこともできるかも、、、?

 

 

ちょっとでも気になられた方はお気軽に弊社カウンセラーまでお問い合わせくださいませ。

スタッフ一同お待ちしております^^

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談