ディスカバーイングリッシュ メルボルン

皆さん

こんにちは。

今日はメルボルンにディスカバーイングリッシュをご紹介します! 

学校名:Discover English メルボルンキャンパス
学校ご紹介:
ディスカバーイングリッシュは弊社の目の前にあります日本人の生徒様にとても人気な学校です。日本人スタッフの方は3名おりまして1名は受付を対応されており(英語/日本語可)。
もう1名はアコモデーション担当の方で、生徒様のホームステイ先でのお困りごとなどを解決してくださいます。
こちらの学校はホームステイの管理や斡旋など全てこの学校がしておりまして、この担当者がその管理をしております、とても気さくな方で休憩時間や学校が終わると皆さん話にいかれますので予約が必要なほど、とのことです。 
もう1名の方は、学校内での授業のお困りごとなどを解決してくれる日本人カウンセラーです。とても気さくで対応は常に迅速で、生徒様が入学してすぐの1週間目はフォローアップのメールと共に、授業の様子などを写真で送ってくださっていて、フォローアップがとても行き届いている学校ですよ~。 
こちらの学校は、毎日無料でアクティビティを行っております。ジョブクラブや移民博物館に行ったり、映画鑑賞やカレーの食べ放題(こちらは$6位^^::)があったり、そして土日には有料とはなりますが雪山に遊びに行ったり、温泉ツアーに出かけたりなど様々です。バリスタクラスなどもあるようです。 

また、国籍比率も気になるところかと思います。最新の国籍比率はコロンビア17%、タイ15%、台湾15%、日本と韓国が10%となります。その他は南米やヨーロッパの生徒様もいらっしゃいます。 

語学学校は毎週月曜日が入校日、毎週金曜日が卒業日となりますので国籍比率はタイムリーなものではございません。 

こちらの学校は通常の授業のほかに、無料のクラスもありましてグラマーやスピーキングなど曜日によって内容が違います。この無料クラスの良い点としては、他のレベルのクラスの人と関われるので、上のクラスの人から教わることもたくさんあります。

毎週水曜日にはジョブクラブが設けられており、レジュメの書き方や面接の練習を先生とできるようです。 

一般英語のクラスの初級~中上級の方は午後開始になります。月~金の週5日です。下記、タイムテーブルとなります。1日最大6時間受講頂けて、1週間最高30時間ご受講頂けます。 
11:00~12:00 Supervised self study (ご説明は下記をご確認ください。)
12:00~13:00 無料選択授業 (ご説明は下記をご確認ください。)
13:30~15:30 セッション1
15:30~15:45 休憩
15:45~17:45 セッション2

Supervised self study ⇒こちらは先生が図書館に常駐している時間帯でして、本やDVDの貸し出しの他、授業で疑問に思ったことや、その他なんでも質問して頂けます。また、図書館のコンピューターを使って自己学習ができるプログラムを利用することができます。 

無料選択授業⇒日替わりのオプショナル授業を選択頂けます。こちらの全てのレベルの方が対象となっております。 

月⇒発音クラス。授業内容は、発音のコツ(アクセントの置く位置)、発音矯正。
火⇒オウストラリアーナ。授業内容は、オーストラリアの文化と英語(スラング、イディオム)
水⇒文法クラス。授業内容は、基本的な文法のおさらいと強化になります。
木⇒ドラマクラブ。授業内容は、ロールプレイング、シアターゲームとなります。
金⇒会話クラス。授業内容は、ディスカッション(時事問題、文化、環境)などです。 

【ディスカバー校12週間(3ヵ月)のお見積り】※2018年
入学金:$220
授業料:週$340×12週=$4080
教材費:$70※こちらレベルが上がるごとに$70の費用が掛かります。レベルは10週間位で上がるとお考えください。 

合計$4370(393,300円※例レート90円)

ご興味のある方は是非、iae留学ネットまでお問合せください^^

日本とオーストラリアの大学生の違い

みなさんこんにちは!
最近昼間は天気が良く暑いくらいなのに朝晩寒く、格好に困っています。。
日本みたいに完全に夏服と冬服を分ける!と言うことがこっちでは出来ないですね。。
未だに慣れません

さて、もうこっちの大学での全ての授業がそろそろ終わろうしているのですが、今日は私が7ヶ月実際の大学での学部聴講をして感じた日本の大学生との違いを書いて行きたいと思います!

オーストラリアの学校

まず服装ですが日本の大学生は人目を考えてある程度身なりを整えた服装、また全ての持ち物を1つの大きなかばんに入れて来る生徒が多数ですが、オーストラリアの学生は基本冬はパーカー夏はタンクトップ、そしてボトムスには男子生徒はデニム、女子生徒は動きやすいスパッツのようなものをはいている人が本当に多いです!
まさにジョギングスタイル
楽そうで良いなあとは思うのですが日本スタイルに慣れている私は未だ挑戦できていません
また、鞄はもちろん日本のようなトートバッグ、リュック様々ですが、割と授業がパソコンスタイルなこちらでは、パソコンとペンだけ手持ちで持ってくると言う人も多いんです
常に鞄の中に色々入れている私にとって、忘れ物はない??
とひやひやするばかりです。。。笑

また授業は日本のように講義を大教室で聴くスタイルのクラス、そしてもう1つ、少人数でディスカッションをするセミナーというスタイルが、1つの授業に対してセットになっています!
なので嫌でもきちんと聞いて話せるよう備えておかなければならないので、
授業に対しての意識は高まります’

日本の生徒だと出席しても、寝たりスマホをいじったり、何となく聴いてると言う生徒も中にはいますが、基本的にこっちの大学ではそれならそもそも来ない、来るならしっかり聴いて意見を発言をし、パソコンにメモを取ると言うまじめな生徒が多いです

それもそのはず、日本より格段に単位をとるのが難しくて、真面目にやっても取れない人もいる、更に取れても成績の評価によって将来判断されることが多いため、皆必死なんです
平日の図書館はテスト期間関係なくたっくさんの生徒が勉強しています。。。

また、課題の量も私の通っている日本の大学だと基本最終テストかレポートのどちらか、あって中間レポートかテストの合計1~2課題ですが、こっちでは1つの授業につき3レポート、もしくはプレゼンとレポート2個、レポート2個とテストなど、3つも課題があり、1つの授業に重みを感じます。。。
日本って何て楽だったの~??て思っちゃうくらいです

こんなに大変な授業ですが雰囲気はとてもラフで、リンゴをかじりながら発言したり、笑
先生も机に座って話していたり、足癖は先生生徒と共に悪かったりします笑
ですがはなしていることは本当にしっかりしていて真面目なのでなんだか面白いなあと思いますし、堅苦しくなく先生と対等に話し合えるのはなんだか素敵だなあと思います

学生 生活

帰国したらまた日本の大学に戻る予定なので少し私も態度を改めよう。。。と言う気持ちになりました笑

こちらでしか経験できない貴重な体験もあと少し!
残りの授業、課題頑張りたいと思います

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

Milestones English Academy/日本人比率の少ない学校に通ってみませんか?

mile stone english

皆さんこんにちは。

今日は語学学校に長くお得に通いたい人必見の学校をご紹介します。

 

語学学校に行ってついついやってしまいがちなのが、そこで出会う日本人と友達になってついつい日本語で話してしまうこと、、。

敢えて日本人比率の低い学校で、英語漬けの日々を送って見ませんか?

Milestones English Academy  は比較的新しい学校でキャンパスも綺麗です。日本の学校で英語の先生をしていた経験を持つ先生もいて、トライアルを受けた生徒さんからのフィードバックも好評です。

キャンパスはシティ内にありとてもアクセスがよく、授業前や後にショッピングやカフェに行くのにも困りませんよ!

 

語学学校に通っているとやっと少し英語が話せるようになってきたのに、、というところで学校が終わってしまうということもしばしば。 
もちろん長く通えたらいいけど、やっぱり学費もかかるし、、という方にはもってこいの長く通うほどお得になるこの機会に是非ご検討くださいませ。 

 

現在10週以上の申し込みの方にはもう2週無料などのプロモーションの最中です!

こちらのプロモーションは1月末までのお申し込みとなっておりますので、ちょっとでも気になったらぜひぜひiae留学ネットまでお早めにお問い合わせください。

Bayside International EnglishでIELTSを学ぼう!@メルボルン

皆さん、こんにちは。

今日はメルボルンにあります、ベイサイドイングリッシュカレッジをご紹介します!

学校名:Bayside International English College

学校のご紹介:こちらの学校はセントキルダにキャンパスがあり、学校というよりはおウチにいるような感じでとてもアットホームです。 

生徒様はラテン系、ヨーロッパ系の生徒様が多いようです。※20%~30%です。
ただ、こちらの国籍比率は変動します。 

こちらの特徴はIELTSのコースがとても人気です。今年からIELTSはフルタイムだけではなく、ライティングのみのコースも開講したりと料金も大変フレキシブルです。IELTSもジェネラルとアカデミック両方あります。 

【2018年ご料金】※フルタイム
授業料:週$300
入学金、教材費は別途発生します。
※フルタイムは最低でも5週間のお申込が必要です。 

IELTSのクラスはMAX8人なので少人数制です。つい先日、学校のWEBサイトが更新されましたので、見てみてくださいね^^ 
http://www.baysidecollege.com.au/timetable/

2018年のお得な割引情報は弊社までお問合せください!

ラングポーツイングリッシュカレッジ@ゴールドコースト

皆さん

こんにちは。今日はタイトルの学校ラングポーツイングリッシュカレッジについてご紹介します。

学校名:ラングポーツイングリッシュカレッジ ※’ブリスベンとシドニーにもキャンパスがあるので転校も可能です。 

学校のご紹介:5年連続、生徒様から最も評価の高い学校として選ばれた学校です。※オーストラリア全土内
この学校は、語学学校には珍しく、生徒様の好きな科目を選択できる選択授業のクラスがあります。※レベルにより選択できる範囲は限られます。
選択授業とは、読み・書き・話す・聞くの4技能から、ご自分の一番苦手な部分もしくは、好きな科目を選んで授業を受けることができます。
先生とのカウンセリグも定期的に行われているので、授業中での分からないこと、宿題のここがわからなかったなど親身に対応してくれます。 

また、アクティビティも充実しているゴールドコーストなので、学校の授業がおわったあとには、近くのビーチで海水浴、市内にも近いので買い物や
食事も楽しめます。ゴールドコーストは晴天日3000日以上と亜熱帯のような気候なので、地元の人も大都市と比べると陽気でおおらかな人が多い印象です。
緑と都市が上手く融合している都市です。 

授業時間は週25時間。通常、オーストラリアの語学学校は週20時間ですがこちらの学校は5時間も多いのですが、授業料はリーズナブルです。

一般英語の他にも英語+インターンシップコース、TOEIC5週間コース、デミペアなどのコースの用意もあります! 

【8週間の通学例】※2018年料金表に基づく
費用:
入学金$240
授業料 $385/週×8週=$3080
教材費 $15/週×8週=$120

計$3400

滞在方法:
ゴールコーストキャンパスは学生寮又はホームステイと選ぶことが出来ます。こちらの学校は学生寮も大変人気です。 

2018年の料金、パンフレット等も新しくなりましたので、詳しくは弊社までお問合せください!

La Trobe University/La Trobe Melbourne キャンパス見学ツアー

La Trobe大学のキャンパスツアー

みなさんこんにちは😀

iae留学ネットMelbourne支店です。2017年も残り2ヶ月ですね!最近夏日和が続いてみなさん体調管理はしっかりできていますか?

今年もたくさんの生徒さんといろんな学校のキャンパスツアーに参加させていただきましたが、2017年の締めくくりツアーはLa Trobe大学のキャンパスツアーになりました。

La Trobe大学はビクトリア州内に多くのキャンパスを持つ大学で、約25,000人の生徒が在籍しており、うち約3000人が留学生です。学べる分野も多く、特にHealth SciencesやEducationのコースに力を入れている大学です。国内の学生でも、教育や看護の資格のために、他州から同大学を目指す方も多くいます。

ラ・トローブ大学 キャンパス

今回はメルボルン一大きいキャンパスがあるBundooraキャンパスへ行ってきました!シティーからはバスで25分くらいです。シティーからトラム86に乗ると、大学の前まで行くことが出来ます。バスストップ、電車の駅も大学からすぐそこにあり、大学からは無料のシャトルバスも出ているので、在学中の生徒さんたちもよく利用しているようです。

ちょっと分かりにくいんですが、ここにはいろんなカフェやレストランが立ち並んでいます。学校のキャンパス内とは思えない広さ!他にも旅行代理店、銀行、郵便局などもあります。ちょっとはずれの小さい町みたいでしたよ。

キャンパス内でとても有名な像があるということでさっそく探しに。

ラ・トローブ大学 地図

ラ・トローブ大学 キャンパス

写真をさかさまにしたわけじゃないですよ。さかさまに立っているんです。

“Think out of the box” 想像力を豊かに、形にとらわれない発想力を象徴している像なんですって。ちょっと壁にぶち当たったときにはこの像を見に来れば、新しい発見が出来るだとかで在学生の人たちもよく訪れるらしいですよ。

ライブラリーはつい最近リノベーションを終えたばかりみたいで、1階はグループプロジェクトの部屋があったり、レストランみたいなブース型のデスクなどかなりオープンスペースになっています。

図書館

2階、3階になると個人でパソコンに向かうスペースが広く、私語も禁止になっていました。

ラ・トローブ大学

ちょうどNursingの授業が行われていたので少し覗かせてもうらことができました。

ナースコース

ダミー人形やら医療器具やらがあって、本当の病院かと思うくらいしっかりした設備でした。

そしてLa Trobe一番の設備がこれです。

ダミー人形

ガラス越しからしかみることが出来なかったのですが、この人形、スイッチをいれると呼吸はもちろん、瞬きや心臓の鼓動など本物の患者さんさながらの動きをするんですって。He is very Creepyと説明されました^^; うめき声などもだしたりするんだとか。😀

Nursingのコースは1年間このキャンパスで基礎を勉強して、2年目3年目は実際Hospitalで実習を積んでくので在学中はすごく大変ですが、卒業時には自信をもって現場で働けるまでに成長しているそうです。😬

キャンパス内にはモダンな建物がたくさん並んでいて、とても綺麗な作りになっていました。この教室は部屋全体が白い壁で作られていて、生徒が考えを膨らませる場所なんですって。部屋の名前も“Thinking Room”となってました。ドラマとかでよく見る壁になぐり書きってやつですね。すばらしい。😀

Thinking Room

質問コーナー

最後に少し時間があったので日本人スタッフのAsumaさんが質問タイムを作ってくれ、丁寧に答えてくれました。

この日はとても良い天気でキャンパスツアー日和でした😬

 

 

最後に記念にみんなで1枚😀

記念撮影

おおきなキャンパスだったのでたくさんあるきました!こんなところに入学したら迷っちゃう!と生徒さんも言ってましたが、ほんとに大きな大学でした。ご参加いただいた生徒のみなさん本当にありがとうございました😀

そしてツアーを行っていただいたLa TrobeのスタッフのAsumaさん、Pelineさんありがとうございました。😊

iae留学ネットではまら来年もいろいろなフェアを行っていきますので楽しみにしててくださいね!12月にはクリスマスパーティーも開催しますすので、ぜひ皆さんいらしてください😬

オーストラリア大学留学に興味のある方は
こちらから無料留学相談できます。

La Trobe(ラトローブ)大学で義肢装具学を学ぼう!

みなさんこんにちは😀
デイライトセイビングも始まり、夜の9時近くまで明るくなってきました。

さて、2017年も残すところ2ヶ月弱👆🏻2020年はオリンピックイヤーですね🌟
私はオリンピックの競技よりも開会式や閉会式を見るのが好きです(笑)
昨年のリオ五輪では東京五輪に向けてパフォーマンスがありましたが、オリンピックもパラリンピックもとっても魅力的なパフォーマンスでしたね🌟
今日はそんなパラリンピックにも関わるコースをご紹介します🚩

みなさん、義肢装具士って聞いたことありますか??

先天的、後天的な理由で手足及び体の一部を失った方のための義手・義足・義肢装具づくりの専門家のことです😀
医師の指示や、義肢や装具の装着部位の採型・採寸をして患者にぴったりの義手や義足などをつくるお仕事です。医学や義肢装具に関する専門知識のほかにも、リハビリテーションに関する知識や患者さんとのコミュニケーションも大切です。
日本でも主に専門学校などで学ぶことが可能ですが、世界的に活躍することや大学卒業資格も一緒に取得することを考えると海外の大学で学ぶことも選択肢の1つとなります。
ここメルボルンには、オーストラリアで唯一義肢装具学科をもち、世界に数校しか認定されていない国際義肢装具協会ISOPの最高教育レベル提供しているLa trobe(ラトローブ)大学があるんです✍

該当コースはこちら✍
Bachelor of Applied Science and Master of Clinical Prosthetics and Orthotics
授業料:44,000ドル(2018年/年間)
期間:4年間
入学基準:IELTS 6.5以上(全ての分野で6.0以上)
日本の大学1年生以上修了、数学、化学、物理、生物など理系科目の成績
入学時期:3月
http://www.latrobe.edu.au/courses/bachelor-of-applied-science-and-master-of-clinical-prosthetics-and-orthotics

大学/大学院コース修了者はオーストラリアでの義肢装具士の免許を取得する事が出来ます。装具は患者の手足となるとても繊細なものです。ほんの少しでも違ってきてしまうと、患者の心身ともに負担になってしまいます。したがって制作やフィッティングにも細かな作業を必要とされます。
手先が器用で、丁寧な仕事が得意な日本人にはぴったりかも🌟

すでに日本で同じコース勉強していて、オーストラリアで資格を取りたい方や義肢装具士としての経験がある方はMaster(大学院)への進学も可能です⭐
Iae留学ネット・メルボルン支店までご相談下さいませ✍

ラ・トローブ大学ツアー

iae留学ネット・メルボルン支店では、La trobe(ラトローブ)大学への見学ツアーを開催いたします✍
日程:2017年11月15日(水)9時~14時(交通状況などによって多少前後します。)
朝9時 Iae留学ネット・メルボルン支店集合
バスでラトローブ大学まで移動します。

付属の語学学校や学生寮、実習施設なども見学できて、さらにランチ付きです
予約制となりますので、ご興味のある方はお早目にご予約をお願いいたします。☀

ご予約・お問い合わせは、 iae留学ネットメルボルンまで(日本語でOK)⭐

メール melb_receptionアットiaeedunet.com
電話 0386269340 (オーストラリア国内)
日本からのフリーダイヤル 00531209640
Line   iae-japan
オーストラリア留学ならiae留学ネット

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

Accountingを学んでみませんか?

皆さん😀

こんにちは、春だというのに寒い毎日が続きますが、風邪など引かないように、皆さん気をつけてくださいね!😀

本日は、STSOLリストのAccountantについてご紹介いたします。

Accountantってどんな仕事なのか、堅そうなイメージがありますよね、、、✍
でも、オーストラリア内でお仕事されると年収も良かったりするんですよね~。
一応平均では、AU$43,052 – AU$80,032位といわれています。日本円にすると350万~720万位。。結構なお給料ですよね😬

数ある大学の中でも今回は、La Trobe大学のBachelor Of Accountingについてご案内します。✍
3年間のフルタイム、英語の入学必要条件としては、IELTS6.0、PTEなどもあります。

その他の入学必要条件としては、ラ トローブメルボルンのファンデーションプログラム等を65%クリアしていただくなど他にも入学可能な条件がございます。😀

Accountantは大抵の会社で必要な職業になるので、3年という長い期間はありますが将来性が十分ある職業ですね。😊

ラ・トローブ大学見学

弊社が今月11月15日(水)ラトローブ大学の学校見学ツアーを行います、メルボルンのバンドゥーラキャンパスに行きます、もちろんビジネスのコース以外にも開講されているのでこの機会に是非、学校見学ツアーにご参加ください!

Accountingコースについてご興味のある方、学校見学ツアーにご興味のある方、下記までご連絡ください。😀

皆様からのお問い合わせをお待ちしています😀

iae留学ネット メルボルン支店
Level5 250 Collins Street Melbourne VIC 3000
03-8626-9300

Deakin Collegeについてご紹介します!

皆さん

こんにちは。メルボルンは冬?春?に逆戻りしたような気温が続いてますが、メルボルンはこの時期、寒い日もあれば暑い日もあり、体温調節が大変難しくなる時期でもあります。🌟
部屋に暖房を入れる日もあれば、冷房を入れる日もあります。どっちなんだ?!服はどうすればいいんだ?と迷い毎日です。⭐

さて、今日はDeakin Collegeについてご案内します。

キャンパスはメルボルンのシティとジーロングといいますシティから少し離れたところにあります。キャンパスの建物はとても近代的です。キャンパスは計3箇所です。🌟

こちらでは、オンラインのMBAコースがオーストラリアのTOP20にランクされております。🌟

どのコースも入学日は3月、6月、10月となります。😬

Undergraduateは6コース、Post Graduateは1コースご用意があります。あともう一つ、Foundation Programのご用意があります。💪

Foundation Programは、Dekin大学やカレッジに進む前に必要なスキルを8ヶ月~12ヶ月お取り頂きます。コースへの入学はYear 12すなわち高校2年生を科終えていて且つ、成績もグレードBが必要となります。英語の入学必要条件は、8ヶ月のものでIELTS5.5、12ヶ月のものでIELTS5.0が必要となります。😀
このコースを取って頂ければ、Deakin大学の1年目にダイレクト入学が可能です。
こちらは、3学期制に分かれており、計8ユニット(4ユニットはコアでお取り頂き、残りの4ユニットは選択となります。🌟

これが12ヶ月となりますと上記にプラスして4ユニットを取る必要があります。😃

次にもし高校3年生以上の場合にはカレッジのディプロマコースに入学ができます。

コースの種類は、Commerce(ビジネスに必要なスキルを学ぶ)、Computing、Engineering、Health Sciences他様々なコースの用意がございます。

どのコースもIELTS5.5を取得していただくかまたは、ファンデーションコースをお取りいただいて入学、または提携のある語学学校で進学英語のクラスを決められた週数をお取り頂ければ入学が可能です。🌟

ご興味のある方いらっしゃいましたら是非ご連絡ください!😃

皆様からのお問い合わせをお待ちしています。

iae留学ネット メルボルン支店 
Level5 250 Collins Street Melbourne VIC 3000
03-8626-9300

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

VCE テストはじまります。オーストラリアの高校3年生の皆さん、あと少しですよ!!

おはようございます。カウンセラーのゆうです。メルボルンまた寒くなりました。

28度くらいの気候で今週は過ごしやすかったですが、今日は17度の予報です。😥
さて再来週からVCEテスト✍いよいよ本格的に始まります。VCEテストってという方のために少し説明を👍

VCEとはVictoria Certificate Educationの略でビクトリア州で大学に行こうときめた高校2年生と3年生がうけるカリキュラムコースのことをさします。

ちなみに各州で名前が異なる同様のカリキュラムが存在します。NSW州ではHSC、QLD州ではQCEなどと呼ばれています。😀 基本どこの州もにたような形で行われていますが、大学進学をめざし、それに有利になるようなもしくは必ず取得しておかなければそのコースに入れないような教科選択をして、その選んだ科目で大学受験を勝負できるようにするカリキュラムです。

英語は必須ですが、それ以外の科目は自由に選ぶ😀ことができますので、例えば数学が本当にきらいな学生は数学なしで2年間を過ごすことも可能ですし、あまり真剣な科目を選択したくない学生は、家庭科、グラフィックデザインなどの科目を選ぶことも可能です。✌ VCEでは高校2年生で通常英語+5科目、高校3年生で英語+4科目を選択するようになり、日々のSACとよばれる小テスト(各分野で過去のVCEテストで出された問題)をへて最終のテストにのぞみ、そこで英語と各教科のベスト3の点数が採用されて、その年にうけた生徒中のランキングがATARというスコアで示されます。このATARスコアによってどの大学のどのコースに入学できるかが決まってきます。😀

日本では模擬試験などが頻繁に行われてOO大学合格圏内👍など自分が今どこの地点にいるかが手に取るようにわかったりするので勉強の仕方がみえやすいですが、こちらは上記で示したSACの点数はわかりますが、それ以外に一体自分がどのくらいの点数が本番でとれそうだという具体的な数値がわかりません。😵そこが受験生を不安にさせる要素にもなっているかと。直前の学期休みに模擬テストを行う学校も多いですが、最終のATARスコアまではわからないので高校留学でこちらで大学受験を考えている学生さんたちにとっては不安な時期でもあります。😢

でも留学生として勉強されている皆さん、心配するには及びません。もしも希望の大学からオファーがもらえなかった場合でも1月に入ったら留学生ですので、もう一度その大学に自分のATRAスコアで再申請することも可能です。💪

もしもその大学にDiplomaコースなどが設置されていればスコアも少し低く入学することも可能ですし、申請の際にはその大学名を記入しなかったけど、この大学でもいいかもしれないと思えばあとから申請をだすことも可能です。

要は点数によって申請していなかったコースや学校、同じ大学でも違うコースでまた希望のコースに進学することも可能になるチャンスがいくらでもあるからです。

ですので、落ちたらどうしよう、低い点数でいくところがなくなったらどうしよう、という不安は忘れてください。リラックスして、前日もゆっくり寝て(日本で受験したときの前夜、突如国語でことわざがでるんじゃないかという不安にかられていきなり前夜に覚え始めた経験がある私、まったくでずその時間を睡眠にあてておけばよかったと後悔した記憶があります)

今まで勉強してきたことが存分に発揮できるように体調を整えてテストに臨んでくださいね。✌

取得した点数がよくても悪くても、それにみあった形でiae留学ネットは進学のお手伝いができます。どういう道があるか、どんな可能性があるか、経験あるスタッフにぜひご相談ください。おまちしております。👌

オーストラリア留学に関するお問い合わせはiae留学ネットまでお問い合わせください。