大人気!! チャイルドケア・幼児教育コース

チャイルドケアコース

おはようございます。
あっという間に1週間がすぎ、もう金曜日。
そして9月もおわりに近づいています。

NSW州やQLD州では今週末40度の予報がでているとか。
今から山火事注意がバンバンでています。異常気象ですね。

さて最近よくお問い合わせをいただくコースに
チャイルドケアコースがあります。

子供が好き、何か資格を得たいという学生さんも多く、
また永住権に有利なリストにチャイルドケアセンターマネージャーという
職業がのっていることも後押ししているかもしれません❤。

永住権を取得する過程は複雑でコース学習期間や卒業後にも
いろいろと学生さんが気にしておかなければいけないことが
多々ありますのでこのコースに関する永住権ビザ取得についての
詳しい内容は弊社内で行っているビザ相談までお問い合わせください。

チャイルドケア オーストラリア 託児所 子供

さて先週の金曜日、大雨の中、新しい学校がオープンしたとのことで、
いってきました。見学!この学校の新しい点は、
子供専用病院の中に併設されている
託児所(チャイルドケアセンター)の隣に学校があること、
他の学校よりもセンターでの実習時間が長いこと、
かなり初期の段階から実習がはじまることなどがあげられます。

本当に幼児教育に関心がある学生さんをとるために
学校に入学前には学校長の面接が必須となります。✍

今なら学校開講記念特別価格が適応に
なりますのでこの学校の詳しい情報など
iae留学ネットまでお問い合わせください。

チャイルドケア オーストラリア

この託児所では人工的なプラスチックなどを使用せずすべて自然のものでというのがモットーになっているようです。

少しチャイルドケアコース、幼児教育コースに関して説明をしてみますね。オーストラリアでは各コースとその仕事でのポジションが密接に結びついています。
以下参考にしてください。

✍Certificate III in Early Childhood Education and Care (6か月から1年)
まず基本のコース。年齢別の幼児のケアの仕方を学んだり、リスクにどのように対応していくか、よい関係をきずくにはどうやったらよいか、遊び方、幼児の行動に関して、チームで働くとはなどのチャイルドケアワーカーとしての基本を学びます。このコース終了後に託児所での仕事探しが可能になります。‼

✍Diploma of Early Childhood Education and Care (1年から2年)
Certificate IIIを学習しなくてもDiplomaのコースに直接入学も可能です。Certificate IIIを学習された方は科目の単位免除をすることができます。このコースでは上記の基本に加えてさらにもう少し深く学習することになります。カリキュラムを作成したり、幼児に協調性や社会性をもたせるにはなどの学習内容。さらに自分自身の人間性を深めるための科目も入ってきたり、チームを引っ張っていくリーダーシップなども学習します。このコースを終了後スーパバイザ―やマネージャー、コーディネーターなどのポジションにつく能力が備わっている証明になります

Bachelor of Early Childhood Education(4年)
幼稚園教諭の資格が取得可能なコースです。前述のDiplomaコースを終了されている方は科目の免除をうけられる可能性があり、期間が短くなります。また学校のカリキュラムによっては小学校2年生くらいまでを教えることができる内容を含むため、小学校での就職も可能になります。大半は大学でのコースになりますが、TAFE(専門学校)でこのコースを開講しているところも増えています。

Master of Teaching(Early Childhood)(2年)
すでに日本で大学を卒業されている方はこちらのコースを考えられるのも一つです。2年間かけて上記の幼稚園教諭の資格がとれるコースです。大学院での受講になります。このコースも大学によっては小学校教員免許も一緒に取得できるように構成している学校もあります。

教員免許がからんでくると、登録の際にかなり高い英語力をみせる必要もでてきたりとなかなか簡単ではありませんが一生の仕事と目指して頑張っている方も多いです。またBachelorやMasterのコースでは教員にかかわるすべてのコースで、入学前には教員適正テスト(今のところVIC州のみ)と入学後に読み書きと数学能力テストを受験して合格することが義務付けられるようになっています。

来週からはスクールホリデーですね。(小、中、高校と一斉にお休みになる、年に4回ある2週間のお休みです。お父さん、お母さんには恐怖のスクールホリデーともいわれています。苦笑)ホリデー中に各小学校などではホリデープログラムなるものが開講されており、お子さんが興味のあるアクティビティを選んで1日預けることができるシステムもあります。(お金はかかりますが。。)また平日の学校開始前や学校終了後にはビフォアケア、アフターケアとよばれる時間を早めたり延長したりして預かってくれる制度もあります。そのような民間の機関でも幼児教育コース終了者は働くことが可能です。

オーストラリア留学に関するお問い合わせはiae留学ネットまで
お問い合わせください。

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added