オーストラリアの医療システム

こんにちは なつきです
サッカー日本代表、W杯出場決定しましたね
オーストラリア戦ということもあり、オーストラリアのパブやスポーツバーに
日本人が集まって応援していたようです

今日はオーストラリアの病院についてちょっとお話しますね

日本ではまず具合が悪いと、症状や具合の悪いところによって
内科や外科、眼科、耳鼻科などに行きますよね
オーストラリアではどのような症状でもまずGPに行きます
一般医と言われるGPで診察してもらい、
まずそこで治療してもらうことになります

診察料は時間で計算され、15分でいくらというような計算になります

さらに精密検査や専門医の治療が必要と診断された場合は
Specialistという専門医に紹介状を書いてもらうことになります
専門医は場合によっては予約がなかなかとれず、
数週間待ちなんてこともあるようです

GPには日本人スタッフが常駐していることもあり、
通訳サービスを受けていただけれる病院もあります
日本の海外旅行保険に加入されている場合はキャッシュレスで治療が受けられるので
海外の病院でも安心ですね

意外と知られていないようですが、オーストラリアでは無料の通訳サービスがあるんです
131 450にかけていただき、通訳してほしい言語(日本語)と言っていただければ
電話先に日本語の通訳さんが出てきます
しかもこのサービス、電話上での会話も通訳してもらうことができるんです
その場合は自分、相手、通訳さんの3人の会話が
すべて電話上で聞くことができるという不思議な感じになります
電話での英語って直接話すよりも難しいので、
あまりかけたくないという方も多いと思いますが、
このサービスを使えば聞きたいこともすべて聞けますよ

移民の多い国ならではですよね

最後にお知らせです

今月はTAFE入学、最後のチャンス
英語力の証明がないという方でも入学できるってご存知ですか
テストを受け、TAFE入学を目指しましょう

日時:6月21日(金) 14時~17時
会場:iae メルボルンオフィス
Level 5 250 Collins st Melbourne

ニュージーランドの人気大学、オークランド大学もiaeにやってきます
海外の大学の話を聞くチャンスはなかなかないと思いますので、
この機会にぜひぜひいらっしゃってください

日時:6月20日(木)10:30~12:00
会場:iae メルボルンオフィス
Level 5 250 Collins st Melbourne

↓こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓

人気ブログランキングへ