銀行開設慣れ感を出すための「い・ろ・は」

皆さんこんにちはインターンのSHOです!

本日はオーストラリアに中長期的に滞在する予定の皆さんは特に関係するであろう銀行開設についてまとめようと思います!

コモンウェルス銀行を元に口座開設について解説します!

オーストラリアと日本の銀行の違い

先ずオーストラリアの銀行には通帳は存在しません。

がしかし!!bank statement と呼ばれる月々の使用明細書が届きます。その方法としては郵送の取引明細書からオンラインバンキングに変更する必要があります。残高確認はオンラインで行います。

またATM利用料が土日祝日関係なく24時間ATM利用料は無料です

*自分の銀行以外のATMを使用する場合は利用料は課せられます。

銀行開設時には郵送先の住所が必要ですので開設時にホームステイ先などを郵送先に登録した場合はbank statementの郵送先変更を開設先の銀行で手続きをしましょう。

オンラインで口座開設の場合

*オンラインで口座開設を申請希望する場合は入国予定日から3ヶ月以内でないと申請することができないため留意してください!

コモンウェルス銀行公式サイトMoving to Australia にアクセスしOpen a bank accountから手続きを進めていきます!

WEB link: https://www.commbank.com.au/personal/can/moving-to-australia.html

銀行開設時に必要なもの

※銀行開設は入国後どれくらい時間が経過しているかで必要なものが変わります。現地到着後6週間以降に手続きをする場合は必要書類が増えます。*水道光熱費などの豪州公共機関の請求書、日本の住民票や日本の健康保険証etc…

入国後6週間以内の場合

  1. パスポート
  2. 日本のマイナンバー*原本不要(担当者によって聞かれたりきかれなかったりするので念の為)
  3. デポジット(開設時に預けるお金。$20~50ぐらい)*クレジットカードがあれば入金する際に便利
  4. 携帯電話番号(後日でもOK)
  5. オーストラリアの学校の学生カード、オーストラリアの現住所が分かるものなど

Ex(オーストラリア滞在許可を証明できるVisa、学生ビザ保持者はVisa Grant Notification letter*口座維持管理手数料が免除される、語学学校や豪州教育機関などのAcceptance letter)

入国後6週間以上の場合

  1. パスポート
  2. 日本のマイナンバー*原本不要(担当者によって聞かれたりきかれなかったりするので念の為)
  3. タックスファイルナンバー
  4. オーストラリアの学校の学生カード、オーストラリアの住所が分かるものなど2点

*必要書類は合計100点の点数制で身分証明が必要になります

例;パスポート=70point ,学生書=25point,名前と住所の記載がある公共料金の請求書等=25point

Ex.(携帯電話番号、オーストラリア滞在許可を証明できるVISA、学生ビザ保持者はVisa Grant Notification letter、豪州教育機関などのAcceptance letter、水道光熱費などの豪州公共機関の請求書、オーストラリアの免許書、オーストラリアの免許書がない場合→運転免許証*日本or国際、日本の住民票、健康保険証*海外健康保険証、クレジットカード)

 

銀行開設時には郵送先の住所にアクセスカードが送られてきますので開設時にホームステイ先、未だバックパッカーやホテル、住む場所を探している最中などで腰をすえて住む場所が決まってないという状況の方やルームシェアなどで受け取れるかが不安な方などは大学や語学学校を受け取り先に指定しても大丈夫です!

*iaeの正会員の方は受け取り先サービスご提供できます!

以上のものを揃えた上で銀行に向かいます!

コモンウェルス銀行の営業時間

(各銀行や支店によって異なるため詳しくはホームページでチェックが必要です)

Commonwealth Bank Flinders St Melbourne Branch

Address260 Flinders St, Melbourne VIC 3000

Phone(03) 9675 3795

月~木 9:30~16:00

金 9:00~17:00

*土日祝日関係なくATMは24時間営業

銀行に到着したら銀行スタッフの方に口座開設がしたいという旨を伝えます!

口座開設の際の英語

I just come here for opening bank account.(銀行口座開設の為にきたのですが)

I would like to open a transact account and saving account(普通口座と預金口座を開設したいのですが)

そうすると用紙を渡されるのでそれを記入し椅子にかけて待ちます!そのまま個室ブースに移動します

Account-Opening-Template

手続きが始まったら用意した必要書類をスタッフの方に提出します!

*コモンウェルス銀行の場合

学生ビザの方は証明書類などがあれば免除、ワーキングホリデービザの方は月に$2000の入金があれば(21歳~24歳であれば1000ドル)、21歳未満の方は口座管理手数料月々4ドル免除されます

提出書類を元にスタッフの方がシステムの入力をし始めます

事前に用意した必要書類を元に訪ねられる内容としては名前、住所、電話番号、タックスファイルナンバー(あれば)、セキュリティーコード、Email address、オーストラリア滞在予定期間、オンラインバンキング用のパスワード(アルファベットと数字、大文字両方使用)オンラインバンキング用の秘密の質問と回答(質問を選んでその回答を入力)

携帯電話があればCommonwealth Bankのアプリをダウンロードします。その後ショートメールが届くのでそれを銀行スタッフに見せます。そうするとアプリが使えるようになります!メッセージで届く暗証番号は仮の番号なので自分でその後暗証番号を決めます!決めた番号は今後使用するため書き留めるのが良いでしょう

銀行アプリでできること

残高履歴確認、過去支払い入金の履歴の確認、送金など

スタッフの手続きが終了すると口座開設の手続きは終了です!

カードの受け取り

1週間程度でカードが出来上がるのでそのカードを取りに支店に行くか、郵便で滞在先に届けてもらうようにしましょう。ネットか各支店でアカウントの有効化(アクティベート)をする必要があります!

*口座開設後10日以内にアクティベートさせる必要があります!

 

ATMで引き出しと預金の方法について

*自分が所有する銀行以外でも引き出しはできますが2ドル~4.5ドルの手数料が上乗せされます

ATMにカードを差し込みます
4桁のPINナンバーを入力
メニューを選択 ・Withdraw Cash(引き出し) ・Make a deposit (預金) ・Account balance(残高確認)
どの口座から引き出すか選択する
Savings (普通口座)、Cheque(当座預金口座)、Credit(クレジット)
金額を選択、或いは引き出したい金額を入力
*コモンウェルスの引き出し限度額は1日2000ドルまで
念のためレシートも出したほうがいいでしょう

預金のやり方

*オーストラリアでは預金は銀行支店のATM、若しくは銀行の支店でしか預金ができません!

銀行支店で預金をする場合は窓口にtellerと呼ばれるスタッフの方がいますので

そこで自分の銀行のキャッシュカードと入金したい額を渡します

その時に使える英語としては I just come here for cash deposit into my saving account と言えば2~3分で済ませてくれるでしょう!

 

deposit(預金)を選択する
紙幣はnote,硬貨はcoin,小切手はChequesを選択
どこへ入金したいのかを選択。Pay someone else(他人に支払う)を選択すると*支払う相手のBSBや口座番号が必要
レシートは必ず発行するようにしましょう!その後は右側の黄色の確認ボタンを押します!

挿入した紙幣の確認を忘れずに
return card のボタンを押し忘れずに

以上で入金は完了です

スキミングにご注意を!

skimmingはカード犯罪で多く使われる手口の一つで時期ストライプカードに書き込まれている情報を抜き出しまったく同じ情報をもつクローンカードを複製する犯罪です。

スキミングをされると被害額について説明したり新しいカードが届くまでに数週間かかりその間カードが使えなくなったり手間がかなりかかります。スキミングの被害もあるということを頭の片隅においておき明細は定期的にチェックする、人通りが少ないところに設置されているATM の使用をなるべくしない、スキミング防止用のカードケースを使うなどのことをするといいと思います!

スキミング防止用のカバー クレジットカードやキャッシュカードなどを挟みます

以下のサイトにスキミング防止に関する情報が載ってますので確認してみてください↓

海外のスキミング最新手口と被害防止方法!クレジットカード・海外プリペイドカード「留学・海外旅行前確認」

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談