オーストラリアスラング ~G’Day mate~

オーストラリアの港

こんにちは、インターン生のRyoです

先日スタッフblogを読んでいたら、インターナショナルネームについての記事を発見

詳しくはこちら
https://iaeau.com/blog/international-name/

実は、僕もインターナショナルネームを持っています
曽祖父がブラジル人で、その名前を使っていました
オーストラリアに来た当初は使っていたのですが、自己紹介のときに

え?日本人だよね?とか本当の名前は何?だとか質問されることが多く、めんどくさくなってしまって使うのをやめてしまいました

それはさておき、オーストラリアで生活している人なら少なからずオーストラリアンスラングを聞いたことがあるんではないでしょうか
僕もオーストラリア人の友人と話していると、いまだに知らない言い回しや単語などがでてきます

例えばネットに乗っているような言い回し

Cuppa(カパッ)   → cup of tea の略称
Choccy(チョッキー) → チョコレート
Biccy(ビッキー)   → ビスケット
Avo(アヴォ)     → アボカド

など、ありますが実際に耳にすることはほぼありません
知っていれば会話のネタにはなります笑

が、しかしオーストラリア英語特有の単語
例えば

No worries(ノーウォーリーズ) → 大丈夫、気にしないで
Macca’s(マッカス)  → マクドナルド
Heaps(ヒープス)  → 沢山の、大勢の
Sunnies(サニーズ) → サングラス
Thongs(ソングズ)  → ビーチサンダル
※アメリカやイギリスでは女性用の下着の意味になるので注意

などは会話中ももちろん、買い物に言った際にもでてきます
こういった実際に現地で生活して、現地の人と話さなければ分からないことが沢山あります。
もちろん言葉だけでなく、文化、習慣、価値観の違いなど日本にいたら経験できないことばかりです

是非あなたもオーストラリアで生活して沢山の人、文化に触れてみませんか

オーストラリア留学をお考えのあなた!
iae留学ネットの無料相談へお気軽に質問してください。

One thought on “オーストラリアスラング ~G’Day mate~”

コメントは停止中です。