ワーキングホリデー中にできること

こんにちは、みなさん

MAAKOです

今日も風が強く、寒い日々が続いています~

 

 

私は、ワーキングホリデーで昨年の11月にメルボルンに渡豪してきましたが、

気付くと9ヶ月も経っていました、、、、

月日の流れは驚くほど早いと感じる今日この頃です

ワーキングホリデーの期限も残すところ3ヶ月と考えると、

何かやり残したことはないかと考えるようになりました。笑

 

 

「ワーキングホリデービザ」は言い換えれば、何でも出来るスーパービザです。

同じ国内であれば、自分の好きな場所に好きな時期に旅行も滞在もできますし、

フルタイムで働くこともできます。

なので、この1年間という限られた時間をどのように過ごすかは自由!です

 

 

ただ自由すぎて、何をしたらいいのか迷うこともありました。。。笑

私の場合は、メルボルンに来る前から、

「現地のオフィスで働く経験がしたい!!」と思って渡豪しました。

そのためには語学が必要で、「Yes」と「No」ぐらいしか言えない私でしたが、

とりあえずまず語学の勉強に励みました。

加えて、余り貯蓄がない状態で来ましたのでこちらで働くことはマスト。笑

なのでなかなか旅行はできずあまりホリデー部分を感じずにここまで来た私、、、、

 

今日は私の完全な個人的意見ですが、

ワーキングホリデーに来る前にやっておけばよかったことBEST3!

をご紹介!笑

 

1.貯蓄

はい、これはもうみなさんが思うように大事ですよね。

なかなか慣れない海外生活で最初から日本と同じ様に暮らすのは難しいです。

物価も違えば、その土地に慣れるのも大変で、旅行ではなく滞在ですので

働くこともそう簡単ではありません。特に慣れるまで、出費が増えます。

事前にある程度の期間生活ができる貯蓄はある方が絶対良いです。

(個人的には無職でも約半年は生活できるくらい貯蓄があれば身も心にも余裕が出来るかと思います。笑)

 

2.語学

こちらで生きている語学を学ぶことはとても大事ですが

基礎の英語力は必要だと思います。

私は高校で勉強したっきり、こちらに来ましたので

もう最初は「あれ?この文法なんだっけ?」の困惑の連続でした。

予め基礎を習得しておけば、肉付けで英語の吸収も早いでしょうし、

ローカルの仕事をゲットする近道になります!

(やはりローカルの方が時給が良いですし、ジャパニーズレストラン等は比較的時給が低いことも事実です。)

 

3.目標

「なんのために海外生活をしたいのか」目標を持つことも大事だと思います。

目標は何でもいいと思います。

語学習得が目標であれば、どのレベルまで習得したいとか、資格をとりたいとか

メルボルンのカフェで働きたいとか、ご自身のやりたいことを見つけてみてください

「海外生活がしたい!」だけではなく、少し具体的な「何か」と一緒に

渡豪することもこちらの生活では大切かと思いますよ

この目標があるから、このために貯蓄や語学を頑張ろうと思いますし、

自分自身の励みにもなりますから、ぜひ少し時間を割いてゆっくり考えて見てください

個人的にこの3つは常に紐付いているかなと、ここに来て感じております。

 

 

以上、3つが完全に個人的な意見ですが、

みなさまの渡豪前のお役に立てれば私も光栄です!

みなさまが素敵なメルボルンライフを送れるようにお手伝いします~

メルボルンは素敵なところですよ~

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

 

はじめまして☆Maakoです!

みなさま はじめまして

今月7月からインターン生として

reception のお仕事のお手伝いをさせていただておりますMAAKOです!

オーストラリアのオフィスで働く!ということでまだまだドキドキの緊張ですが、

たくさんのことを学べることをとても嬉しく思っております!

メルボルンの素敵な情報をこれからも発信していきますのでよろしくお願いいたします

素晴らしいメルボルンの眺め
☆MAAKOの自己紹介☆

生まれも育ちも大学も就職もずっと関西で過してきました25歳です!

特に学生時代は英語や海外とは無縁の生活でしたが、

当時、海外に留学していた姉の影響で海外生活に憧れがあり、

”私もいつか行ってみたい”という思いをずっと持っていました。

ただその頃、部活に励んでいた私は、考える暇もなく大学生生活が終わってしまいました、、笑

 

その思いを持ったまま、大学を卒業し企業で働いていましたが、

どうしても海外で生活したい!英語を話したい!という夢が諦めきれず、

行くなら早い方がいい!と思い切って会社を退職し、

以前旅行で訪れで大好きになったオーストラリアそして、

オシャレな街メルボルンに渡豪を決めました

 

メルボルンはブリティッシュな古い景観を残しつつ、高層ビルが立ち並ぶ街です。

素敵な空間を皆様に知っていただきたく

また少しでも皆様のお役に立てる情報が発信できるよう精一杯頑張ります

 

お問い合わせは下記まで。
03 8626 9340
https://iaeau.com/toiawase.php
Line ID: iae-japan

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

 

 

 

 

 

インターン最終出勤日!

みなさんこんにちは!

インターンのKAZUKIです。

本日6月27日をもちまして、インターン勤務最後となります。

ここiae edu netでは4月1日から研修を含めて3ヶ月間、本当にお世話になりました。

振り返ると本当にあっという間でした。。。

インターン生活を一言で言うと

「毎日が新しい発見と勉強」

でした。

 

 

今まではバリスタとしてコーヒーを作ったり、スモールトーク等の接客は慣れていましたが、

オフィスでの電話対応や専門用語や知識習得はとても一筋縄ではいきませんでした

対面接客とは違い、電話での応対はなかなかチャレンジングで、フォーマルな言い回し、

スムーズな対応を目指すためには業界に関するバックグラウンドの知識を兼ね備えることが

必須だとこの身をもって体験しました。とても勉強になりました!

最後までなれることはありませんでしたが、これを糧に

次のステージでも頑張ります

 

インターンの経験は、日本や韓国を始めメルボルンで新しく生活を始める人のニーズや、

自分の役割について再認識できた良い環境となりました。

自分の役割について再認識できた良い環境
自分の役割について再認識できた良い環境

母国からオーストラリアに来て違った生活環境にアジャストするのはとても難しいことです。

自分自身もとても苦労しているので、すこしでも力になりたいと感じました。

特にバリスタになる事を目指して渡豪される方はかなり多く、

自分の経験が生かせた良い機会となりました。

メルボルンのコーヒー
オーストラリアのメルボルンのコーヒー

インターンとして3ヶ月の間、「バリスタとして働くこと」「トライアルの受け方」「飲み物の作り方」

などに焦点を当てて記事を書きましたので、カフェで働こうとしてる方は是非ご覧ください。

 

またブログやSNSでの活動を通じて、WEBマーケティングに興味を持つことができました。

メルボルンに来て一年弱の経験から、「自分の経験を発信していきたい」

と思うようになりました。

 

最後になりますが、

IAEのインターン制度に応募して心からよかったと感じています。

この制度を通じて得た経験や知識はもちろんですが、

それ以上に私は人に恵まれたと思います!

感謝してもしきれないです。

 

日本に帰ってからも、そして次のステージでも

自分の夢に向かって、より飛躍したいと思います!

 

短い間でしたがありがとうございました!

このブログが皆様の役に立つことを祈っています!

 

 

 

iae Edu Net Melbourne
(iae留学ネット・オーストラリア メルボルン支店)
Level 5 250 Collins St Melbourne VIC 3000 Australia
(日本語医療センターの上)

お気軽にご相談ください^^

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

 

 

 

 

3ヶ月間のインターン、ありがとうございました!

こんにちは、インターンのKaoriです♪

1年間のワーキングホリデーも終わりが近づき、4月1日に帰国予定のため、iae Edu Net Melbourne で勤務させて頂くのは本日3月26日(火)が最終日となりました。

定期的にお会いすることのできた生徒さんからは自分の知らない分野の話を聞けたり、メルボルンに来たばかりの生徒さん方には、いつもフレッシュな元気をもらえました。ありがとうございました。

また、いつも困った時にサポートしてくださったカウンセラーの皆さん、受付メンバーの皆さん、短い間でしたが、本当にありがとうございました。

いつも丁寧に指導してくださった受付リーダーのリサさんと。

 

約4ヶ月前の12月にトライアルのチャンスを頂いた初日。

それまでの8ヶ月間はずっとオーペアで子どもたちと一緒に

”Hey, that’s enough. Not now!”

(コラー、!今することじゃないでしょ!)

“Wait there, did you put sunscreen on? Are you sure?” 

(ちょっと待った!日焼け止め塗った?ほんとに??)

という感じの会話がメインだった私にとって、多国籍なオフィスの受付で

”Could you please give me one second?”

(少々お待ちいただけますか?)

”May I have your name and phone number?”

(お名前とお電話番号をいただけますか?)

などのビジネス英語がすぐに出てこず、電話対応や来客案内は最初とても緊張したのを覚えています。

韓国、インド、ベトナム、マレーシア、中国、日本、毎日たくさんの生徒さんが来てくださいました。

また、インターンではホームステイ資料の翻訳や、同じフロアにある旅行会社での通訳などをやらせてもらえたので、

「5年後とか10年後の将来、いつか通訳や翻訳にも挑戦してみたいな。」

「でもそういう専門的な仕事は、上には上がいるから私が挑戦するのは無謀だ・・・」

そんな風に思っていたことも、いつかではなく、今すぐやりながらスキルを身につけていくための度胸がもっと必要だな、と思うことができました。

”座学だけでなく、まだ自分にはできなさそうなこともどんどん実践して、たくさん失敗ができる環境に身をおくことが自然と成長につながる”

この3ヶ月間、iaeではとても前向きな気持ちをもらいました。

もちろん、失敗しても一緒に解決してくださる先輩、私が初めてやる仕事をしているときも信じて見守ってくれる方々がいたから、こう思えたように思います。

本当に雰囲気が素敵なオフィスだったので、もしまた違う国へ留学することがあったら私もiaeに相談に行こうかな、と考えています。笑

そして帰国した後も自分が興味のある分野に遠慮せず、挑戦してみたいと思います。

今まで本当にありがとうございました、またどこかで♪


▼オーペア体験談記事一覧

インターン自己紹介

Au Pair ワーキングホリデー① (”そもそもオーペアとは?”編)

Au Pair ワーキングホリデー② (”オーペアの仕事を自力で探す方法”編)

Au Pair ワーキングホリデー③ (”オーペア探し・おすすめ3サイト比較”編)

Au Pair ワーキングホリデー④ (”オーペアをする際持っていると有利な資格4つ”編)

Au Pair ワーキングホリデー⑤ (”オーペアのやりがい&大変だったこと”編)

Au Pair ワーキングホリデー⑥ (”オーストラリアで好評だった日本食”編)

Au Pair ワーキングホリデー⑦ (”オーストラリアのスーパー’青果・精肉・乳製品’”編)

Au Pair ワーキングホリデー⑧ (”オーストラリアのスーパー’お菓子・量り売りナッツ
”)

↓留学に関するご相談はこちらから、メルボルンの現地留学エージェントです♪

iae留学ネット

Au Pair ワーキングホリデー③ (”オーペア探し・おすすめ3サイト比較”編)

こんにちは、インターンのKaoriです♪

前回の”オーペアを自力で探す方法”に引き続き、今回は私が実際に”オーペア探しの際に使ってみて良かった3つのサイト”について、メリットデメリットを挙げながら書いていきたいと思います。

現在留学やワーキングホリデーを計画中の方に、少しでもお役に立てれば嬉しいです♪

▼オーペア体験談記事一覧

インターン自己紹介

Au Pair ワーキングホリデー① (”そもそもオーペアとは?”編)

Au Pair ワーキングホリデー② (”オーペアの仕事を自力で探す方法”編)


私のオーペア体験談 オーペア探し・おすすめ3サイト比較

▼Facebook

【概要】

まずひとつめは言わずと知れたソーシャルネットワーキング、フェイスブック(以下FB)を使う方法。

FBのコミュニティーページでは毎日のように、オーペアを探しているファミリーや、ホストファミリーを探している留学生たちが自己紹介や希望条件などを投稿しています。

コミュニティーページ管理人への参加申請が必要ですが、FBのアカウントがあれば誰でもすぐに始められるため手軽で使いやすいところが特徴です◎

【FBで探すメリット】

1.利用者数が多いため情報量が豊富

上記画像の”Au Pair in Melbourne/Australia”コミュニティ登録者数は25,885名。(2019年1月現在) 1日の平均投稿数も10件以上と、情報量がとても豊富に感じました。長期はもちろん短期のオーペア、一晩だけのオーバーナイトベビーシッティング、旅行同伴や結婚式への同伴など様々なスタイルの需要があるので、型にはまらず当事者同士で色々な契約を結べる可能性があるように感じます。

2.投稿形式に制約がないため自由に書き込める

特に決められた投稿フォーマットはないので、写真付きで詳細まで書いている人もいれば、数行だけ文字のみの募集を書いている人もいたり、長期希望、短期の募集、情報の載せ方は本当に人それぞれという印象でした。

3.都市を絞ってオーペアを探せる

メルボルンやシドニーやブリスベンなど、都市ごとにコミュニティーが存在するため自分が住み込みをしたい都市でピンポイントでローカル情報を探すことが出来ます。

【FBで探すデメリット】

1.投稿が有効なのは数日間程度

FBの特性上、新規投稿が活発なタイムラインほど古い情報は下に埋もれていってしまいます。なので多くの人の目に留まるピークは投稿してからの数日間に限定されてきます。

私が初めて投稿をした5月初旬頃はちょうど学期の変わり目で需要が多い時期だった偶然もあり、書き込みから1時間もしないうちに数件のコメントとメッセージ、1日で20件以上のオファーをメッセンジャー経由でもらえました。

しかしそのオファーの勢いはほぼ数日間で終わってしまい、返信はできるだけ早くしないと既に他の人と話が決まっていっている、というやりとりもたくさんありました。

また投稿する時期もとても重要で、12月初旬頃に短期のベビーシッターを希望して投稿をした時は、クリスマスホリデーが近かったこともあって1件もレスポンスがありませんでした・・・。

数日間の短期決戦でオーペアファミリーを見つけたい人にとってFBのこの特性はメリットにもなりますが、私のように

”たくさんの家族とじっくり話しあいながら、お互いの期待を見極めつつ慎重にステイ先を選びたい!”

という人にとっては、このテンポの速さは快適に感じられないかもしれません・・・。

2.個人情報を載せる不安

いくら申請を通った人だけが使えるコミュニティーページとは言え、自分の個人情報を二万人もの目に留まる場所に投稿をするのは少し抵抗があるかもしれません。

自己紹介として自分の経歴や性格や写真について載せれば載せるほど、興味をもってくれる人の数は増えますが、リスクについても考え、ここまでなら誰に公開してもいいと思える情報を自分の中で選定しておくと後悔が無いかもしれません。

ちなみに私が経験した嫌な思いはひとつだけ。

一生懸命考えた英文や投稿フォーマットが、そっくりそのまま他の日本人の人達にその後コピー&ペーストされていたのを見てしまったことでした・・・。

また、画像を悪用されて怒っているファミリーの警告投稿などもあったので、写真を載せる時は特に気を遣う必要があるように思います。

Au Pair World

【概要】

オーストラリアのみならず、オーペアの文化が浸透している21カ国(2019年1月現在)で利用されているオーペア探し最大規模の会員制サイトです。特に登録料や使用料もかからず、簡単な情報登録で誰でも始めることができます。

仕組みとしては、マイページに自分の情報を載せ、ファミリーとオーペアがお互いに検索し合って、気になる候補を見つけたらメッセージを送る、という流れです。

【オーペアワールドで探すメリット】

1.オーペアの基礎知識を手に入れることができる

はじめてオーペアをやりたいと思い立った当時、日本語でネット検索してもあまり具体的な情報が得られず、英語で検索しても文章量の多い記事を読みきる力がまだなかったため、最初は情報収集にとても苦労しました。

しかし、オーペアワールドのホームページ内には”Become an Au Pair”というインストラクションのページや、”Au Pair Wiki”と名づけられた専門用語解説ページ、国によって異なる労働条件の基準や、よくあるQ&Aの紹介など、オーペアを始めるための基礎知識が非常に充実していました。

2.じっくり時間をかけて探せる

このサイトではファミリーもオーペアもそれぞれマイページと呼ばれる自分のホームを持つことになるので、好きな時に条件検索をしてお気に入り登録したり、1日数件くるオファーメッセージに丁寧に返信したり、お互い焦らずにやりとりができます。

ファミリー側も「急いでベビーシッターを見つけたい!」というよりは「いいオーペアがいたら文化交流目的で迎えたい。」というような余裕のある家庭が多い印象を受けました。

3.条件検索がしやすい

  • 住むエリアはシティがいいか郊外がいいか
  • 保育対象となる子どもの年齢は何歳くらいがいいか
  • 家事もやるつもりがあるかどうか
  • シングルペアレントもOKかどうか
  • 禁煙者かどうか
  • チャイルドケアの経験があるか
  • 国際免許証をもっているかどうか

などなど、検索する時に条件を絞ることができるので自分が思う理想のファミリーを見つけやすいと思います。

また、ファミリー側の条件検索ではオーペアの国籍を選ぶことができ、日本人に求められているものについて知る機会にもなりました。

特にオーストラリアでは小学校や中学校で習う第二言語として日本語選択している子ども達も多く、熱心な家庭からは「子ども達をバイリンガルスクールに通わせているからどうしても家に日本語ネイティブがいて欲しい!」という熱いオファーメッセージをくれたケースもありました。

【オーペアワールドで探すデメリット】

1.ログイン履歴や返信率が公開されてしまう

正直なところ、オーペアワールドを使うに当たってデメリットはひとつも感じませんでしたが、あえていうならこの機能かもしれません。

オーペアワールドはサイト内の検索機能やセキュリティが充実している反面、個々がどのくらいのアクティブユーザーかまで公開されるようになっていました。

ログイン履歴や返信率が公開されることで、例えば

「私たちには返事をくれないのに他の人には返しているのね。」

「既にオーペア生活を始めたけれど、まだログインし続けているのは他を探しているのかしら。」

などなど、お互いがアカウントを公開しつづけている限りこの情報公開はされ続けてしまいます。

私はこの機能ゆえに、既にネガティブリプライをしたファミリーからも

「ログインしているならまた返事ちょうだい。」

という催促をされたこともありました。

※ちなみに上記私のマイページはもう検索に出てこないよう非設定にしている状態のものです。

Gumtree

【概要】

最後はガムツリーを使って探す方法について。オーストラリアで生活している人にとって最大のコミュニティサイトとも言われている、情報掲示板のようなサイトです。

家探しや仕事探しの情報はもちろん、車や家電や生活用品の売買など、かなり広範囲な情報が載っているサイトです。

【ガムツリーで探すメリット・デメリット】

  • 大勢の人が見ていて
  • 情報の掲載鮮度が大切

という意味ではFBのコミュニティーページとメリットデメリットがほとんど似ているように思います。

FBにない特徴としてひとつ挙げると、ガムツリー利用者はオーペア探しをしている人だけでないため、色々な可能性の仕事が見つけれられるかもしれないというところです。

例えば、自己紹介の文章で“Japanese”という単語を使っていたとしたら、”日本語のチューターを探している人”がその単語検索でヒットした投稿を読んで

「オーペアではないけれど日本語教師として週に数時間個人レッスンをしてもらえないか?」

という違う仕事に繋がるかもしれません。

(ちなみに私はオーペア探し以外の目的では少し怖かったので活用することはありませんでした・・・。)

 

以上、”オーペア探し・おすすめ3サイト比較”編でした!

ファミリーによっては英語力よりも保育スキル、保育スキルよりも人としての信頼性を重視しているご家族もたくさんいるので、英語力に不安があっても

「子どもが大好きで、どうしても留学先でオーペアをやりたい!」

その素直な気持ちをきちんと伝えれば、きっといいご縁があると思います♪

 

と・・・

ここまで前向きにお伝えしてきましたが

時にこのやる気だけではうまくいかないこともあるので、次回の記事では

”オーペアをするために必要な資格”

などについて書いてみたいと思います。

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

はじめまして、NEWインターン生のKaoriです!

はじめまして、Kaoriと申します。

2019年1月-3月の3ヵ月間、iae留学ネットにて受付業務のインターンをさせて頂くことになりました。担当させて頂く仕事内容は主に、オフィスに来られる生徒さんのご案内、電話対応、ブログやSNSでの留学情報発信になります。

今はまだ同じフロアで働いている多国籍チームの方々を見て

「みんな流暢にビジネス英語を話しててすごいな・・・。」

という感想を持ってしまうような状況ですが、iaeで留学されている方のサポートがスムーズにできるよう3ヶ月間頑張りたいと思います。短い間ですがよろしくお願い致します。

それでは、初めての投稿ですので簡単に自己紹介をさせていただきたいと思います。


自己紹介

生まれと育ちは岡山県で、大学と就職のために6年間ほど香川県に住んでいました。

趣味は料理と歌と子供と遊ぶことで、特技は書道です。

今年28歳になったのですが、3年前の25歳頃までは英語にも海外にも全く興味がなく(笑)、地元の岡山県で平穏な会社員生活を送っていました。

しかしあるとき

”自分の長所を生かして

何歳になっても、どこに住んでいても

「私はこれならできる!」

と自信を持って思えるものが欲しい”

そう思ったことをきっかけに、社会人になってから英語の勉強を再スタートしました。

そして2018年4月にワーキングホリデーでオーストラリアのメルボルンに来て以降、最初の8週間は語学学校に通い、その後はずっと住み込みのベビーシッター、”Au Pair(オーペア)”として働いています。

現在留学やワーキングホリデーを計画中の方に

「こんなワーホリパターンもあるんだなー。」

と知っていただけたら嬉しいので、次回以降の記事ではオーペアの紹介を中心に、そこに辿り着くまでの経緯などについて書かせて頂けたらと思います。

これからよろしくお願い致します!

 

学校や生活に関するお悩みやご相談があればiae留学ネットまでお気軽にお越しください!↓

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

 

**奨学金&インターンシップ**

先週からまた少し暖かいメルボルンです
こんな天気が続いてくれればいいのですが。。

今日は学校に関する最新情報のアップデートです

お知らせ
奨学金

よくお問い合わせをいただくご質問のうちのひとつです
今回は以下の学校での奨学金

ANU College Foundation program
(オーストラリア国立大学 大学準備コース)

Flinders University Foundation Program/ Diploma Program
(フリンダース大学 大学準備コース、ディプロマコース)

2014年に上記コース入学の方
お一人最大$5000の奨学金
最終学歴の学校で成績70%以上

その他の詳細はiaeまでお問い合わせください

お知らせ
インターンシップ付きホスピタリティーコース

インターンシップをオーストラリアでされたい方は多いと思います

1.5年のDiplomaコースのうち、半年間有給インターンシップが含まれるコースをご紹介します

最初の1年間(2学期間)は学校で基礎知識やスキルを学び、
最後の半年で有給インターンシップの手配をしてもらうことができます
(※出席率や規定以上の英語力があるなどの条件あり)

ホスピタリティー業界のオーストラリアの最低賃金は時給$16.85、
週$640.2の収入が見込めます(Fair Work Ombudsman)

スペシャル価格

1.5年 授業料 $18000→$15000

10月31日までにお申込、お支払いの方対象

お問い合わせはこちらまで↓↓
03 8626 9340
https://iaeau.com/toiawase.php
Line: iae-japan

****************今月の日本人セミナー****************

通訳翻訳説明会
5月23日(金)15:00~
iae留学ネット メルボルンオフィスにて
詳細はこちら↓↓
https://iaeau.com/blog/mini-infoday-tsuyaku/

***************************************************

ナツキ

新しいインターンです!

先週からIAE留学ネットでインターンを始めました、ヘミです

名前でわかるかもしれませんが、韓国から来ました。

東京と大阪で留学してから、愛媛県庁で国際交流の業務を担当しました。

オーストラリアに来たのは、旅行のためだったんですが、車を買ってケアンズからメルボルンまで旅行するうちに、オーストラリアのことが好きになり、これからメルボルンで生活することにしました。

メルボルンはカフェーやレストランだけでなく、楽しめることがたくさんあります。

私はコメディフェスティバルの時に、コメディショーを観に行ったり、Etihad staium でサッカーを観に行ったり、ハイキングやロッククライミングに行ったりしながら、ローカルの人と交流しつつ、メルボルンを満喫しています。

これから皆さんにお役に立ちそうな経験や情報などをたくさん載せたいと思います。

では、よろしくお願いします。

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
人気ブログランキングへ

Better late than never

こんにちは
インターン生のふみです

時が経つのは早いもので、3ヵ月半続けたインターンシップも、今日が最終日です
10月の半ばから始め、最初は緊張しまくりでどうしようもなかったのですが、最近やっといろいろなことに慣れてきた頃なので、ここで終わりというのがとても心残りです
iaeでのインターンシップでは、学ぶことが本当にたくさんありました
様々な国籍のお客様への対応はもちろん、英語での電話対応など、初めてのことばかりで最初は戸惑いましたが、自分の将来やりたいことに一番近い仕事だったので、とてもやりがいがあり、すごく充実した時を過ごすことができました
また、スタッフの皆さんもとてもいい方たちばかりで、優しく指導して下さり、失敗しても「次、頑張ろう!」と自分を奮い立たせることができました
まだ学生の身の私は、今回のインターンシップを通して、漠然としていた将来就きたい職種が少し狭まったような気がします
11月半ばまでは学校と両立しなければいけなかったので、6月頃からiaeでずっとインターンシップをしたいと思っていたのですが、躊躇してしまい、結局10月半ばから始めることにしました
今は、もっと早くから行動を起こしておけばよかったと、少し後悔しています

タイトルの「Better late than never」とは「遅くとも、為さざるに勝る」という意味の慣用句です。「遅くても、やらないよりは良い」ということです
何が言いたいのかと言うと、時間の限られた留学生活の中で「何かをやりたい!」と思っても、他のことが気になってそれを後回しにしてしまい、結局その「何か」が本当にやりたいことであったにも関わらず諦めてしまうのは、とてももったいないです。
なので、思い立ったらすぐ行動するに越したことはないのですが、多少行動するのが遅れても、タイムリミットまでによく考えて、最終的にはやりたいことには何でもチャレンジしてみてください。
自分の許容範囲の中で無茶をするのは、留学生活でとても大事だと思いました。
インターンシップを始めた時期について少し後悔はしていますが、10月半ばというのが、その時の自分の中での始めるベストの時期だったんだ、と今は思っています。

最後になりましたが、iae のスタッフの皆さんを初め、留学中に私に関わってくださった方々には、心から感謝しております。

言葉というのは不思議なもので、思ったことを口から出すと、本当にそのことが起こるそうですね
なので今ここで宣言します
絶対メルボルンにまた帰ってきます
有言実行

ありがとうございました

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓

人気ブログランキングへ

最後です!

こんにちは
インターン生のはるかです

私もここメルボルンに来て
もう9ヶ月が過ぎました。。。
時間が経つのは本当に早いなぁと感じます。

沖縄でまだ大学生なので
後期から復学する為に
今週メルボルンを立ちます

そのまま日本に直行ではなく、
少しアジアを旅行してから
沖縄に帰ろうと思っています。

IAEでインターン生として
働かせて頂いて、2ヶ月になります。
英語が十分にできないので
みなさんにすごくご迷惑をおかけしたと思いますが、
自分の将来にいかせる経験ができたと思います。

インターンやりたいかどうか
迷っている方は是非やることをオススメします!
マイナスには絶対ならないです!

オーストラリアという外国にきて、
いい意味でも悪い意味でも自分の視野が
すごく広がりました。
全てがプラスになることを祈ります

あと2日間メルボルンを満喫して
帰ろうと思います

私と関ってくれたみさなんありがとうございました(^^)

沖縄に来る際にはぜひ声をかけて下さい

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓

人気ブログランキングへ