キリンの首はなぜ長い?

キリンにみる進化
キリンにみる進化

あ〜 メルボルンの夏も
もうすぐ終わりです〜

まだまだ暑いですが、
大好きな夏が終わるとおもうと
少し切ない今日このごろのマスです。

さてさて、先日動物園に行ってきました。

ワラビー動物園というところで、
ここの動物園はメルボルン動物園と違い
かなり大きので、サファリバスというのに乗って
動物を見に行くことになります。

サイ、シマウマ、インパラなど草食動物が
広大な敷地に放し飼いにされており、
いまくバランスをとって動物たちは生活しています。

そんな中、やはりいちばん注目を浴びていたのが
キリンです。キリンはバスの近くまで来ていて
大きな木の下で葉っぱをひたすら食べていました。

他の動物がとどかない、所に餌があるので、
なかなかの独り占め状態です。

キリンに注目していると
なんでキリンは首が長くなったのか興味ぶかく
ちょっと調べてみると、かな〜り昔は首が
短かったけど、食料としている葉っぱを食べるために
首が長く進化したとかを見つけました。

この理論は結構僕の中にしっくりきて、
足のながいキリンはきっと地面の水や草が
食べづらかって、上にある葉っぱを食べるようになって
どんどん首が長くなったんやな〜と思いました。

色々な動物は環境に適用して
進化をしているんだな〜と実感しました。

これは人間にもいえる事で、環境に適用しながら
今の姿があるんだな〜と思います。

これからのグローバル社会、英語は不可欠になってくると
思います。

そんなグローバル社会に適応していけるように
英語を学びにオーストラリア留学にきませんか?

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談