メルボルンのホームステイ生活

みなさん、こんにちは

ほとんど雨が降らないことで有名なメルボルンで

今朝、豪雨が降り、とび起きた今日です

さて、今回は私のホームステイ生活についてお話したいと思います

 

みなさん、 『ホームステイ』 と聞くと、

どんなイメージを持ちますか??

あるひとは、ファミリーがたくさんいて、とても楽しい!

また他のひとは、知らない人の家に泊まるのは不安。。。

ポジティブとネガティブな意見があると思いますが

私の経験を参考にして頂けたらと思います

 

まず私のホストファミリーはホストマザー1人だけです

ええ!? 1人!? と私も思いましたし、友達にも言われました笑

はじめは私もファミリーがたくさんいて、私は動物が好きなので

できればペットもいたらなあ。。。と思っていた矢先の

出来事でした。

 

しかし、一緒に過ごしていくうちに、1人の方が私にあってる。。。

と思い始めました。

たとえば、、、

ディナーを食べるとき、一対一で会話が出来る!

これが1番大きいです

私は英語を話すことに苦手意識をもっていたため

人が大勢いるとおそらく話せないなと思いました

ホームステイする理由のひとつとして、恐らくみなさんは

英語力向上だと思います

なのでそういう面では、1人でよかったと思いました

しかし、大人数ファミリーは大人数でいいところがあると思います

それぞれにメリットがあると思うので、

そういう部分においては心配しなくても大丈夫だと思います

 

次に持っていけばいいもの、と思ったものについて

書きたいと思います

まず1つはバスタオルです

オーストラリアはとても水が貴重

水を大量に使うシャワーや洗濯については

とても大切に扱っています

なのでシャワーを浴びる時間が決められていたり、

洗濯は週に1回という家も少なくないです

そのため、バスタオルも2、3回使ってから洗濯というのも

普通にあります。

そのため気になる方は多めの下着何枚かバスタオル

持って行くと安心ですね

最後にしておくべき点について書きたいと思います

たとえば、、、

私の友達は自分でホームステイ先を手配していました

そしてホームステイ先に着いたときに

急にWi-Fi は有料といわれてしまい結局1ヶ月間、

Wi-Fi なしで過ごしたといっていました

もちろん、全てのホームステイ先ではありません

なのでもし自分でホームステイ先をきめた場合、

必ず、他になにかお金がかかるものはないか

あるなら教えて欲しい旨を伝える事をおススメします

もし自分で手配が不安なのであれば、

iae もホームステイ先の手配も行っているので

ぜひ、iae メルボルンオフィスへご相談ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルボルンライフ

皆さん、こんにちは

最近、日本は暖かくなってきているらしいですね

一方、メルボルンは徐々に寒くなってきています

私は夏頃にこっちに来たので、時間経過の早さに驚いています

そんなわけで今日は初心に戻り

メルボルンに来た最初の頃の役に立ったものについて

書きたいと思います

 

私は2年ほど前に一度、

短期留学で、メルボルンに来たことがあり

その時、ホームステイしていた家に

また泊めてもらう事になりました。

一度来たとは言うものの、

2年も前なので、家までの行き方など

忘れていました。

一番困ったことケータイが使えないことでした

なので、私はメルボルンに来る前にCITYの地図を

コピーして持ってきていました

でも方向音痴の私は地図をもっていても、

迷ってしまうと思ったので道に迷った時の

英語のフレーズを書いて持っていました。

たとえば…

“ Excuse me, could you tell me where the nearest train station is? ”

(すみません、一番近い駅はどこか教えていただけますか?

このフレーズを覚えておくだけで、様々なことに応用が効きます

train station の場所を、図書館や、トラムに置き換えても使えるので

簡単なフレーズをメモしておくだけでも便利ですよ

そして電車やトラムに乗ってホームステイ先に行く時、

必要なのは『 myki

myki とは日本で言う PiTaPa や ICOCA ,Suica

と同じようなもので、公共交通機関を使う場合、

必要となります。

電車とバスは乗車時と降車時に

Touch on / off して下さい。

トラムの場合は乗車時に一度 Touch on!

なので降車時は必要ありません

しかし、Zone2内を旅行する場合は、電車とバスと同じで

Touch on / off が必要です!

他にも、トラムには Free Tram Zone というのがあって

Docklands やVictoria Market , Flinders Station をふくめ

CITY 内が無料で移動できます

このときは、miki のTouch on は不要です

myki はコンビニなどでお買い求め頂けます

他にも、myki について書いているブログがあるので

是非参考にしてみてください

メルボルンでの生活には欠かせないMyki とは…

いかがだったでしょうか?

次回は、ホームステイの生活について

書いていきたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を持っていけばいいの?メルボルン持ち物リスト②

皆さんこんにちは:)

iae留学ネットメルボルン支店です。

4月の新生活、みなさんはどうお過ごしですか?新しい学校、新しいクラス、新しい仕事と環境に慣れるまでちょっと大変かもしれませんが、みなさん頑張ってくださいね!!

そんな新生活シーズンのタイミングでワーホリ、長期、短期留学を考えられている方沢山いらっしゃるんじゃないでしょうか。

学校を決めて、ビザの手配をして、最後にスーツケースに荷造り…

あれ?何を持っていけばいいの?

そんな方、このリストがあればもう大丈夫!

ベテラン留学カウンセラー、留学経験者の声を元に持ち物リストを作ってみました:)

荷造りの時に是非参考にしてください!

 

必需品

パスポート  
ビザ、他書類 コピーをしておくと安心です
航空券  
現金 15万~30万ほどを現金で、残りは銀行口座を開設後に送金がお勧め
マイナンバー 最近銀行口座開設時に提示を求められることが増えてきました
折り畳み傘 季節の変わり目は急に豪雨になったり。カバンに入れられる折り畳み傘はかなり重宝します!日本みたいな軽量なものは売っていても高い!!
衣類、靴 渡航先によっても異なりますが、シドニー、メルボルン、アデレードなどは冬とても寒くなるので冬物のコートを忘れずに!
化粧品 使い慣れたものがあると安心
   

 

あれば便利

変換プラグ 海外使用可能なものは変換プラグで十分。オーストラリアのコンセント形状はOタイプです
パソコン 学校の宿題や、履歴書作りなどに重宝!
オーストラリアの薬は強いので、飲み慣れた薬を持っていると安心
携帯用洗面、バス用品 到着後買い物を済ませるまでの2、3日分あると便利
フォーマルな服 パーティーが大好きなオーストラリア人、クリスマスや誕生日会などの時に
洗濯用ネット 靴下などを洗う時にも便利!
日焼け止め 日差しが強いので夏は必ず日焼け止めを塗ってから外出を!
サングラス  
辞書  
SIM解除をした携帯 これがると到着後にSIMカード購入で携帯使用可!
お土産 ホームステイ予定のある方。日本についての本なども喜ばれますよ
   

 

スーツケース余裕があれば

水筒、タンブラー 物価が高いオーストラリア、これがあるとかなり節約できるかも⁉︎
絆創膏  
耳かき  
室内用スリッパ お風呂上がりなどに便利
   

 

オーストラリア、特に弊社があるメルボルンでは

今“日本”が大流行でDaiso、UNIQLO、無印と大手のお店がどんどんオープンしています。

ローカルのスーパーマーケットのCloesやWoolworthでは醤油、みりん、蕎麦、うどん、海苔だって手に入るので食べ物関係は最低限でも大丈夫かと思います。

昔はスーツケースの半分を食べ物でいっぱいにして、時にはお母さんが食べ物を良く送ってくれたものです。今はそんな事必要ないですよ!食べ物の持ち込みに規制が厳しいオーストラリアなので、ある程度のものはDaisoでも揃うし、必要最低限のもので良さそうです。

 

ドライヤーや電気髭剃りなどは海外使用可能なものであれば持ち込みを。現地でも$20~$50くらいで購入が出来るのでご安心を。

 

ワクワクドキドキの留学!

しっかり荷造り準備して有意義な留学生活を過ごしてくださいね:)

 

まだ学校決まってない‼

ビザは何を申請したらいいの?そんな悩みもiae留学ネットでご相談下さい!

理想の留学プランを一緒に立てていきましょう!

 

 

ご予約・お問い合わせはこちらまで

03 8626 9340(オーストラリアの番号です)

00531209640 (日本からのフリーダイヤル)

Line ID; iae-japan

https://iaeau.com/toiawase.php

“オーストラリアではコーヒーが一段と おいしく感じられる 季節になってきました!Dukes Coffee Roasters 編

こんにちは、インターンのKAZUKIです。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

メルボルンは気温も下がってきており、難しい天気になってきました。

今日紹介したいコーヒーショップはDukes Coffee Roastersです

シティーにある、おしゃれなお店

メルボルンのCITYの中でもトップクラスに忙しいお店です!

忙しいカフェですが、美味しいコーヒーと素敵なバリスタがたくさんいるお店です。

 

ロゴ入りのテイクアウェイカップ

こちらのお店もコーヒーの大会で優勝されているバリスタが沢山在籍しています!

技術と知識が豊富な方々なので、こまったことがあればレジやバーカウンターで質問すれば答えてくれますよ。

コーヒーの味や種類の数も驚きですが、入り口付近のクロワッサンやケーキもおいしいです!

ダブルショットのフラットホワイト

なんとお店はiae edu netの近く!

シティーに来られた際には、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

学校や生活に関するお悩みご相談があればiae留学ネット

までお気軽にお越しください。

お問い合わせは下記まで。

03 8626 9340
https://iaeau.com/toiawase.php
Line ID: iae-japan

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

 

 

オーストラリアのスーパー”お菓子・量り売りナッツ”

こんにちは、インターンのKaoriです♪

今までオーペアに関する連載を書かせて頂いていましたが、現在は前半&後半に分けてメルボルンでのスーパーマーケット事情と節約のコツについてご紹介させていただいております。

今日は前回の”オーストラリアのスーパー”青果・精肉・乳製品”に引き続き、”オーストラリアのスーパー”ナッツ・お菓子・キッチン用品”について書いてみたいと思います。

海外生活中にトライしてみたい楽しみのひとつとして、現地のお菓子を色々試してみたいという人も多いのではないでしょうか?

これからオーストラリアに留学を検討されている方にとって楽しみな情報のひとつになれたら嬉しいです♪

▼オーペア体験談記事一覧

インターン自己紹介

Au Pair ワーキングホリデー① (”そもそもオーペアとは?”編)

Au Pair ワーキングホリデー② (”オーペアの仕事を自力で探す方法”編)

Au Pair ワーキングホリデー③ (”オーペア探し・おすすめ3サイト比較”編)

Au Pair ワーキングホリデー④ (”オーペアをする際持っていると有利な資格4つ”編)

Au Pair ワーキングホリデー⑤ (”オーペアのやりがい&大変だったこと”編)

Au Pair ワーキングホリデー⑥ (”オーストラリアで好評だった日本食”編))

Au Pair ワーキングホリデー⑦ (”オーストラリアのスーパー’青果・精肉・乳製品’”編))


それでは最初は個人的に大好きなナッツコーナーから書いてみたいと思います♪

どこのコールスに行っても大抵の店舗にはこのようなナッツやミューズリーやドライフルーツの量り売りコーナーがあり、欲しいだけ袋に入れてグラム単位で購入することができます。

特に通学や通勤の合間で荷物を増やしたくないときや、短期留学の人にとっては

「シリアルを買って試してみたいけど、大きい箱を買って好きじゃない味だったらいやだな・・・。」

「ナッツは少量でいいのにな・・・。」

と思うかもしれません。

このchilli fried rice crackers は日本のおかきに近く、$1-2程度で片手いっぱいくらいの量が買えるため、

「日本のおかしが恋しいけど、アジアショップで買うおかきは$6-8で高い!」

という時、きっと和菓子が食べたい気持ちを満たしてくれると思います。

 

次にオーストラリアのお菓子コーナー。

オーストラリアではグミやキャンディの総称として”ローリーズ”と呼ぶので、このローリーズコーナーに行くとたくさんの種類を見つけられます♪

また、乳製品が非常に豊富なオーストラリアでは牛乳やヨーグルトはもちろん、アイスクリームが本当に濃厚でおいしいです。

個人的なお気に入りはこのコールスブランドの”キャラメルマカダミア”!

正直、ハー●ンダッツと同じ濃厚さ上品さに感じるほどで、10人分はあるであろうバケツがたった$5前後で買えます。

 

さて、それでは自炊に話は戻りますが、スーパーでも割りとたくさん調理器具が売ってあるので

「どこに行けばフライパンやなべが買えるんだろう・・・。」

そんな時、スーパーも覗いてみてください◎

作った料理は保存容器に・・・

と、オーストラリアでは(海外のお弁当文化全体的に)このような独特なタッパーも色々あります。

次に、調味料コーナー。

実はケチャップやマヨネーズなどは海外のほうがバリエーションが多く、様々な濃度、フレーバーのチョイスがあります。

また、自炊で節約したいときはこのパスタコーナーがとても充実しているのでおススメです。

ツナ缶は圧巻のバリエーション!!

生野菜が高いときは、冷凍品もうまく活用してみてくださいね♪

 

いかがでしたか?

自炊で節約を頑張って、たまにオーストラリアの美味しいお菓子やアイスクリームで自分にご褒美なんて息抜きもしてみてくださいね◎

それでは、最後まで読んでくださってありがとうございました♪

 

↓留学に関するご相談はiaeまで、無料で現地エージェントが利用できます♪

iae留学ネット

オーストラリアのスーパー”青果・精肉・乳製品”

こんにちは、インターンのKaoriです♪

前回の”オーストラリアで好評だった日本食”の記事に引き続き、オーストラリアのスーパーについて書いてみたいと思います。

メルボルンではクイーンビクトリアマーケットやサウスメルボルンマーケット、プラーンマーケットなど、観光地としても有名なマーケットがたくさんありますよね。

でも実は、身近なスーパーマーケットもとても品揃えが多く、物価の高いオーストラリアでもお得に買い物できるコツがあるんです。

二大スーパーのコールスとウールワースがあるのですが、この記事ではコールスの方をご紹介させていただきます♪

▼オーペア体験談記事一覧

インターン自己紹介

Au Pair ワーキングホリデー① (”そもそもオーペアとは?”編)

Au Pair ワーキングホリデー② (”オーペアの仕事を自力で探す方法”編)

Au Pair ワーキングホリデー③ (”オーペア探し・おすすめ3サイト比較”編)

Au Pair ワーキングホリデー④ (”オーペアをする際持っていると有利な資格4つ”編)

Au Pair ワーキングホリデー⑤ (”オーペアのやりがい&大変だったこと”編)

Au Pair ワーキングホリデー⑥ (”オーストラリアで好評だった日本食”編))


それではさっそく、入り口からスーパーに入ってみましょう♪

まず店舗に入って一番に目に入るのは大きなカートと特売のフルーツコーナー。

この日は特にPear(洋ナシ)が1キロ$1.9と、非常に安かったです。

基本的に量り売りがメインなので、初めてこの表示をみると

「え、オレンジ1つが$4?高い・・・。」

と思ってしまうのですが、これは1キロの値段なので、不安な場合は近くにある大きいはかりを使って計算しておくと安心かもしれません。

そして次は野菜コーナー。見たことのない形や色の西洋野菜がたくさんあり、逆に日本では当たり前にあるごぼうレンコンなどの根菜類、水菜やみつばなどの葉物は売っていません。

様々な料理に使いやすい青菜野菜は主にチャイニーズベジタブルとして売られており、Bok Choy(チンゲンサイ)、Chinese Cabbage(白菜)などは気軽に入手することができます。

個人的なお気に入りはChinese Broccoliで、ブロッコリーという名前ですがスラリとした青菜で、苦味やクセがなく茎も柔らかいので炒め物によく使っていました。

加熱調理の必要な野菜はあまりやすくありませんが、気軽に使えるベビーリーフは大きさによって$2~$5とお得なパック売りがされています。

また、少し割高にはなりますが一人暮らしや少量の野菜が均等に欲しい場合はこのように既に調理用途に合わせたカット野菜も売られています。

オーブン料理用のものには既にローズマリーが添えられてあったり、サラダ用のパックには既にドレッシングやフライドオニオンなどのトッピングもついているものもあるので、全ての材料を買い揃えなくてもOKなところが嬉しいですよね。

お次はベーカリーコーナー。健康志向の高いオーストラリアでは精製された砂糖や小麦粉を使った白いパンよりも、全粒粉や雑穀がたくさん入った栄養価の高いパンが好まれるため、売り場の大半がそういった種類で占められています。

また、パンの売られ方も日本で言う6枚切か7枚切ほどの薄さの長方形のパンが20きれほど入って1袋なので、一度で食べきれない場合は冷凍しておくとそのままトーストして食べることもできます。

個人的に好きなのはこのABBOTT’Sのシリーズで、入っている穀物の微妙な違いで数種類が展開されています。

ちなみに、小麦製品に含まれるグルテンにアレルギーのある人も多い為、グルテンフリーパンやグルテンフリーパスタなどもオーストラリアではとても手軽に多様な種類が買うことができます。

 

次はデリカテッセンコーナー。実はここが自炊をする時に節約するためのポイントになるコーナーです。

対面式で肉、ハム、ソーセージ、魚、シーフード、チーズなどが売られており、全てグラム単位で買う事ができるので、例えば

”1人分の親子丼を作るために鶏もも肉が一切れだけほしい!”

という場合、このカウンターで店員さんに

”Could I have one piece of chicken thigh?”

と頼めば一切れだけ買うこともできます。

そして黄色い値札になっているものは特売品なので、その日つくりたい物が決まっていない時は安くなっている食材で作れるものから献立を考えると節約になります。

また、自炊するエネルギーがない日でも、既に味付けしてある肉や焼き鳥のような串もの、フライもあるので、このカウンターでメインを買えば外食するよりも断然食費を抑えることができます。

また、ホームパーティーをする時や少量のおつまみが欲しい時など、ここで生ハムやサラミをスライスしてもらえば$1~2程度でも1人分のタパス材料が簡単に手に入ります。

そしてシーフードは主にエビとサーモンと白身魚がずらり。残念ながら青魚を売っているところはなかなか見かけません。ですが、ここでカニカマをグラム買いすることもできます。

また、ベジタリアンやビーガンが当たり前のように浸透しているオーストラリアではこのように豆腐が様々な硬さ・フレーバー・大きさで売られているため、肉や魚ではなく豆腐を主食にした料理が日本にいる時よりも更に楽しめます。

ジャンルは絹・木綿で分かれているのではなく、フィルム(硬さ)がハードかソフト、セミハードなど、どのくらい硬いのかで分類されています。

オーペアのママさんが肉を食べないペスクタリアンだったので、よくこの上段にある味付きの豆腐を買って丼ものや炒め物に使っていました。

次に、ここはスーパーの中でも圧巻なコーナー。

広大な土地で酪農が盛んなオーストラリアならではの、乳製品セクション。

牛乳だけでも一角が埋まるほどたくさん!

また、この写真は一面すべてがヨーグルトです。

大きさだけで分類しても子ども用のチューブパックから、小分けになった一人用、バケツのようなサイズのものまで、味はシンプルなプレーンを選んでも日本で食べるギリシャヨーグルトのような濃厚さです。

個人的に好きだったのはこのCHOBANIという、中にリアルフルーツが入っているヨーグルト。

プレーンのヨーグルトにフレッシュフルーツとフルーツソースを載せて食べているような贅沢さが$2で買えます。

また、乳製品にアレルギーがある人や苦手な人は、日本では高価なココナッツヨーグルトも大きいサイズが$6程度でたくさん売られています。

以上、オーストラリアのスーパーの”青果・精肉・乳製品”コーナー紹介でした。

 

これからオーストラリアに留学を考えている方にも、既に生活をしている方にとっても

「普通のスーパーでこんな品揃えがあるならオーストラリアでの生活も楽しそう!」

そう思っていただけたら嬉しいです♪

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

不測の事態に安心できるメルボルン日本語対応病院情報

皆さんこんにちは!iae留学ネットのShoです!

病院にいきたいけど日本語が対応してるのかキャッシュレスで対応可能なのかなど体調が悪い時に考えないで良いようにまえもった準備をし役に立つ情報をシェアしたいと思います♪

病院の案内

  1. GP(general Practitioner)に先ず行く※基本Tel/Net予約制
  2. 学生保険(OSHC)はキャッシュレスにならない→先に支払いして後からクレーム(申請)するとお金が返金される

GPとはGeneral Practitionerの略で一般開業医の事を指します。日本では自分の症状に合わせて病院を選びますがオーストラリアではGPに先ず行き専門的な診断や治療が必要とされた時は専門医への紹介をされることになります。GPでは内科、外科、小児科、眼科、耳鼻科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科など全ての診療を行なっていま す。 ただし心療内科・精神科や歯科は対象外

日本語対応病院

日本語医療センター

予約制、オーストラリア人ドクター、日本人通訳が常駐

診療日時:月曜日~金曜日         8:00-17:00

住所:Level 4  250 Collins Street (iaeオフィスのすぐ下)

電話番号:1800-777-313(日本語予約専用)/03-9639-0050

診療科(GP):外科、内科、整形外科、産婦人科(女性ドクター)、皮膚科、眼科、耳鼻科、小児科、泌尿器科、心療内科、アレルギー科など

※歯科治療は除く

キャッシュレス対象:AIU、東京日動海上、JI、ACE、HS、損保ジャパン、三井住友、日本興亜、あいおいニッセイ同和、各種 クレジットカード付帯など

 パラマウントクリニック

予約制、日本人受付、通訳常駐、日本語でのカウンセリングも可

診療日時:月曜日~金曜日         9:00-17:30

住所:Upper Level Suite 4-5  108 Bourke Street

電話番号(日本語対応可):1800-677-177/03-9654-9818

診療科:歯科を除く全科

キャッシュレス対象:エース、あいおい、AIU、富士火災、HS、JI、共栄、三井住友、日本興亜、ニッセイ、シグナ傷害火災、ソニー、東京海上日動、各種クレジットカード付帯など

Doctor Aiko @ Melbourne       日本人女性医師

診療内容:内科、外科、診療内科、精神科、男性・女性専門医療、小児科、皮膚科、予防医療・健康診断、ワクチン・予防接種、旅行医療、ヘルスケアプランなど

診療日:月曜日~金曜日 8:00-4:30(火曜日は13:00-4:30)@Collins Street Medical Centre 土曜日  9:00-4:30@サタデークリニック&ハートクリニック

住所:CTMC(Collins Street Medical Centre)7thFloor 267 Collins Stサタデークリニック 132Grey Street East Melbourne

電話番号:0423-908-218(日本語予約)

歯科

Shibata Dental

日本人ドクター

診療日時:月曜日、水曜日  10:00-20:00  火曜日、木曜日 10:00-20:00

金曜日 10:00-15:00

住所: 513 Camberwell Road, Camberwell

電話番号:03-9889-0612

Toorak Fine Dentistry

オーストラリア人ドクター、日本人受付、衛生士

診療日時:月曜日~金曜日  8:00-17:00

住所: 627 Malvem Rd, Toorak

日本語応対電話番号:0409-491-867

St. Kilda Dentist

診療日時:月曜日~木曜日    8:00-18:00   金曜日 8:00-17:00  土曜日 8:00-14:00

住所: Acland Street Medical Centre, 171b Acland Street St. Kilda

電話番号:03-9534-8611

基本的にどの病院も事前予約が必要です!また海外保険証書パスポートを持参するのを忘れないようにして下さい

日本語電話対応をご希望される場合

連邦政府が提供するTIS(Telephone Interpreter Service=電話通訳サービス)があり、
緊急時に病院に日本語で連絡したい場合等に便利です。

*電話通訳サービス (TIS: Telephone Interpreter Service)
: 131-450
受付時間: 24時間対応
 利用料金:
平日 08:00~18:00 AU$26.52 (最初の15分間)
それ以外の日時 AU$34.22 (最初の15分間)

〔サービス概要〕
英語を話せない人のための翻訳・通訳サービスとしてTIS(Translating & Interpreting Service)というシステムがあり年中無休、24時間対応の電話による通訳サービスで、料金は永住者、および市民に対しては基本的に無料です。
利用料金は、平日の08:00~18:00はAU$26.52(最初の15分間)、それ以外の日時はAU$34.22(最初の15分間)となります。

〔ご利用方法〕
まず電話をかけ「ジャパニーズ・プリーズ」と告げると日本語通訳が出ます。(通訳者が見つかるまで、時間を要することもあります)
通話は医師と患者、通訳の3者で行う事が出来、電話による問診を聞くことが可能です。

次回以降また今度はOSHC含め保険についてのブログを出そうと思いますのでPlease keep abreast of the latest information!!Don’t miss out

何かご相談や留学についてのお悩み、学校探しで迷われていらっしゃいますお客様はいつでもお気軽にiae留学ネットメルボルン支店までお電話いただくかオフィスまでお越しくださいね!日本人カウンセラーが皆さまのモヤモヤを解決できる手助けをします↓↓

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

なぜメルボルン留学?メルボルンに来てよかった理由☆

こんにちは。インターンのMoe②です♪

私事ではありますが、今日で丁度帰国日まで一週間となりました一年間の留学生活を振り返ると、本当にメルボルンに留学に来てよかったなぁ、、、としみじみします(笑)

 

そこで今回は、メルボルンを留学先に選んでよかった理由についてお話しさせて頂きたいと思いますこれから留学先を決める方や、メルボルンに来たけれどいまいち充実していない、、、と言う方の参考になると嬉しいです!

 

 


1.コミュニティに入りやすい

これは多文化社会オーストラリアならではの理由です!

移民が多い街なので、住んでいる人の出身地もバックグラウンドもバラバラです。そんな中で、見た目だけでこの人は外国人、この人はこの国の人と区別されることが他の国よりも少ないのではないかと思います

大学で友達を作っても、「どこから来たの?」と聞かれることは少なく、現地の生徒と同じように接してくれるので、「外国人」と「オーストラリア人」ではなく同じコミュニティに属する「個人」として生活できるのが良いところだと思いました

 

《見た目だけで判断されない=語学が上達すればよりコミュニティの一員としてみなされやすい》ので、語学上達へのモチベーションも上がりやすいのではないでしょうか?

 


2.英語以外の言語も習得できる

英語プラスαで語学を勉強したい方にはメルボルンをお勧めします!

先ほどご紹介したように、様々なバックグラウンドを持つ人々が多くいるので、その分世界中から来た友達を作ることができます実際、私はメルボルンで、カンボジア、中国、香港、韓国、タイ、マレーシア、アメリカ、ベトナム、スリランカ、、、等々様々な国出身の友人を作りました

 

現地でつくった友人に言語を教えてもらうことができ、更に街中を歩くだけで色々な種類の言語を耳にしますホームステイのファミリーが話す言語を学べると言うこともあります。

 

もともと英語以外の言語を学んでいると言う方にはとっておきの留学先になることでしょう

 

 


3.カフェ文化

カフェ好きな方にもメルボルンはお勧めですメルボルンはオーストラリアで初めてカフェ文化が発達した街として有名なので、街中至るところに素敵なカフェがあります

おいしいコーヒーやブランチ、インスタ映えするカフェなど、休日にめぐるのがとても楽しいです!カフェに行って店員さんとやり取りするだけでも英語力の上達に繋がるので、メルボルンに留学に来た際はカフェ巡りお勧めです♪

 

メルボルンのカフェに関する情報は弊社インスタグラムでチェックしてみて下さい☆https://www.instagram.com/iaejapan/

 

 


4.様々な国の美味しい料理が味わえる

中華街、イタリア人街、ギリシャ人街などその国に関するグルメが味わえる通りもあれば、色々な国のグルメを融合させた料理を提供するレストランもあり、とにかく美味しいご飯をいただくことができます

もちろん日本食料理屋さんもたくさんあるので、日本食が食べられなくなったらつらい、、、お寿司食べたい、、、という方にはメルボルンをお勧めします!(笑)

 

レストランを探している方、は以下のブログをチェックしてみて下さい☆

https://iaeau.com/blog/osharestaurant/

https://iaeau.com/blog/recommendasianrestaurant/

 

インスタグラムでもレストランを紹介しておりますので是非そちらもhttps://www.instagram.com/iaejapan/

 

 


今回は、私の個人的観点から、メルボルンに来てよかった理由をご紹介させていただきました☆

これから留学先を考える方の中で、①現地コミュニティに積極的に参加したい方、②英語以外の言語も勉強したい方、③カフェ好きな方、④グルメ好きな方、⑤日本食が大好きな方にはメルボルンをお勧めします

 

留学先をメルボルンに決めたら、IAE留学ネットメルボルン支店まで気軽にお電話、メールでご相談ください♪無料でご相談を承っております

皆さんの留学生活が充実したものとなりますように♪次回の記事もお楽しみに!

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

メルボルンカフェ街☆Hardware Streetを制する!!!

こんにちは♪インターンのMoe②です!

メルボルンといえばやはりカフェの街ですが、Hardware Streetはメルボルンのオシャレカフェが一気に三軒立ち並ぶ穴場スポットだということをご存知ですか?

 

私も留学に来てからずっと三軒制覇したいな、、、と思いつつなかなか時間がなく、、、(笑)今日ようやく制覇できたので三軒まとめてご紹介したいと思います

1.White Mojo

蜂の巣模様の壁が印象的なこちらのカフェはいつも行列が出来ています

 

こちらのカフェで是非注文しておきたいのが、黒ゴマラテ抹茶ラテです!

黒ゴマと抹茶の味が濃く、とても美味しかったです♪

 

また、サラダ系のメニューが充実しており、美味しくヘルシーなランチが楽しめます

 

 

お店のホームページはこちらから→https://www.whitemojo.com.au/

 


2.Hardware Societe

こちらは三店の中で一番人気なようで、いつも大勢の人が列をなしています、、、!私が訪れた時は40分ほど待ちましたが、とても美味しいので問題なかったです

内装も素敵で、ブログの最初に添付した写真はこのお店の物です

 

紅茶を注文すると、手作りのティーコージーがついたティーポットが出てきます。柄も色も様々でとても可愛らしいのでお勧めです!ちなみにカップも人によって柄の異なる物が出てくるのでとても素敵でした

 

ランチメニューは、スイーツ系、ごはん系(シーフード、お肉、ベジタリアン)それぞれ充実のラインナップでした!

写真の物はツナミルフィーユというメニューです♪とても美味しかったのですが、二人でシェアして丁度良い量でした

 

お店のインスタグラムはこちらから→https://www.instagram.com/hardwaresociete/?hl=en

 


3.Hash Speciality coffee

ハッシュタグがトレードマークのこちらのお店では比較的並ばずに美味しいドリンクやブランチが楽しめます

 

こちらのカフェでお勧めなのが、綿菓子とドリンクがセットになったメニューですチョコレートバージョンと抹茶バージョンがありますが、私はMatcha Frossを注文しました♪

綿菓子に抹茶ラテをかけていただくのですが、抹茶が濃い目で、甘さも丁度よく、美味しかったです!

 

一緒に頼んだのはChocolate Pavlovaというメニューで、濃厚なチョコレートとベリーの酸味がマッチしていました

お店のインスタグラムはこちらから→https://www.instagram.com/hashspecialtycoffee/?hl=en

 

 


 

今回はメルボルンのカフェ街、Hardware Streetにあるオシャレなカフェ三点をご紹介しました!帰国までに是非制覇されてみてください週末のブランチに最適ですよ♪

 

次回の記事もお楽しみに♪

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

メルボルンの大学☆ユニークな授業集☆

こんにちは♪インターンのMoe②です!

ディーキン大学Burwoodキャンパス

オーストラリアの大学に留学を考えている皆さん、「オーストラリアの大学ってどんな授業があるの?」と疑問に思ったことはありませんか?学部選びをする上でどんな授業をしているか気になるところですよね、、、!

私は、一年間の交換留学なので、コースに縛られずに色々な授業を取ってきました日本では社会学を専攻しているはずなのに、メディア関係、犯罪学、、、等々、様々な授業を受講し、「日本でこんな授業聞いたこと無い!」と驚くこともしばしば

 

そこで今回は、実際に受講した授業、友人が受講していた授業の中からユニークな授業やおすすめの授業をご紹介します

オーストラリアでArts系(人文、教育系)の学部に進みたいと考えている方、実際に私が通ったDeakin大学に進学する方、海外大留学に興味のある方の参考になると嬉しいです☆

 

1.Analogue Photography

こちらは、友人が受講していたもので、一年次の科目です。

何をするかというと、、、「写真を撮る!」だそうです!キャンパス内にカメラを構えている人がたくさんいるなぁと思っていたらこの授業の課題の練習をしていました

実際に授業内の課題では、授業で学んだ知識を生かして写真を撮り、作品として提出するようです!楽しそうな科目ですが、センスが問われそうなので私には難しそうです、、、(笑)

 

このような授業を受講したい場合はBachelor of Arts内のphotographyを専攻しますPhotograohyのコース内には、他にも暗室での現像の授業など、実践的なものがたくさんあります。また、こちらの授業は専攻が他のものでも選択授業として受講できるそうです。

写真に興味がある方におすすめです

 

 


2.International Migration and Multicultural Societies

こちらは二年次の科目になります♪

私はこの授業を取るためにメルボルンに来ましたメルボルン(オーストラリア)といえば移民ですが、そんな多文化社会に暮らす人々と一緒に移民について学ぶなんて、なかなか出来る経験ではないのでおすすめです

 

社会学系の科目は実践的というよりも、授業とディスカッションという感じですが、現地の生徒ととのディスカッションで積極的に発言する勇気が身につくのと、相手の意見で自分の固定概念が壊れる経験が出来ます(笑)

このような授業を取るためにはBachelor of artsのsociologyを専攻します。sociologyの科目には他にも若者文化、ジェンダー、スポーツ社会学など幅広い授業が展開されていますまた、こちらの授業も専攻が他のものでも選択授業として受講できます。

多文化社会に興味がある方、現地の生徒とディスカッションしてみたい方におすすめです

 

 


3.Page to Stage: Major Performance Project

こちらも二年次の科目です。友人が受講していて驚いた記憶があります

何をするかというと、「演じます」(笑)

グループを組んでステージで演劇を披露するようです、、、!もちろん演じるだけでなく、実際に授業で演劇のセオリーやテクニックを学ぶ必要もありますが、演劇関係に興味がある方にとっては楽しい授業になるのではないでしょうか?

シラバスには、先生による演技力指導もあると書いてあったので驚きです!(笑)私も日本で演劇文化論という授業を受講しましたが、どんな演劇があるのかなど歴史やセオリーが中心の授業だったので、日本では取れない授業を取りたい方にもおすすめです!

 

このような授業を受講するには、主にBachelor of artsのDramaを専攻します。このコースには他にも演じる授業がたくさんあり、とても楽しそうです♪また、専攻が他のものでも選択授業として受講できます。

 

 


4.Chinese

「中国語の授業の何が日本と違うの?」と思うかもしれませんが、違いがたくさんあってとても楽しかった授業の一つです

まず、課題で、グループで中国語のドラマを作って発表するというものがありました日本では覚えてテストを受けて、、、というのが一般的だと思うのですが、中国語を使う機会が多いのでそのぶん身につくのも早いと思います♪

また、日本人にとって、漢字が書けるというのはこの授業では大きな武器になります英語を母語とする生徒が多い中で、書き取りのテストなどでは高得点が期待できます!(笑)

また、実際に話して練習するので、友達が作りやすいのもポイントです!留学して友達をたくさん作りたい方は語学の授業を取ってみるのはいかがでしょうか?もちろん、留学中に他の言語を身につけたい方にもおすすめです!

 

実際に、Bachelor of artsの中にもChineseというコースがあります。語学だけでなくて中国社会や歴史についても知りたいな、という方は是非

 

 


5.Animation Project

こちらは友人が受講していた授業です。何をするかというと、「アニメを作る」そうです!

グループや個人でアニメーションを作成して声を吹き込んで、、、とてもユニークな授業です。こちらも、日本の大学ではなかなか取ることのできな授業になるのではないでしょうかアニメが好きな方や、将来映画関係の仕事に尽きたい方などにおすすめです!

 

Bachelor of artsの中のFilm, Television and Animationというコースを専攻することで受講できます専攻が異なっていても、指定された基礎科目を受講することでこの授業を取ることができるそうです!

 

 


こうしてみてみると、メルボルンの大学には日本では受講できない授業がたくさんあります「大学は卒業したいけれど、興味のあるものがないなぁ」と悩んでいる方は、海外の大学を視野に入れて興味のあることを探してみるのも良いかもしれません

 

因みにディーキン大学で受講できる授業や、専攻できるコースは下記のリンクからチェックできます!今回ご紹介したものの他にもユニークな授業はたくさんありますよ

https://www.deakin.edu.au/courses/find-a-course

 

 

また、過去のメルボルンの大学に関する記事はこちらから↓

 

オーストラリアで学部留学してみたい!」という方や、「学部留学したいけれどその前に英語力を上げたい!」という方、その他の留学やワーホリに関する相談はiae留学ネットメルボルン支店まで気軽にお問い合わせ下さい☆無料で相談を承っております

 

次回の記事もお楽しみに♪

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談