オーストラリア留学 専門用語って?

オーストラリア留学 専門用語
オーストラリアに留学するにあたっての専門用語

みなさんこんにちは。iae留学ネットメルボルン支店です。

日本でもオーストラリアの山火事がニュースのなっているみたいですね!

インターナショナルの皆さんが通う学校のほとんどが都市中心部に近いところにあるので、今のところ各学校からの山火事に対する被害の連絡などはありませんのでご安心ください!

でも暑い!!オーストラリアにいらっしゃる生徒さんたちは、くれぐれも熱射病、日射病に注意してくださいね!

 

さて、今日はちょっとした“専門用語”について。

学校進学の手続きをする時にいろいろな書類があると思いますが、もちろん全て英語。

Application formやOffer Letter、Grant Letterに965 formなど。

 

これを読めば学校の手続きで必要な書類全てがわかります!

 

①最初に記入する書類:Application Form

これはお申込書ですね。いわゆる願書。

どの学校に決めても記入が必要ですが、学校によっては内容がシンプルなものから志望理由を書かなくてはいけないところまでそれぞれです。

*その他最低必要書類*

-パスポート

-現在お持ちのビザ、CoE

-最終学歴卒業証明書、成績証明書(英語)

 

②学校から届く書類:Offer Letter

Applicationを記入し、必要書類と共に学校に提出すると今度は学校からOffer Letter(合格通知)が届きます。Full OfferとConditional Offerと2種類あり、入学が“条件付き“の場合はConditional Offerとなり、入学前までにその条件をクリアしなければ入学が許可されません。このコンディションは英語力だったり、追加書類の提出リクエストだったりいろいろです。Offer Letterには生徒さんの個人情報、希望のコース、料金、期間、返金規約や入学条件などが記入されているので必ず確認してください。全て確認できたらパスポートと同じサインをしていただき、お支払いに移ります。

 

*押さえておきたいワード*

Enrolment Fee:入学金

Material Fee:教材費

Tuition Fee:授業料

Refund Policy: 返金規約

 

③ お支払い後に届く書類:CoE

Offer Letterにサインをし、お支払いが済んだら学校からCoEが発行されます。COEとはConfirmation of Enrolmentの略で、政府から発行される書類です。学生ビザの期限はこのCoEに記載されている期間で発行されます。まずはコース期間をしっかり確認の上、個人情報などもしっかり詳細確認をお願いします。

 

今回は学校入学手続きによく使われる単語のご紹介でした!

もちろんお手続きの時にはしっかりご案内しますのでご安心を:)弊社ではこの手続きが全て無料!ちょっと気になる学校がある…オーストラリアの大学ってどんなところ?いくらくらいするんだろう?などなどどんなことでもお問い合わせ下さい:)

皆様からのご連絡お待ちしてます。

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談