オーストラリアの大学で受ける学期末試験

victoria uni

こんにちは、インターン生の春菜です!先日、大学の学期末試験を受け、ちょうど今日!その結果を確認しました。ドキドキしていたせいか、目覚ましが鳴る前に今日は目が覚めました(笑)

結果は、、、、。

4ユニット全て合格!!!!(拍手)

正直、1つ心配な科目があったのですが評価を見て一安心すべて合格点に達していました

そんなわけで、今回は日本と違って面白い!オーストラリアの大学で受ける学期末試験についてご紹介したいと思います。

victoria uni

日本との違いその1.平常点がとっても重要

日本の大学に通っている皆さんならこと言葉はご存知のことでしょう。「自主休講」!!私も日本にいた頃、出席点が付かない授業だと常にその講義は「自主休講」なんてことが日常茶飯事でした(汗)しかし!現地の大学では、平常点がとっても大切!基本的に評価は、出席点、授業の参加態度、プレゼンテーション、レポート、最終試験で決まります。最後のペーパー試験がない授業も多くありますが、この一つ一つの評価がとっても重要になります!ですので留学を控えている方、時間割を組む際もどんな評価方法で点数が付くのかも確認することをオススメします。

会場はスタジアム

日本との違いその2.最終試験の会場はスタジアム!?

そう、全ての試験は学校の近くにある大きなスタジアムにて行われました!大学によっても異なるかと思いますが、私の大学の学期末試験は全て校舎の近くにあるスタジアムにて行われました。また、予め鞄も別室に預けるシステムになっており、学校の試験会場とは思えない雰囲気でした。そして…面白いことに会場内には色んな科目の試験を受けている人がいるんです!テストを受けに来たはずなのに、日本とは違った雰囲気に感動して少しわくわくしてしまいました(笑)

日本との違いその3.試験準備期間がある!

日本の大学の場合は、最終授業でテストが行われたり、授業期間が終わった次の週から一気に試験モードに突入しますが、オーストラリアの大学はとっても学生に優しいです(笑)なぜかというと…テスト期間一週間前に、SWOTVAC(Study Without Teaching Vacation)という試験準備期間が設けられているのです!!!なので、試験前日に授業があって勉強ができない!という心配はご無用なのです☆

いかがでしたでしょうか?授業スタイルはもちろんのこと、試験スタイルも日本とは異なって留学中は、試験ですら楽しいです(笑)日本ももっとフレキシブルなシステムを導入してくれたらいいのにななんて思うこともしばしば…。これから留学を控えている方の不安や疑問が少しでも解決できれば嬉しいです^^

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added