アクセス抜群♪お手軽観光スポットin メルボルン

こんにちは、インターン生のMoe②です♪

今回はメルボルンの観光スポットを手軽さ、アクセスのよさを重視して紹介したいと思います!

今回ご紹介するのは、

1. Colonial Tramcar Restaurant

2.Puffing Billy Railway

3.Eureka Skydeck

の三つです。

留学やワーホリでメルボルンに来たけれど、忙しくて他の都市に旅行する時間がない方や、これからメルボルン留学や旅行を考えている方にオススメです

 

1.Colonial Tramcar Restaurant

 

こちらは、旧トラムを改造したレストランです!メルボルン市内を走りながら優雅にコース料理をいただくことができます集合場所がシティにあるので、手軽に行くことができます

私はEaelyディナーの時間帯に利用しましたが、ステーキやかぼちゃのポタージュ等、とても美味しく頂きました何より、ワインのおかわりが自由なところもオススメポイントです

コースの最後にはシェフの歌のプレゼントが!とてもチャーミングなシェフでした(笑)

料金は

  • ランチ: $95
  • Eaelyディナー: $90
  • ディナー: $130~150

となっています。予約が必須なので、注意して下さい

 

2.Puffing Billy Railway

こちらもアクセスがいいので手軽に観光できるスポットです!

蒸気機関車に乗り込んでダンデノン丘陵の森林を駆け巡りますまるでリアルなディズニーシーの世界に迷い込んだようでした

また、こちらでは様々なイベントが企画されているようで、春と秋には機関車トーマスの世界が再現されたイベント、12月にはクリスマスイベントが開催されています

蒸気機関車の中でコース料理を楽しむプランもあるようです。

料金は大人$59~$77.5です♪

シティからのアクセスは、Belgrave 行きの電車に乗り、Belgrave 駅で下りて徒歩三分です!

 

3.Eureka Skydeck

これは、日本で言うスカイツリーのような建物で、メルボルンで一番高いそうです

登ってみると予想以上に高くて高所恐怖症の私には刺激が強かったです(笑)

昼間にはスリルを、夜間には夜景を楽しむことができます

エッジと呼ばれる、足元がガラス張りになるアトラクションも楽しめますので、勇気のある方は挑戦してみて下さい

 

こちらにはオーストラリアで一番高所に位置するポストがありました!ここからお手紙を出してみるのも思い出になりそうです

料金は大人$21です。

 

今回は手軽さを重視してメルボルンの三つの観光地をご紹介しました アクセスが良いので、旅行にいけない忙しい方でもリフレッシュできるスポットだと思います!

また、旅行や観光のことならMytourlinkにお問い合わせ下さい

 

次回の投稿もお楽しみに♪

留学、ワーホリに関するご相談は以下まで。

 

 

 

メルボルン三大サンデーマーケットに潜入!

こんにちは♪インターン生のMoe②です!

メルボルンにお住まいの皆さまは、休日をどのようにお過ごしですか?

メルボルンでは毎週日曜日に様々な場所でSunday Marketが行われています!

Camberwell Sunday Market

今回はメルボルンの三大サンデーマーケットをご紹介します♪

 

 

1.Camberwell Sunday Market

 

こちらは、とても大きなマーケットで古着、アクセサリー、ビンテージ食器、インテリア、レコード等、様々な物が売られています

人がたくさん集まるだけあって、歩いているだけでとてもワクワクする空間でした

お店を出しているのも地元の方々で、フリーマーケットとしての要素が強いようです!

6時半から12時半の午前限定のマーケットで、閉店間際になると、多くのお店が値下げをしていました中には全て5ドルで服を売るお店も!

特にビンテージの洋服、雑貨に興味がある方にはとてもおすすめです。

 

 

2.St Kilda Esplanade Market

このマーケットは、主にアーティストの方がハンドメイドの物を売っています

特に、アルコールのボトルでできた時計を売っているお店がとてもオシャレでした♪

お人形屋さんを営まれているご夫婦のお店はとても可愛らしく、人気でした

夕方までやっているのでゆっくりお買い物できるのが魅力です

ハンドメイドアクセサリーや、一点物のインテリアが欲しい方におすすめです!

 

3.Docklands Sunday Market

こちらは、こじんまりとしたとても小さなマーケットでした!

海沿いの広々とした通路でゆったりとした気持ちでお買い物できます

子供用品や、服が多く売られている印象です!

Docklandsにお立ち寄りの際には是非訪れてみて下さい!

 

 

本日は、三つのサンデーマーケットをご紹介しました。私のおすすめはCamberwell Sunday Marketですが、それぞれのマーケットにそれぞれの色があって、楽しかったです

日曜日はマーケット巡りでお気に入りの一点を見つけられてみてはいかがでしょうか?

 

次回の投稿もお楽しみに

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

オーストラリアで仕事探し

こんにちは!インターンのSHOです!メルボルンの気候はやはりまだ落ち着かないのかなと思った今日この頃です

今日はメルボルンで仕事を効率よく手に入れれるチャンスがあるかもしれない会社について数箇所紹介したいと思います!こちらは労働時間が1週間で20時間までの縛りがある学生ビザ保持者にも融通がきき実際私のメキシコ人の友人も上手く活用していました!

以上は完全に英語環境なのでアドバンスレベルの英語力と希望するポジションの経験が求められますがネイティブの英語に触れるナチュラルな生活を経験したい方はチャレンジする価値は十二分にあると思います!またアドバイスとしては全ての会社にレジメとカバーレター、必須では無いですがリファレンスレターがあればそれらをメールで送るといういたってシンプルな方法です!複数社から返答をいただけ第一関門を突破できればインタビューにこぎつけることができ希望のポジションに空きがありその枠に好ましい人物であれば自分の好きなときに仕事を入れることができます!仕事内容としてはウェイター・ウェイトレス、バースタッフ、ケータリングスタッフ、イベントスタッフ等…レジメを送る際に上に上げた会社それぞれ希望のポジションをリストから選べる為そこから始めていくことになります!

もし興味がある方は以上の会社をチェックしてみて下さい!

 

IAEは皆さんの悩みや疑問にお答えします!

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

元大学院生が暴露!オーストラリア大学のあれこれ☆授業と課題編☆

みなさんこんにちは^^ iae留学ネットのMaiです!

学校の図書館

カウンセリングにお越しになった際によく

「なんでメルボルンに来たんですか?」という話題になります

観光、ワーホリ、留学などなど 皆さん色々ですよね。

私は大学院留学でメルボルンに来ました。

専攻は国際関係学で国際政治、国際機関や外交問題を主に学ぶ学部です。

なのであくまで私の一例ではありますが、オーストラリアの大学院の授業システムについてお話ししたいと思います

 

まずオーストラリアの大学についてですが、、、

とにかく!とにかく厳しいです!!!!

では何が厳しいのか?

理由は主に2つあります。

 

①授業の準備!

大学や大学院で1ターム(1学期)マックスに授業を取った場合4科目受講することになります。私の場合1科目につき2時間×12週間でワンセットでした。

4科目受講した場合3か月で96時間。授業時間だけだとそんなに長くありません

しかし大変なのはその準備!

一回の授業、前半40分くらいが講師によるレクチャーで残り1時間以上はプレゼンやディスカッションです。もちろん授業はすべて英語。なので専門用語を英語で覚えるところから始めましたよ。そしてたった20分のプレゼンを準備するのに1週間はかけていました。

 

 

②尋常じゃない課題の量!!

日本の大学とは比べ物にならない課題が出ます。

例えば1科目につき2500~3000 Wordのレポートを書く機会が最低でも2回ありました。

テーマに沿った事例、機関や専門家たちの研究結果を引用して書かなければならないので1つのレポートに費やす時間はリサーチも含め約2週間。

1つのレポートが終わり、また次のレポート、授業の準備など毎日時間がいくらあっても足りませんでした。

 

こんな話を聞くと不安に思われる方もいるかもしれませんね

しかし工夫次第で乗り切れますよ!

 

私が実践したのは1週目の授業が始まる前に3か月分の予定、例えば課題の締め切りになどをすべて予定表に書き、課題が集中する時期とそれほどでもない週を明確にしました。大体1週目にプレゼンの担当週を決める授業が多いので、初めからあまり忙しくない週の担当を希望しておくとプレゼンの準備に十分な時間を確保できましたよ。

授業については私が通っていた大学ではすべての授業内容のビデオや音声が授業後に大学のウェブサイトにアップロードされていました。なので何度も何度も同じビデオを見返して復習していました。

Thinking Room

オーストラリアの大学はとても実践的です!

工夫と努力次第でとっても充実した実りのある留学生活を送れること間違いなし♪

大学留学をお考えの方、不安に思われている方、

少しでもお手伝いできたらと思いますのでお気軽にご相談くださいね

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

RMIT University ギャラリー

こんにちはインターンのSHOです!今回はアートの世界です!

アートと言えばRMITと言う大学がメルボルンでは軍を抜いて有名です!

オーストラリアのRMIT大学は1887年から120年以上の伝統を誇るオーストラリア国内を代表する国立大学の一つで最大の魅力はデザインや工学などの専門分野における職業に直接繋がる実践型の教育機関です!

個人的にIELTSの勉強をしている際にアートについてが頻繁にトピックにでてきます。そこで実際に学問的にアート関係の教科が強い大学の展示場に直接足を運んで自分の目で見て肌で感じることでアートについて問われたときに直ぐにリアクションとして返答ができるようになるのではと思いました!

皆さんもアートついて今まで考えたことや英語のConversationのトピックに出てきたことは少なからず有るのではないでしょうか?RMIT 大学の施設の一つのGalleryではDynamics of Airという卒業生の卒業プロジェクト作品などが展示されていました!

こちらをご覧下さい↓↓

RMIT Gallery Entrance

ストレス発散のヒーリング効果のあるヒノキと雫のpractical art

 

空気の波のアート

生徒の実践的で、実際のキャリアに繋がる作品を観て感銘を受けました

この作品以外にもRMIT 大学では不定期にさまざまなアートに関する展示会が行われています!

是非自分の大学の専門が芸術系の学生やアートが好きな方等ギャラリーをみに足を運んでみませんか?またRMIT大学で勉学に励むのはいかがでしょうか?

 

RMIT University Address: 344 Swanston St, Melbourne VIC 3000

 

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

はじめまして!NEWインターン生のMoeです!

はじめまして!

今月からインターンシップをさせていただく、2人目のMoeです!よろしくお願いします♪

今回のブログでは、私の自己紹介オーストラリアに来た理由をお話ししたいと思います

留学を考えている方が、メルボルンを留学先に選ぶきっかけとなるようなトピックにも触れていくので、最後までお付き合いいただけると嬉しいです!

 

 

私は、現在日本の大学の三年生で、大学のプログラムを利用してメルボルンに来ました。

留学に来てもう9ヶ月がたっています(早い!)

現在は現地の大学に通っています!大学入学前から英語が好きだったので「英語力を挙げるために絶対長期留学したい!」と考えていた夢が今叶ってる最中です、、、

 

 

では、なぜオーストラリア?

 

それは私が日本でしていたボランティアと関係があります!

私は日本で「外国につながりを持つ子供たちの教育支援ボランティア」をしていました

 

よく、「それ何?」と聞かれるのですが、

日本に移住してきた子供たちが、学習面や生活面で抱える問題を一緒に解決していくボランティアです

 

ある日、生徒の一人が「日本に長く住んでいるけれど、日本になじめている気がしない」という話をしていました。

他の生徒も「日本の学校では外国人だからできないだろうと片付けられることがある」と話していました。

そこで、日本でできたアメリカから来た友人の話を思い出しました。

彼女は「電車に乗っていると、顔をじろじろ見られていやな気持ちになる」と話していたことがあったのです。

 

 

この経験から、「外国から移住してきた方は日本の社会で生活をしていくのに困難を感じやすいのかな?」、「それはなぜ?」、「社会を変えるにはどうしたらいいの?」と考えるようになりました

 

オーストラリアは多文化社会の国です 移民がたくさん暮らしているため、彼らが多様性を尊重して生活するために政策が施されています

 

ちょっと硬くなってしまいましたが

実際に多文化主義の国に住んで、勉強する中で何か解決のヒントを見つけようと思い、オーストラリアを留学先に選びました

 

 

実際に来て感じたこととしては、、、

「さまざまな国籍の人が生活していることが普通!」(顔をじろじろ見られたことはありません

「社会の一員として参加できている気がする!」(外国人として見られていない)

です!!

 

だからこそ、英語ができて当たり前(外国人扱いされない)とみなされることもあります!

そこで、留学生活のなかで

*その国の社会に積極的に参加したい方

*英語ができて当たり前の環境に身をおいて英語力を伸ばしたい方

にはメルボルン留学を是非オススメします!!

 

最後になりましたが、これから皆さんの役に立つような情報をアップしていきたいと考えていますので、よろしくお願いします

Puffing Billyにて

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

ヨガを1日30分でもやると痩せる?!メルボルンの無料ヨガクラスはここ!

みなさんこんにちは、iae留学ネットメルボルン支店です。

もうちょっとで夏!ってところでじらしてくるメルボルンの天気ですが、10月からサマータイムも始まってだいぶ陽も長くなりましたね!

長い冬の間、おいしいもの食べ過ぎてちょっとこれから頑張らないと夏にビーチにいけない

って思っている方、これ読んで損はないですよ

夏になるとビーチやパークで清々しくYogaをやっているオーストラリア人を目にすること、ありますよね。

太陽が出るとほんとにアクティブになるオーストラリア人ですが、

私もYogaやってみたい!って思ったことありませんか?

私もYogaの体験者なのですが、Yogaをしていると自分の体に気づかされることが多く、同じポーズをしても右側は全く痛くないのに左側はめちゃくちゃ痛かったり、全然キープできなかったりするんですが、そのつらさこそがあなたの体の改善点になるんです

体のゆがみを少しずつ直して持続することが美しい体を作る第一歩。

でも、やったことないし、出来るかどうかわからないし、ちょっと試すにはお金が掛かるし、、、

と1歩踏み出せないあなた!!

お友達を誘って無料のYogaクラスに体験へいきませんか?無料で!

はまるとかなり面白いんですが、その前にまずは無料で体験してみる価値ありです

最近NSWからByron Yoga Centre、メルボルンキャンパスがオープンしました。

特にYogaのインストラクターになりたい生徒さん、Melbourneでその夢叶えられますよ!

このByron Yoga CentreがMelbourneにいる生徒さんにYogaの魅力を知ってもらうために、なんと学校が無料のYogaクラスを開催中!!

Yogaインストラクターの卵さんたちが習いたてのSkillを使って、

みなさんにYogaの素晴しさをお伝えします:)

体験だけでもいいですので、ぜひ参加してみてくださいね

日程:

月曜日または火曜日 @4時~

詳しくはこちらをご覧下さい↓↓

Byron Yoga Centre: https://www.byronyoga.com/

要予約になりますので、ご希望の方はiaeオフィスまでご連絡ください

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

Jewish Holocaust Centre(メモリアルセンター)について!

皆さんこんにちはインターン生のSHOです!

私がオーストラリアのメルボルンにいて再確認させられることはダイバーシティに富んでるということです。

それはイギリス統治時代からの政治背景、経済、建築文化、民族、食文化など一口にはとりきれないくらいです。また紆余曲折しながら目まぐるしくかわる政治、経済。こうして次から次に時は流れていることを感じさせられます

ただ時は流れるというものの流れないときも有るということを感じさせられる場所がありました。

それはJewish Holocaust Centreです。ここが今回私が是非皆さんにシェアしたいメルボルンです。どういういきさつでこの場所を知って行こうと決めたかというと以前私が通っていた語学学校である先生がschool excursionを企画する際にカフェやモダンアートだけではなく学問的に学べる場所がメルボルンには有るということで一声あげて下さってここに行くことが決まり希望生だったので私もこの機会に参加させていただきました。実はメルボルンのSt kildaと Brightonの間に位置する Caulfieldと呼ばれる地域には90%以上Jewish populationが生活を営んでるということがわかりました。その近隣にあるのがHolocaust centreです。ここには1933年-1945年の間にかけてナチスによって迫害されたユダヤの方々についての多くの史料や歴史がHolocaust survivorやボランティアや慈善家の方々から話を聞くことができ、ビルボードや文書、写真、図版や模型では分からない当時の生々しい情景や人々の感情を聞くことができる非常に貴重な学問的経験になります。

詳細は以下↓

WEB page: http://www.jhc.org.au/

場所はTramの場合シティからGlenhuntly行きの67番Tramで約30分、電車ですとSandringham Lineで約20分でアクセスできます。電車の駅名はElsternwick Station です。休館日は毎週土曜、開館時間は10時-16時です

 Location: 13-15 Selwyn St, Elsternwick VIC 3185

入館料は無料ですので是非メルボルンにいる方、また今後来る予定の方は足を運んでみて下さい。学べることが確実にある筈です!

Eternal Flame

KAPLAN Business School で賢く学費を抑えて学士、修士号ゲット!!

みなさんこんにちは、iae留学ネットです。

オーストラリアで語学以外の留学をしたい!
学士や修士取得に興味がある!
でも大学は学費が高いからムリっとあきらめているあなた!

賢くオーストラリアでの学費を抑えて学士や修士号を取りませんか?

実はオーストラリアの大学は2校を除き国公立です。
そして留学生の学費はオーストラリアの生徒より高く設定してあるんです
様々なコースの中で学費がお安めで人気があるのはビジネスコースですが、
お安めといっても一年間の学費が$28000近くかかることも。
学士の場合3年間のコースが多いので単純に考えて
28000×3=$84000と恐ろしい金額になります

しかし経済的な問題で留学をあきらめるのはもったいない!!

なぜならプライベートの専門学校でも学士や修士号が取れるんです。
本日ご紹介するのはKAPLAN Business School 
オーストラリア全土にキャンパスを持つビジネスに特化した学校です。
こちらの学校ではDiploma からBachelor(学士号)、
そして何とBusiness AdministrationとAccountingはMaster(修士号)のコースまであります
通常Bachelorは3年、Masterは2年のコースです。

気になる学費ですがなんと3年間のBachelor of Businessでも$50000以下!!
実は日本とは反対でオーストラリアはプライベートの学校のほうが学費が安くなることが多いんです。
大学でBachelor of Businessを専攻する場合3年間で約$84000が必要と考えると
とってもお得ですよね

しかし取得できる学士や修士号は同じです。
また成績次第ではさらに学費が10%オフになる奨学金がもらえることも!!
正規の授業料が三年間で約$50000なので10%オフで約$45000になります

KAPLAN Business School ではアカウンティング、ファイナンス、ホスピタリティー、マネージメント、マーケティングとコースが細分化されているので基礎知識のほかに高度な専門知識もきちんと学べますよ。

ご興味を持ったあなた。
お気軽にiae留学ネットまでお問い合わせください。

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

KAPLAN Business School Australiaでビジネスのプロフェッショナルを目指しませんか?

皆さんこんにちは。iae留学ネットです。
オーストラリアで英語を勉強したけどもっと何かを学びたい。

日本で仕事を探すときに強みになる何かが欲しい。そんなあなた!!KAPLAN Business School でビジネスの勉強をしませんか?

KAPLANは1938年から80年以上という長い歴史を持つ学校です。
メルボルン、シドニー、ブリスベンやアデレードなどオースとラリア全土にキャンパスを構えています。またアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、ベトナム、インド、中国など世界中に2600以上のパートナー企業をもつとてもグローバルな学校です。2017年にはオーストラリア全土で2000人以上の方がKAPLAN Business School で学ばれるなど大変人気の学校ですよ。

人気の秘密はビジネスに特化しているのでとても実践的な知識が学べること
ビジネスコースと一口に言ってもアカウンティング、ファイナンス、ホスピタリティー、マネージメント、マーケティングと細分化されています。

つまりビジネスの基礎 + 分野ごとの深い知識 が学べるんです!!
例えばすべてのコースで必須科目として経済やビジネスコミュニ―ケーション、アカウンティングなどの基礎を学びます。

そしてコースごとの選択授業ではアカウンティング専攻の場合アカウンティングのシステムや税金の法律、ファイナンス専攻なら投資や金融と国際貿易になどのユニットで専門分野についての理解を深めます。

またKAPLANと提携を持つパートナ企業でのインターンシップも選択できるので、より実践的な知識や経験を得られ今後のキャリアにもとても有益です
インターンシップ先は学校が手配し面接の結果で決まります。
オーストラリアでのコネクションを広げるためにもおススメですよ。

Bachelor of Businessは3年間のコースで1学期につき2~3教科を勉強します。
1日につき1教科クラスを受講した場合通学するのは基本的に週に2~3日ですが、
時間割によっては1日で2教科受講できるので週1日の通学も可能です

また英語力などの条件を満たしていればBachelorへの直接入学出来ますが、
Diplomaで1年間のコースもあります。
DiplomaではBachelorの基礎科目と同じ授業を学ぶので後にBachelorへ進学する場合は
Diploma1年で大学の2年目に入学が可能です

オーストラリアでビジネスを学びたい。
KAPLAN Business School に興味を持ったあなた。

お気軽にiae留学ネットまでご連絡ください。
スタッフ一同お待ちしております。

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談