僕の海外経験について!~タイ編~

みなさんこんにちは!

インターンのYoshiです!

みなさんは、今までどんな国に行ったことがありますか?

僕が初めて1人で海外に行ったのは、大学2年生、20歳の時でした。

それから、だいたい6年が経って、その6年の間に10数ヶ国を旅してきました。

アメリカやニュージーランド、カンボジア、タイ、ラオスなどいろんな国を巡った結果、僕は東南アジアという地域が大好きになりました。

その中でも特に魅力的に感じた国が、タイという国です。

僕は今までにタイに5回、旅行で訪れていて、その内4回は一人旅で行きました。

だいたいタイに行く時は、その周辺国も同時に旅をするんですが、いつもタイに滞在する期間が一番長いです。笑

何故僕がそこまでタイを好きになったかというと、抽象的な理由になってしまうんですが、とにかく凄い活気に溢れた国で、そこにいるだけで、わくわくできる国なんです。

初めて行った2012年から最近行った2017年までに行った計5回で、毎回毎回大きくなってるなというのが実感できる国なんです。

まず、タイに行ったことがない人にとってタイというか、東南アジアはまだ発展途上の貧しい国だと思っていませんか?

恐らくそういう人たちは、タイのバンコクに降り立つと、その先進的な都会具合に度肝を抜かれると思いますよ!笑

僕の感覚でいうと、大阪よりは確実に都会で、そのカオスな感じは東京以上じゃないかなって思うぐらいです。

僕が感じるタイの魅力を箇条書きで紹介したいと思います。

~タイの魅力その1~

*ご飯がとてつもなく美味い。*

タイ料理を現地で食べるのが毎回の楽しみで、タイという国は基本的に外でご飯を食べるのが一般的なので、外食をしてもかなり安くつきます。

だいたい屋台でご飯を食べると、お腹いっぱい食べても100バーツ(300~350円)で収まると思います。

屋台のご飯が衛生的に不安とか、抵抗があるという人は、日本食レストランがそこら中にあるので、安心だと思います。

吉野家やCoCo壱、コンビニでいうと、ファミマもローソンもあるので、ほぼ日本と同じような生活ができます。ですが日本食は、日本と値段が変わらない、あるいは高かったりするので、僕は屋台やタイ料理のレストランでご飯を食べる事をオススメします。

*僕のオススメタイ料理*

1.パッタイ
ライスヌードルを卵、シーフード、揚げ豆腐などと炒めた焼きそばのような食べ物です。
タイ料理ですが、辛くなく、むしろ砂糖が入っているので、少し甘いぐらいなので日本人の口にもとてもよく合いますよ!

2.カオマンガイ
チキンスープで炊かれたご飯に、蒸し鶏が乗ったシンプルな料理です。
少し辛いタレをかけて食べますが、そこまで辛くないので、辛いのが苦手でも全然食べれますよ!

3.カオソーイ
これは、タイ北部チェンマイやラオスの名物料理です。
チェンマイのカオソーイは、カレースープに揚げた麺を乗せるスタイルですが、ラオスではライスヌードルが使われています。

4.プーパッポンカリー
カニをカレーソースで炒めて、卵でとじる料理です。
すごい食べにくいですが、味は絶品です!
タイ料理にしては、やや値段が高いので、たまにしか食べないですね。笑


これはご存知の方多いんじゃないでしょうか?
エビをトムヤムスープで煮込んだ料理です。
いろんな香辛料が入っているので、結構辛めですが、ココナッツミルクなどを入れて食べると辛さは少し和らぎます。タイと言えばという料理なので、一度食べてみてはいかがでしょうか?

~タイの魅力その2~

*年中夏。*

僕は寒いのがすごい苦手なので、常夏であるタイは自分にとって最高の気候なんです。

ただ気をつけないといけないのが、外はめちゃくちゃ暑いんですが、店の中に入ると極寒です。笑

日本じゃ考えられないエアコンの温度設定をしているので、室内用の羽織るものが必要です。

年中海やプールに入れるのも、僕にとってはすごい魅力的です。
タイには綺麗なビーチがたくさんあります。

有名どころでいうと、プーケット、バンコク近辺だとパタヤビーチですね。
僕がオススメしたい場所はピピ島っていう島で、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台になった島です。
海が本当に綺麗なので是非行ってみてください!

~タイの魅力その3~

*人がすごい親切*

困っていたら、親身になって助けてくれるし、日本を下げる訳ではないですが、仕事だからサービスをするという日本的な感覚ではなく、自然体で助けてくれてる感を感じました。ただお店とかでやる気がない人とかは、無視してきますけど。笑

そういう自然体で生きてる国民性もこの国が好きだなって感じた部分でもあります。

~タイの魅力その4~

*娯楽の多さ*

なんと言ってもタイの魅力は、その娯楽の多さにあると思います。

観光大国と呼ばれるタイだけあって、様々なお祭り、娯楽施設が目白押しです。

昨日まで行われていた、ソンクラーン水かけ祭り

タイのお正月を祝うイベントです。
街中お祭り騒ぎで水をかけ合いまくります。

とても楽しみお祭りですが、毎年死者が数十名出ているので、参加される際はお気をつけて!

https://www.expedia.co.jp/vc/events/thailand/songkran

あと有名なのが、タイの北部の街、チェンマイで行われるコムローイ祭り。

ディズニー映画、塔の上のラプンツェルのモデルになったイベントです。

何万ものランタンが夜空に放たれる幻想的な景色は一生に一回は見ておいた方がいいですよ!

http://www.travel.co.jp/senmon/event/festival/chiangmai_khomloi.html

他にも様々な祭りがたくさんあります。

「世界の果てまでイッテQ」で何故タイのお祭りがたくさん取り上げられるかがわかりますね。笑

https://www.expedia.co.jp/vc/events/thailand

バンコクの街中でも、レディボーイのショーが見れたり、ムエタイの試合が見れたり。
タイのレディボーイの人は本当に綺麗な人が多いので、一目見てみた方がいいと思います!笑

あと週末はウィークエンドマーケットと呼ばれる超巨大マーケットも開催されます。
このマーケットは巨大過ぎて、一度見た店に後でもう一回来ようと思っても、戻ってくる事ができないと言われるほどの巨大マーケットです。

様々な商品がとんでも価格で売られています。
本物かどうかはわかりませんが笑

女性の方なら、美容系の施術を受けたり、ショッピングをするには最高の国じゃないかと思います。
日本より安いし、とても魅力的な国だと思いますよ!

と言った感じでざっくりタイ魅力をお伝えしましたが、とにかく若さがあって元気な国っていう印象です。

みなさんも是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?

thai 飯 (バンコク、カオサンロードでパッタイを食べる僕)

チェンマイ
(チェンマイ、コムローイ祭りでコムローイを上げる僕)

バンジージャンプ
(チェンマイ、バンジージャンプをした後の僕)

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added