オーストラリアの良薬 口に苦し!

今日、ランチからもどって来たら、
エレベーターのところでMIKAさんに

「ちーっす。」

って挨拶されたので、

「ツッパリか!」

って小さく聞こえないように
返した今日このごろのまさやです。

オーストラリアは冬になりました。
冬になるとやっぱし、風邪が流行ってきます。

僕も咳き込みがひどくて、先週末は
全然どこにも行けなく、家で”君の名は”を
みて感動していました。

一緒に見ていた、子供は入れ替わりの
展開が早すぎて、あまり理解をしていないみたいで、
僕だけ感動の涙をながしながら見ていたので、
あとで、嫁さんに

「風邪ひどくなってきた?」って

聞かれましたが、映画で泣いてんって
言うのが恥ずかしくて、

「おっおうっ風邪や。」

って言って日本男児は映画では泣かない
強いところをアピールしときました。

さてさて、話は戻って風邪のことですが、
オーストラリアで風邪をひいて、たんが胸に
絡むような咳をしだすと本当に辛いですよね〜

そんなときはこの薬です〜

風邪薬

この薬はたんが絡んだのを徐々に
排除してくれる薬です。

効き目がすごい抜群ですが、
かなり不味いので、一気にいかないと
一回分の量は少しですが、飲み干せないです。

それぐらい強烈な薬ですが
効果抜群なのでオススメしときます。

普通にオーストラリアの薬局で売ってます!

良薬口に苦し!

ではではオーストラリアは冬ですが、
オーストラリア留学は一年中できます!

iae留学ネットにお問合せを〜

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

タクシーよりUberでしょ!

uber

インターンのYoshiです!

早速ですがみなさんは、Uberってご存知ですか? 

簡単に言えばタクシーのようなものなんですが、タクシー会社から配車されるのではなく、一般ドライバーが目的地まで連れて行ってくれるサービスです。

使い方はものすごく簡単で、Uberのアプリをダウンロードして、自分のプロフィールとクレジットカード情報を登録するだけです。

アプリを起動して現在地から行きたい場所にピンをさすと、Uberドライバーが自分のいるところまで来てくれます。 

シティだとドライバーもたくさんいるので、数分で来てくれます。

料金の支払いも登録したクレジットカードから引き落とされるので、降りる際に支払う必要もありません。 

料金は、距離によって決まりますが、普通のタクシーに乗るより安いです。

人数がいれば電車に乗るよりも安く乗れてしまいます!

僕は週末お酒を飲んだ後、電車で家に帰るのが面倒な時よくUberで家まで帰ってます。笑

メルボルンだと電車やトラムがあるので、あまり必要ないと感じるかもしれませんが、パパッと移動したい時、人数がいる時、朝早くて電車がまだ走ってない時、終電を逃した時などに重宝しますよ。 

あとメルボルンから友達とどこか違う都市や国に出かける時、Uberで空港まで行くと、スカイバスで行くより安く行けます。 (*どこから乗るかにもよります。)

一般ドライバーということで少し不安に感じるかもしれませんが、Uberという会社を介しているので、ドライバーの情報は全てUberで管理されてますし、利用者がドライバーの評価をすることができるので、そこも安心だといえます。 

あと、この配車サービス以外にUber eatsっていうデリバリーサービスもあります。

これも一般配達員が自分が届けて欲しい場所に料理を届けてくれるサービスです。

アプリをダウンロードして、食べたいレストランに注文して、Uberの配達員がそれを取りに行ってくれて、それを配達員から受け取るだけです。 

配達員が直接店に取りに行くので、デリバリーサービスをやっていないお店でも注文ができたり、料金も距離によって違いますが、デリバリーサービスを行なっているレストランで直接お店の人に来てもらうよりは安くつくはずです。 

配達料と受け取り料を取られますが、これも全てクレジットカードで決済されるので、現金のやりとりは一切ありません。

僕が働いてるレストランでもUber eatsサービスをやっているんですが、かなり注文が入ってます。 

Uber、Uber eats共にアプリ内で料金が確認できるので、いくらかかるんだろうという不安もありません。

あとUberなら車と携帯、Uber eatsなら自転車と携帯さえあれば、自分もUberドライバーになることもできます! 

空いた時間などにお小遣い稼ぎができるかもしれませんよ!笑
こちらを参照してください。
https://www.uber.com/en-AU/

両方とも日本ではあまり聞き馴染みのないサービスなので、一度試してみてはどうですか?

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

メルボルンの交通事情~交通ルール編~

さてさてお待たせ致しました。

昨日に引き続きNanaです
昨日のブログではメルボルンで運転するために免許証を取る方法とゆー事でブログを書かせて頂きました

さて、今度は後編とゆー事で、実際に道路を運転する際に気をつけることを書きたいと思います。

まず、ご存知の通りオーストラリアは日本と同じ道路の左側を運転します。
基本のルールは日本とあまり変わらないです。

【制限速度】

スピードに関してはかなり厳しいので、1キロからオーバーしたら罰金と書いてあるサイトや4キロオーバーで罰金と書いてあるサイトと様々だったのですが、とりあえずスピードが制限速度以上の場合は罰金となると覚えておいた方が無難です。

10km/h 以内のオーバーで$198罰金
10km/h から24km/h以内で$317罰金
25km/hから29km/h以内で$436罰金
になります。

また、学校の近くなどは通学下校の時間帯にスピードの制限がある地域があるので道路標識などをみて確認して運転してください。

【シートベルト】

シートベルトの着用は同乗している全員に義務付けされております。ので後部座席に乗ってる場合でも必ず着用してください。

私の友達はUberにかなり酔っ払った時に乗ってシートベルトを着用し忘れてしまったらしいのですが、その時に写真を撮られてしまい後からUber側から罰金を請求されたらしいですそんな事もあるので気をつけてくださいー!

【携帯電話】

運転中の携帯電話の使用は基本的に禁止です。
どうしても地図などを使用したい場合は携帯電話を携帯ホルダーにセットして使用しなければなりません!

違う友達ですが、私の友達は膝に携帯電話を置いて携帯電話で地図を確認してたところ、となりに警察の車が信号待ちで止まり、見つかってしまい罰金だったそうです。足元に落ちた携帯を拾おうとしたところ、そのタイミングで見つかり罰金取られた子も居ます!ので気をつけてー!

【トラムとの関係】

メルボルンでは無くてはならないトラムですが、それに伴いメルボルン特有の交通ルールもあります。

メルボルン 運転

トラムの後ろを走る場合、トラムが停車し、左側ドアが開いた場合、後ろの車も必ず止まらなくてはなりません。その間追い越しは出来ません。しかしトラムのドアが閉まったら車を発車させることができますが、停車中のトラムの追い越しの場合でも10km/hでトラムの横を通過しなくてはいけません。

例外として、トラムセーフティゾーン(キチンと柵があり歩行者がむやみに飛び出したりしないトラムストップ)ここのではトラムが停車中も追い越しができます。

(駐車)

トラムストップの20m以内では許可された標識がない場合は停車や駐車はできません。

(Tram ways )

“Tram only “と表示がある場合や、黄色でトラムのラインを囲まれてる場合、またトラムの線が高くなってるところは横切ることや追い越しで車が入る事が禁止されています。
黄色のラインが切れていて赤く道路に目印がある場合は横切る事が出来ます。

例外として緊急車両などで道路がふさがれている場合はその間だけトラムの線路内に入る事ができますが、その際もトラムの進路の妨げはしてはいけません。

(Tram lane)

基本はトラムの線路内に入る事が出来ませんが50m以内で右折の場合や緊急車両が停車していて道路がふさがれている場合は一度中に入る事ができます。

(Hook turn )

これはメルボルンCBD内で見る事が沢山あるので初めてみたときは驚いたのですが、フックターンのサインがある場合は一度右に方向指示器を出しながら左側のフックターンを待つ場所で右のこれから進む自分の進行方向の信号が変わるのを待ちます。

トラムターン

進行方向の信号が変わったら初めて右折出来ます。早く進まないと横から来る車にクラクションを鳴らされる危険があるので早く右折しなきゃいけないのでちょっとドキドキすると思います。

【Uターン】

白の実線がある道の真ん中でUターンするのは違反になります。
Uターンが出来るところでは標識があります。
ただ、大体の交差点でUターンが出来るのが実際です。

【ラウンドアバウト】

日本ではあまりありませんが、オーストラリアでは信号の代わりにラウンドアバウトといって環状交差点のようなものがあります。
右が優先。時計回りに進みます。
右から来る車がいたら必ず止まって、右の車が行ったら進む事が出来ます。
ラウンドアバウトを出る場合は方向指示器を左に出します。
1から3に右折する場合は必ず右の方向指示器出して3の出口を出る直前で左の方向指示器を出します。

ラウンドアバウト

必ず自分が行く進行方向へ方向指示器を出さないと他の車が混乱して事故になりかねないので気をつけてください!慣れればかなり便利だと思います!

トラムがラウンドアバウトにいる場合はトラムが優先です。

【e-tag】

有料道路に備え付けられた通行料金の自動課金システムの総称です。
日本でいうとETCみたいなものです。
小型の車載タグをフロントガラスの内側で邪魔にならないところにセットします。
有料道路を通過する時にセンサーが作動して課金されます。

メルボルン以外でもオーストラリア全土で使用出来る様なのでほかの街に行ったりしても使えるので便利

万が一、イータグがなくて、有料道路を通過しても後日、ナンバープレートの登録先に請求書が届くので支払いを、すれば問題ありません!

そんな感じで大まかにメルボルンでの簡単な交通ルールを書きましたが、如何でしたでしょうか?

実際自分がオーストラリアで運転して思ったのですが、左折の合図をしながら右折にして来る車や、方向指示器を出さずに途中で止まり、右折したり、合図なしに割り込んできたりと、本当、危ないです。
交通ルールを理解するのは勿論のこと、ご自身の身を守るため、車を買う方はドライブレコーダーを付けたり、万が一何かあった場合自分の身を守るのに便利なので、検討するのも手かもしれません!
あとは、車の保険も、もしもの時の為に必要なので、入って損はないと思います。

安全第一の運転を心がけて楽しいCar life にしてください

Nana

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

メルボルンの交通事情~運転免許証編~

こんにちはNanaです。
最近寒くなってきましたねー!6月から正式に冬ですよー!
寒くて寒くて毎日自分との戦いです!

それはさて置き、個人的な事なのですが、ただ今、車を買おうか検討中なんです。
メルボルンはトラムもバスも電車もあるので凄く便利なのですが、ちょっと荷物が多い日とか雨の日とか車があると便利かなって。

ただ、見てて思ったのですが、かなりアグレッシブな運転手が多いのと結構心配な危ない運転をしてる人も沢山いるなと歩行者の目線からみております。
ちょっとメルボルンで運転するのは勇気がいるので、その前にキチンと交通ルールを把握しておこうと思います

ご存知の通り車を運転する場合、運転免許証が必要になります。
これから日本から来る方はご自身の最寄りの免許センターで国際運転免許を発行して貰ってください。

まず、交通ルールの説明をする前にオーストラリアで運転するのに必要な免許証の取得の仕方を説明しようと思います。

*国際免許証*

【必要書類】
運転免許証
証明写真一枚(縦 5センチx横4センチ)
*写真は無帽、正面、無背景、申請前6ヶ月以内に撮影したもの
パスポート等、渡航を証明するもの
古い国際免許証を持ってる場合はその国際免許証(有効期限延長の場合は古いものを返還しないと再申請出来ない場合があります。)

【発行手数料】
各市町村によって異なります

有効期限は発行から一年以内になるので一年以内の滞在の方にはこちらが便利。

ただ、ワーホリ等で一時帰国しないで、そのまま2年間滞在するする場合はオーストラリアでは国際免許の延長、再申請が出来ないので、メルボルンの領事館で日本の運転免許の翻訳をしてもらい、自動車運転免許証抜粋証明を発行してもらってください。

*自動車運転免許証抜粋証明*

【必要書類】
日本の運転免許証
パスポート

【申請場所】
在メルボルン日本国総領事館
【住所】
Consulate-General of Japan
Level 25, 570 Bourke Street
Melbourne VIC 3000

【発行手数料】
$24 (3日営業日)

こちらの翻訳した紙と日本の運転免許の携帯でメルボルンでも運転できます。

学生や、ワーホリ等でこちらにいる方は上記の2つの方法で運転が出来るのですが、それ以外の方で3ヶ月以上メルボルンに滞在する方はビクトリア州の運転免許証を取得しないといけません。

*ビクトリア州の運転免許証発行*

1, まず、VicRoadsに予約が必要です。
https://www.vicroads.vic.gov.au/

2, メニュー画面からBook an appointment で予約を取る

予約

3、Convert your overseas licenseに進み必要事項を埋めていきます。

運転免許書 切り替え

予約には事前に$18.20(2018年6月現在)を払います。

切り替え

4,予約が無事取れたら以下の必要書類などを揃えます

【必要書類】
自動車運転免許証抜粋証明
パスポートなどのID
申請書類(事前にダウンロードするか、VicRoadsに書類を取りに行く)
Victoria州での住所を証明するもの二枚
例:給料明細、公共料金などの手紙、銀行の残高証など、仕事の契約書など住所が記載されてる物。

申請書類は事前に書いておかないと当日その場で書こうと思ったら時間がなくなり、また予約をし直さないといけなくなる可能性があるので注意

【発行手数料】

3年 $79.50
10年 $272.30

(2018年6月現在)

ただ、申請には18歳以上であること。
また25歳以下や、免許証を取って3年以内である場合はテストを受けなくてはいけない場合もあります。

日本人は比較的簡単に免許証の書き換えがメルボルンでは出来ますので、長期滞在の場合は免許証を切り替えてしまった方が安全かもしれません!
免許証は日本の免許証の様に小さいので財布に入れてI.D.として使えるので、便利です

私の様に他州から移動してきた場合でも基本は上記の日本の免許証からビクトリアの免許証に書き換えするのとあまり変わらないので、簡単です。
移動してきてから3ヶ月以内に変えなくてはいけないので早めにやった方がいいです

交通ルールを書こうと思ったのですが、長くなってしまったので明日のブログで詳しく運転の際のルールについて書こうと思います。

ではまた明日のブログにて!

Nana

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

空港で両替は絶対ダメ!

両替

インターンのYoshiです!最近、大阪で働いていた時の友人がワーホリで1年間オーストラリアに来るという事でこの間会って来ました。 

やはり右も左もわからないという事だったので、いろいろアドバイスをしてあげました。

ですが、僕と会う前にとんでもないミスを犯していました。笑 

それは、お金の両替です。

友人はメルボルンに到着した際に、空港で日本円の持ち金全てを空港の両替所でオーストラリアドルに換金してしまったんです。

それの何がミスかというと、日本の空港でもそうなんですが、空港での両替レートは物凄く悪いことが殆どです。

悪いレートで、さらに大金全てを両替してしまうとそれはもう悲惨です。

友人の空港で両替したレシートを見せてもらうと、1ドル99円でした。

シティのレートの良いところで換金すると、現在だとだいたい1ドル、80~85円で推移しているので、15%~20%の大損です。 

どうしてもキャッシュが必要な場合以外、空港でお金を両替してはいけません。
基本的にカードを使えるならカードを使いましょう。
日本のクレジットカードの場合、その日のレートで手数料なしで支払いができるので、日本の口座にお金がある場合は、カードで払うのがベターです。

基本的に僕が海外に行く際は、念のため日本の空港で3000円ぐらい両替して、残りはその日使う分だけ現地で両替しています。
現在のワーホリの場合も同じです。 

毎日レートが変動するので、レートの良い日を見定めて両替してます。

おそらく仕事を始めると、生活費を豪ドルで賄えるようになるので、価値が安定している日本円は使わずにとっておけるなら、使わない方が無難です。

メルボルンでレートが良い両替所

僕は毎回ここで両替しています。
他の両替所に比べて2円程レートがよく安定しています。

両替 日本円

United Currency Exchange

2店舗あります。
学生の場合はディスカウントもしてくれます。

フリンダース駅からスワンストンストリートを進み、セブンイレブンを左折したところすぐにあります。 

Ground Floor, 228 Flinders Lane (next to Melbourne East Police Station)
Melbourne, Victoria 3000

ビクトリアステートライブラリー横のショッピングモールQVの中にあります。

QV Melbourne, Shop QVA01, Albert Coates Lane
Corner Swanston & Lonsdale Street
Melbourne, Victoria 3000

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

メルボルンの交通機関事情~トラムの謎を明かす~

こんにちは!
インターンのmeiです

オージー化してきていた私ですが(13度の夕方に半袖スタイル)
今日は晴れているのに寒い!!!
意味がわからん!いや、わかるけどわからん。
冬が来てしまったのでしょうか。。がっくし

気を取り直して、本日は
メルボルンの交通機関事情について語ってみようと思います。
なんたって仕事にはバス、電車、トラムの全てを
制覇していますからね(ドヤ)

まずはじめに紹介しておきたいのがMyki。

日本のSUICAやPiTaPaのような交通カードで、
メルボルンの公共交通機関で利用可能なのです!
むしろこれがないと利用できません

*上記のカードのようなIC決済機能などはありませんのでご安心を!

Mykiはセブンイレブンなどで簡単に購入できます
店員さんにMykiを買いたいと伝えると、
カード自体がFull Fareだと$6(2018年6月現在)かかり、
購入時に最低$1以上のトップアップが必要です。

トップアップとは、入金のことです
駅やトラムのストップで入金できますし、
PTVというメルボルンの公共交通機関の
ウェブサイトで自動で入金できるシステムも有り

メルボルンは2時間の利用($4.30)か
1日の利用($8.60)で運賃が決まっているので
$8.60以上高く請求されることはありません
(V/Lineと呼ばれるものはそれ以上支払う必要がありますが

はい、みなさんMykiの準備はOKですか~?!

シティにいれば一番利用するのは
トラムだと思います。
日本で私は1,2回しか乗ったことがない
俗に言うちんちん電車。。。

メルボルンではシティ内、シティ郊外まで
広がっていて、通学・通勤には大活躍です

シティ内だとなんとトラムの利用は無料
なので実はMykiいりません
どこまでが無料なの?と思いますよね。
それはトラムストップにYou are in the <Free Tram Zone>と
書いていれば無料で、
もしその次のストップから無料じゃなくなる場合は
You are leaving the <Free Tram Zone>と書いてありますし、
アナウンスも流れます

はい、実際の乗り方です。
トラムに乗りました。
黄色のカードリーダーにかざして(”Touch On”と言います)、
ピッとなれば、おーけーです

ここで問題が、下車する時は
またピッとしなければならないのか。。?
(Touch Offと言います)

トラムでは基本的にTouch Offする必要は
ありません
ただし、zone2内で移動する場合は
Touch Off する必要があります。
でないと、zone2のみの安い料金が適用されません><

myki

少しややこしいですが、
慣れれば簡単で、自由にどこでもいけちゃいます!

電車やバスはTouch on とTouch Offを忘れずにしてください。 

たまに電車やトラムに、
インスペクターと呼ばれるちゃんとピッとしてるか
確認しにくる方たちがいます。

もし、していないと罰金が課されます。
その額なんと$238。
普通に払いましょう。 

ほぼ毎日電車やトラムを利用する方には
Myki Passがおすすめです!
定期券のようなもので7日間、もしくは
28日から365日間で購入できます

え、紛失したら終わり?

終わりではありません!!
ご自身のMykiを先ほど述べたPTVのサイトで
登録することができて、
無くしたら、即電話!
そのカードを使用停止にしてくれて
新しいカードを送ってくれます!優しい!

私が無くしてしまった時、
その郵送期間を含めて、購入した期間を
のばしてくれてました。
Mykiは購入しないとダメでしたが。。

そんなこんなでトラムの説明は以上です。
難しいですが使いこなせば
Mykiマスターになれる日は近いかも

iae留学ネットでは、Mykiの使い方を配布していますので
わからない時はぜひお立ち寄りくださいませ

mei

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

Heide ギャラリー -DIANE ARBUS-

diane arbus

こんにちは、オーストラリアは今日から冬の始まりです〜
寒いですが、映画鑑賞、アートギャラリー、読書などなど
インドアで楽しめることがいっぱいなメルボルンは冬でも
楽しいことがいっぱいです!

heide

そんなメルボルンの北側に位置している
Heide Museum of Modern Artに行ってきました。

今回、あの巨匠写真家のDIANE ARBUSの作品の
展示会だと言うことでキュレーターの人の話も聞けると
言うことで先々週行ってきました。

基本的にこの人はドキュメンタリー写真家なので、
多分知らない方もいると思いますが、

有名な作品の Identical Twins という写真は
多分見たことあると思います。

僕は写真家でも芸術家でもないので、偉そうなことも
語れませんが、そんなに知識がない人でも楽しめる
作品がたくさんあったのでおすすめです!

裏庭

そして、Heide Museum of Modern Artの一番いいところは
裏庭がとても広くて、そこにいろんな彫刻作品がたっていて
歩いているだけでも楽しいです!

おすすめのアートギャラリーです〜
ぜひぜひ行ってみてください〜

ちなみにDIANE ARBUS展は
2018年6月17日までです〜

お見逃しなく〜

Heide Museum of Modern Art
7 Templestowe Rd, Bulleen VIC 3105

 

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

オーストラリア メルボルン Lyceum語学学校に訪問!

lyceum授業

本日はクイーンズストリートにあるLyceum語学学校に訪問してきました(^^)
メルボルンでも25年の歴史を誇る老舗の語学学校であるLyceumは一体どんな学校なのでしょうか?!じっくりとご案内していきます。 

★Lyceum語学学校ってどんな学校?

◎アットホームで落ち着いた雰囲気!
Lyceumに通う留学生の平均年齢は25~35歳と他校に比べ比較的高め。落ち着いた大人の雰囲気が漂います。過去には50代の留学生さんもいらっしゃったそう!大学生が多い賑やかな学校はちょっと苦手・・・という方にもおすすめですね♪ 

◎ヨーロピアンが多い!
他校に比べ、イタリア、スペイン、フランス等のヨーロッパ諸国からの留学生が多いLyceum。これぞオーストラリア留学という感じですね!
卒業生が各国学生サポートメンバーとして働いていることもあり、卒業生ならではの立場で相談に乗っていただけるのも心強いですね。 

◎オージーと出会える!
Lyceumはメルボルンで唯一、オーストラリア人に外国語を教えている語学学校です。日本人留学生たちは実際にオーストラリア人が受ける日本語クラスにネイティブアシスタントとして参加し、授業をサポートします。そこで実際に本場のオーストラリア英語を話すオージーと友達になり、お互いにお互いの言語を伸ばしあうことができるチャンスが沢山あります^^個人的な留学生同士はもちろんですが、住んでいてもなかなかないオージーと友達になれるチャンスがLyceumにはたくさんあります! 

★学校見学!
どの教室でも留学生のみんな、生き生きとした表情で授業を受けています。ベテランの先生が多いLyceumはGeneral Englishコース、そしてIELTSコースを運営しています。

掲示板

掲示板には1か月分のアクティビティのスケジュールが!クラス以外にも、留学生や先生たちと楽しめるアクティブが盛りだくさんです!

ルーフトップ

シティ中心にあるLyceumですが、ルーフトップにはベンチ数個と植物が植えられています。勉強の合間に気分転換できる環境があるのはとってもいいですね!今日は快晴だったので青い空がビルの間から垣間見えてとても清々しい気持ちになれました^^
月に一度は必ずこの屋上でピザやBBQなどのイベントを行うそうです♪

アットホームで居心地の良い語学学校をメルボルンでお探しの方!
気になることがあればお気軽にiae留学ネットにお問合せください!

メルボルンでライブに行こう!!

メルボルンライブ
(この前見に行ったアメリカのロックバンド「Story Of The Year」)

みなさんオーストラリアに来てから、音楽のライブに行きたいと思った事はありませんか?

僕は学生の頃、バンドを組んでいて、週一でライブハウスにライブを見に行っていたぐらい音楽が大好きなので、オーストラリアでライブを見るのもワーホリの目的の一つでした。

メルボルンには世界中から様々なアーティストが来ます。

最近だとEd SheeranやBruno Marsが来てたのが記憶に新しいですね。

本題ですが、そのライブのチケットをどうやって取るか、どういうアーティストが来ているのかを調べる方法をみなさんにお教えします。

僕がメインで使っているのが、Bands in TownというAppです。

自分の携帯のミュージックフォルダを読み込んでくれて、自分の好きなジャンルのライブをピックアップしてくれます。
もちろん自分で検索する事も可能ですし、近日開催予定のライブ一覧も見ることができます。

さらに、アプリ内からチケットを購入する事も可能です。

基本的にオーストラリアのライブチケットは日本のようにコンビニでの発券や郵送ではないので、全て電子チケットになります。

これが相当便利です。

日本だといちいち紙のチケットを会場に持っていかないといけませんがこっちでは、チケット購入時に登録したメールアドレス宛に電子チケットが届くので、携帯からその電子チケットをスキャンしてもらうだけで入場できます。

日本のチケットサイトみたいにめんどくさい登録もいらないんで、めっちゃ便利です。

ただこっちのライブは結構18歳未満だと入れないイベントが多いです。
なので、必ずIDを持って会場に行きましょう。

あと海外ライブは写真、動画撮影をほとんど禁止していないので、ライブの様子を全て自分の携帯に収めることができますよ。

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

大人気学校見学ツアー第2弾!Kaplan English School / Kaplan Business Schoolに行きます!

カプラン

皆さん、こんにちは!iae留学ネットです

朝晩が寒くなってきたメルボルン
外にいても寒くてすることもない…なんて思っている方そんな方は勉学に集中しませんか??^^

iae留学ネット 学校見学ツアー 第2弾!!!
Kaplan English School / Kaplan Business Schoolのご案内です

ドックランズにある、語学とビジネスコースもある語学学校と専門学校がある学校です☆

Kaplan Englishは一般英語、ビジネス英語、ケンブリッジ試験対策コース、IELTS試験対策コース等たくさんのコースを開講しています。ドックランズにある大きな観覧車の近くに、ビル郡があるその一つのビルに学校があります。高層のビルにあるこちらの学校、見晴らしが良く、日差しがキャンパス内に注ぎ混むのでこれから寒くなるメルボルン、見晴らしの良いキャンパスで冬は勉強に集中するのに良いですよ~なにより施設が大変充実しています。

図書館にはライブラリアンの方も常駐しています~

オンライン学習が出来るパソコンルームも広々としています。

Kaplan Business School(KBS)に関してはビジネス(会計、マーケティング、ホスピタリティ&ツーリズムマネジメント、マーケティング、MBA)のコースも、大学・大学院卒業資格が取得出来、有名大学の半分の授業料で通学出来ます!インターンシップも充実しており、現地就職に繋げるためには学位+経験ですね

ビジネススクールってどんなことしてるんだろう?

一人で見学するには心細いな…

専門分野を勉強して、帰国後の就職に活かしたい !

語学学校で学ぶ以上の経験をしたい !

語学学校と専門学校の雰囲気の違いをみてみたい !

と思っている方には、この機会に是非

日程:2018年6月27日9時30分 (現地集合の場合10時)
Iae留学ネット メルボルン支店集合
トラムでKaplan English / Businessまで向かいます

ご進学を考えの方はもちろん、
ちょっと興味のある方までみなさんご参加いただけます

ご予約・お問い合わせは、

iae留学ネットメルボルン支店
Level 5, 250 Collins street, Melbourne 3000 VIC

全て日本語でOK!ご相談無料です!
http://www.australia-study.net/

電話0386269340
LINEiae-japan