21歳バースデー

みなさんこんにちは!本日の気温39度
また真夏日が到来、こんな暑い日にトラムに乗ると冷房が壊れている時もしばしば、、、
まさにサウナ状態で地獄のようですさて少し前のブログでオーストラリアのパーティーについて書いたのですが、今回はこっちの友達の21歳のバースデーパティーの参加したときのことを書いていきたいと思います!

前のブログにも書いたようにこちらでは21歳のバースデーは1番盛大に祝うと言われているので、凄くわくわくしながら行きました

すごく可愛い招待状がとどいたのでそこに書かれた場所へ行くと、すごく大きな教会が 一瞬大きすぎてえ??本当にここであってる?と思ったくらいでした、、、

バースデー21歳

中に入ると更にビックリ!!
まるで結婚式の披露宴のよう!そしてラブリー
盛大なパーティーと言っても人10人くらいがで集まって音楽をかけながらお酒を飲んだりプレゼントを渡したりで盛り上がるイメージだったのですが何十人単位でテーブル、お菓子も用意されていてびっくりしました笑

21歳のパーティ

その友達はトンガ系ニュージーランド人なのですが、招かれていた客は友人他、親戚一同勢ぞろい!と言う感じでした!
皆トンガの伝統的なダンスや歌、儀式等楽しんでいて、ここにて始めてトンガの文化にも触れることが出来ました

もちろん子どもたちもたくさん来ていて、綺麗に着飾って踊ったりしていてとても可愛かったです

最初の儀式も結婚式のようで、主役の友人の入場、両親への挨拶、両親からの挨拶など改まった式でした、

ご飯もバイキング形式で、伝統料理からホタテ、カキ、エビやタコなど沢山の種類の海鮮、そしてもちろんお肉、そして豊富なスイーツまであって過去1番かなバイキングといえるほどでした。。

そのあと何度かの衣装替えと共に1つの儀式とダンス、、、
さすが多文化なオーストラリア!
まわりのオーストラリアの友人もすごーい!と開いた口がふさがらないようでした笑
オーストラリアは様々なバックグラウンドを持つ○○系オージー、そして移民が多い国なのでこんな普段関わることのない文化に触れることができる数少ない国ですね!

一番驚いた儀式は、主役の友人が衣装の上から全身にローションのようなものを塗りたくり、踊り続け、その曲中にみんながドル札をどんどん身体に貼っていくと言う儀式です!!
おもしろい!そしてうらやましい!!
日本にもこの儀式をやってほしいくらいです

もちろん今回の友人がトンガのバックグラウンドを持っているのでオーストラリアならでは!のパーティーとは異なりますが、オーストラリアでしか出来ない貴重な体験になりましたし、トンガのゆったりとした南国バカンスのような雰囲気、皆笑顔で楽しそうに伝統音楽を踊っていてすごく素敵な文化だなと思いました

こんな豪華で素敵な21歳のバースデーパーティーに参加で来て本当によかったです!
みなさんもオーストラリアだけでなく様々な国の文化を経験できる機会が沢山あるはずです!ここにいる間にもっと色んな文化に触れてみたいですね☆

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

ディスカバーイングリッシュ メルボルン

皆さん

こんにちは。

今日はメルボルンにディスカバーイングリッシュをご紹介します! 

学校名:Discover English メルボルンキャンパス
学校ご紹介:
ディスカバーイングリッシュは弊社の目の前にあります日本人の生徒様にとても人気な学校です。日本人スタッフの方は3名おりまして1名は受付を対応されており(英語/日本語可)。
もう1名はアコモデーション担当の方で、生徒様のホームステイ先でのお困りごとなどを解決してくださいます。
こちらの学校はホームステイの管理や斡旋など全てこの学校がしておりまして、この担当者がその管理をしております、とても気さくな方で休憩時間や学校が終わると皆さん話にいかれますので予約が必要なほど、とのことです。 
もう1名の方は、学校内での授業のお困りごとなどを解決してくれる日本人カウンセラーです。とても気さくで対応は常に迅速で、生徒様が入学してすぐの1週間目はフォローアップのメールと共に、授業の様子などを写真で送ってくださっていて、フォローアップがとても行き届いている学校ですよ~。 
こちらの学校は、毎日無料でアクティビティを行っております。ジョブクラブや移民博物館に行ったり、映画鑑賞やカレーの食べ放題(こちらは$6位^^::)があったり、そして土日には有料とはなりますが雪山に遊びに行ったり、温泉ツアーに出かけたりなど様々です。バリスタクラスなどもあるようです。 

また、国籍比率も気になるところかと思います。最新の国籍比率はコロンビア17%、タイ15%、台湾15%、日本と韓国が10%となります。その他は南米やヨーロッパの生徒様もいらっしゃいます。 

語学学校は毎週月曜日が入校日、毎週金曜日が卒業日となりますので国籍比率はタイムリーなものではございません。 

こちらの学校は通常の授業のほかに、無料のクラスもありましてグラマーやスピーキングなど曜日によって内容が違います。この無料クラスの良い点としては、他のレベルのクラスの人と関われるので、上のクラスの人から教わることもたくさんあります。

毎週水曜日にはジョブクラブが設けられており、レジュメの書き方や面接の練習を先生とできるようです。 

一般英語のクラスの初級~中上級の方は午後開始になります。月~金の週5日です。下記、タイムテーブルとなります。1日最大6時間受講頂けて、1週間最高30時間ご受講頂けます。 
11:00~12:00 Supervised self study (ご説明は下記をご確認ください。)
12:00~13:00 無料選択授業 (ご説明は下記をご確認ください。)
13:30~15:30 セッション1
15:30~15:45 休憩
15:45~17:45 セッション2

Supervised self study ⇒こちらは先生が図書館に常駐している時間帯でして、本やDVDの貸し出しの他、授業で疑問に思ったことや、その他なんでも質問して頂けます。また、図書館のコンピューターを使って自己学習ができるプログラムを利用することができます。 

無料選択授業⇒日替わりのオプショナル授業を選択頂けます。こちらの全てのレベルの方が対象となっております。 

月⇒発音クラス。授業内容は、発音のコツ(アクセントの置く位置)、発音矯正。
火⇒オウストラリアーナ。授業内容は、オーストラリアの文化と英語(スラング、イディオム)
水⇒文法クラス。授業内容は、基本的な文法のおさらいと強化になります。
木⇒ドラマクラブ。授業内容は、ロールプレイング、シアターゲームとなります。
金⇒会話クラス。授業内容は、ディスカッション(時事問題、文化、環境)などです。 

【ディスカバー校12週間(3ヵ月)のお見積り】※2018年
入学金:$220
授業料:週$340×12週=$4080
教材費:$70※こちらレベルが上がるごとに$70の費用が掛かります。レベルは10週間位で上がるとお考えください。 

合計$4370(393,300円※例レート90円)

ご興味のある方は是非、iae留学ネットまでお問合せください^^

日本とオーストラリアの大学生の違い

みなさんこんにちは!
最近昼間は天気が良く暑いくらいなのに朝晩寒く、格好に困っています。。
日本みたいに完全に夏服と冬服を分ける!と言うことがこっちでは出来ないですね。。
未だに慣れません

さて、もうこっちの大学での全ての授業がそろそろ終わろうしているのですが、今日は私が7ヶ月実際の大学での学部聴講をして感じた日本の大学生との違いを書いて行きたいと思います!

オーストラリアの学校

まず服装ですが日本の大学生は人目を考えてある程度身なりを整えた服装、また全ての持ち物を1つの大きなかばんに入れて来る生徒が多数ですが、オーストラリアの学生は基本冬はパーカー夏はタンクトップ、そしてボトムスには男子生徒はデニム、女子生徒は動きやすいスパッツのようなものをはいている人が本当に多いです!
まさにジョギングスタイル
楽そうで良いなあとは思うのですが日本スタイルに慣れている私は未だ挑戦できていません
また、鞄はもちろん日本のようなトートバッグ、リュック様々ですが、割と授業がパソコンスタイルなこちらでは、パソコンとペンだけ手持ちで持ってくると言う人も多いんです
常に鞄の中に色々入れている私にとって、忘れ物はない??
とひやひやするばかりです。。。笑

また授業は日本のように講義を大教室で聴くスタイルのクラス、そしてもう1つ、少人数でディスカッションをするセミナーというスタイルが、1つの授業に対してセットになっています!
なので嫌でもきちんと聞いて話せるよう備えておかなければならないので、
授業に対しての意識は高まります’

日本の生徒だと出席しても、寝たりスマホをいじったり、何となく聴いてると言う生徒も中にはいますが、基本的にこっちの大学ではそれならそもそも来ない、来るならしっかり聴いて意見を発言をし、パソコンにメモを取ると言うまじめな生徒が多いです

それもそのはず、日本より格段に単位をとるのが難しくて、真面目にやっても取れない人もいる、更に取れても成績の評価によって将来判断されることが多いため、皆必死なんです
平日の図書館はテスト期間関係なくたっくさんの生徒が勉強しています。。。

また、課題の量も私の通っている日本の大学だと基本最終テストかレポートのどちらか、あって中間レポートかテストの合計1~2課題ですが、こっちでは1つの授業につき3レポート、もしくはプレゼンとレポート2個、レポート2個とテストなど、3つも課題があり、1つの授業に重みを感じます。。。
日本って何て楽だったの~??て思っちゃうくらいです

こんなに大変な授業ですが雰囲気はとてもラフで、リンゴをかじりながら発言したり、笑
先生も机に座って話していたり、足癖は先生生徒と共に悪かったりします笑
ですがはなしていることは本当にしっかりしていて真面目なのでなんだか面白いなあと思いますし、堅苦しくなく先生と対等に話し合えるのはなんだか素敵だなあと思います

学生 生活

帰国したらまた日本の大学に戻る予定なので少し私も態度を改めよう。。。と言う気持ちになりました笑

こちらでしか経験できない貴重な体験もあと少し!
残りの授業、課題頑張りたいと思います

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

めずらしいたべものに挑戦

皆さんこんにちは! 
インターンのはるかです

メルボルンは寒くなったり暑くなったりで体調管理が大変ですね! 

突然ですが、“お肉”といえば何を想像されますか? 

牛肉?豚肉?チキン? 
日本ではこの三種類がメインですよね!

オーストラリアは移民国家のため、世界中の国のレストランがあり、文化や土地柄が異なると食べるお肉の種類も違うため、こちらでは驚くようなお肉が売っているんです
そこでオーストラリアで食べられるユニークなお肉について調べてみました

インドの人が牛を神聖なものとして食べることはタブーだったり、イスラム教の人が豚肉を食べなかったり、フランス人がウサギを食べたり、 
こちらでは、え?これも食べるの??というものがあったのでいくつかご紹介します

まずはじめにカンガルー。 
オーストラリアといえば一番に思いつくコアラと同じくらいポピュラーな動物ですが、オージーはお肉として食べます

今はオーストラリアの総人口よりもカンガルーの方が多いようですが、 
野生保護か厳しいため数のコントロールが難しいようです

そのため、カンガルーを食べるよう促すニュースも


カンガルーのお肉はスーパーで簡単に購入が可能です。 

他のお肉に比べて高級品のようで、毎日食べられたら贅沢ですね

私もホームステイをしていた時にファミリーが作ってくれました! 

カンガルー肉
味はビーフのフィレに近いような!とても美味しかったです


次にラクダのお肉。 
ラクダなんて日本では見るのも珍しいのに食べられるなんて驚きですよね
こちらも食べてみました! 

ラクダのお肉

私は、お肉自体ではなく、パテになったものハンバーガーで食べたのですが 
これまたビーフパテに似ているような 


今のところすべてビーフにたとえていますが私、味音痴ではないですよ


さらにはワニのお肉
見た目はタコのようなチキンのような 
私はまだ試したことがないですが、とても気になります

味の予想はチキンみたいな感じだと思います。 
ワニって脂肪が少なそうですしね


オーストラリアでは色々なお肉が食べられますが、 
カンガルーのお肉が一番お手軽にトライできると思います

皆さんも日本では食べないお肉探ししてみてください

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

2018年の目標はたてましたか?

オーストラリア ケーキ

こんにちは、ハッピーニューイヤ〜

2018年も早いもので1月半ばに
入ってきましたね〜

こんな感じで、2018年もあっと言う間に
過ぎて行くのでしょうか?

今年こそは、きちんと目標をさだめて
この早い流れにのってスタートダッシュを
きりたい今日このごろのマサヤです。

なんでも、そうですが、流れにのってしまえば
後はスムーズに行ってくれること間違いなしです!

自転車もはじめのこぎ出しは、バランスが悪く
コケやすいですが、スピードがついてくると
安定するじゃないですか!

それと一緒です!

はじめはきついですが、
続けていけば、安定して
辛くなくなります。

2月まで待ってては駄目です。

すぐに目標決めて、行動あるのみです!

行動、行動、行動(自分にも言い聞かせるために3回書きました。)

ちなみに、僕の2018年の目標は
料理の腕をもっと上げることです。

オーストラリアで日本食は本当に
人気がでてきました。

友達などを家に招いての
パーティなどで唐揚げや卵焼きなど、
簡単にできるものをちょっと出しただけでも

「Oh YES!」と言われます。

この勢いで、ちょっと手の込んだ
料理を出してあげれば、もっと喜んで
頂けるのではと思いまして、

今年は料理の腕を上げていきたいと
思います。

料理を教えてくれる人募集中です!

オーストラリア留学でシェフになりたい人
ホスピタリティ関係を学びたい人
お気軽にiae留学ネットにお問合せ下さい。

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

オーストラリアのレア記念硬貨☆

みなさんこんにちは!
最近は晴れが続いており今日は暑いですね

さて突然ですが、みなさんはオーストラリアのコインをまじまじと見たことは有りますか??日本よりもカード社会なオーストラリアではそもそもなかなか現金を使うことも少ないですよね、、!

ですが!オーストラリアのコインドルには可愛い記念硬貨が何種類もあるんですって!

今回はその中の2ドルについて紹介していきたいと思います

まず普段私たちがよく目にする2ドルといえばこれですよね!

ゴールドコイン

表がオーストラリア女王エリザベス2世、そしてアボリジニと南十字星となっています!

ですが限定品がこちら!
私もこんなのがあると知らなかったのですがある日受付のりささんに教えてもらって初めてみました
りささんはすでに4枚も持っているようですうらやましいー!!

メモリアル コイン

こちらがその写真なのですが右の2枚が2016年のリオデジャネイロオリンピック、パラリンピックを記念した限定の記念硬貨で五輪に合わせて色も、赤、青、黄色、緑、黒と5色あるそうです!輪の中はダチョウとカンガルーが描かれており、そして表は通常と同じエリザベス2世になっています!

そして左の2枚は第1次世界大戦の戦死者を弔う意味があり、上の赤い方はアンザック軍上陸から100周年を記念して作られたコインで、戦地に咲いていたポピーの花と十字架が描かれており、
Lest We Forget(私たちは忘れない)と言う文字が記されています。

そして下のオレンジのコインは激戦地となったフランダース野出の夕焼けが表されているそうです、、
オーストラリアの戦争での歴史はあまり習ったことがなく知らないことが多かったですが、こっちに来てオーストラリアの多くの人が戦争の犠牲になったこと、日本からの被害を受けたことを痛感しました。。

これらのほか戦争を弔うコインは他にも大きなポピィの花が描かれたものなどもあるようです。

またその他最近ではポッサムが中央に描かれ柄の輪で囲まれているとってもおしゃれなコインも出ているそうです
私もそのポッサムのコインはネットの写真でしか見たことないのですが, めちゃくちゃ可愛くて欲しいです

皆さんはどれか記念硬貨持ってたりしますか?こんなの持っていたら使うのがもったいないですね

今までコインなんて一回一回確かめて見ることはなかっけどこのことを知ると今度から毎回チェックしてしまいそうです笑
お買い物も楽しくなるかも!

皆さんもこれから硬貨、ちらっと確かめてみてはいかがでしょうか?

ここには載せてない記念硬貨をgetできるかも!

限定品なので巡り会えたらラッキーですよ~

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

Milestones English Academy/日本人比率の少ない学校に通ってみませんか?

mile stone english

皆さんこんにちは。

今日は語学学校に長くお得に通いたい人必見の学校をご紹介します。

 

語学学校に行ってついついやってしまいがちなのが、そこで出会う日本人と友達になってついつい日本語で話してしまうこと、、。

敢えて日本人比率の低い学校で、英語漬けの日々を送って見ませんか?

Milestones English Academy  は比較的新しい学校でキャンパスも綺麗です。日本の学校で英語の先生をしていた経験を持つ先生もいて、トライアルを受けた生徒さんからのフィードバックも好評です。

キャンパスはシティ内にありとてもアクセスがよく、授業前や後にショッピングやカフェに行くのにも困りませんよ!

 

語学学校に通っているとやっと少し英語が話せるようになってきたのに、、というところで学校が終わってしまうということもしばしば。 
もちろん長く通えたらいいけど、やっぱり学費もかかるし、、という方にはもってこいの長く通うほどお得になるこの機会に是非ご検討くださいませ。 

 

現在10週以上の申し込みの方にはもう2週無料などのプロモーションの最中です!

こちらのプロモーションは1月末までのお申し込みとなっておりますので、ちょっとでも気になったらぜひぜひiae留学ネットまでお早めにお問い合わせください。

Bayside International EnglishでIELTSを学ぼう!@メルボルン

皆さん、こんにちは。

今日はメルボルンにあります、ベイサイドイングリッシュカレッジをご紹介します!

学校名:Bayside International English College

学校のご紹介:こちらの学校はセントキルダにキャンパスがあり、学校というよりはおウチにいるような感じでとてもアットホームです。 

生徒様はラテン系、ヨーロッパ系の生徒様が多いようです。※20%~30%です。
ただ、こちらの国籍比率は変動します。 

こちらの特徴はIELTSのコースがとても人気です。今年からIELTSはフルタイムだけではなく、ライティングのみのコースも開講したりと料金も大変フレキシブルです。IELTSもジェネラルとアカデミック両方あります。 

【2018年ご料金】※フルタイム
授業料:週$300
入学金、教材費は別途発生します。
※フルタイムは最低でも5週間のお申込が必要です。 

IELTSのクラスはMAX8人なので少人数制です。つい先日、学校のWEBサイトが更新されましたので、見てみてくださいね^^ 
http://www.baysidecollege.com.au/timetable/

2018年のお得な割引情報は弊社までお問合せください!

メルボルンは40度越え。。

メルボルンの気温

皆さん

こんにちは!

メルボルン先週の土曜日40度越えの天気でした、外はまるでオーブンの中にいるかのような猛暑と熱風でした。。

もちろんニュースでもメルボルンの大使館等でも注意喚起が出されておりました。朝の早い時間のうちに掃除をしてしまおうと考え、前日より計画を立てたものの朝から熱風?朝の8時頃だったのですが、窓拭き掃除は早々に済ませました。

メルボルンの川

日中、お昼の14時頃に車の温度計を見るとなんと44度越えでした!!実際は上がって42度でした笑 ニュースを見るとどこでも天気の話ばかり、予想していた通り火事のニュースを見たときはやっぱりなと思いましたね~。

翌日の日曜日のシドニーは47度だったとか、日本のニュースでも載ってましたね

メルボルン今夏は、朝6時ー8時位だと14度~17度位で歩くには調度良い季節ですよ~。
写真のようにメルボルンは晴天の日が多いので。歩くと、トラムや電車では発見できない路地裏のお店などあるし、マップで見るよりは遥かに場所の位置関係が掴めるのでお勧めです。

食べ物ばかりも良いですが、メルボルン物価は安くないので違う方に目を向けるのも良いかもしれないですね~。

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added

iae留学ネットのインターンって??

iaeインターンシップ

レセプションのリサです
現在レセプションではインターンシップ生を募集しています
今回はiaeのインターンについて書きたいと思います

 

実は私も最初はインターンから始めて今のポジションに居ます。

ここでは経験が重要視されるためインターンで得たことが今に結びついたのかなと思います。

インターンをやっていたからこそ今居るインターンの気持ちも分かるので電話対応に苦戦したりすることもすごく分かります。

でも3ヶ月はあっという間インターンをやってみて本当にいろんな事を調べる癖がつきました。

そしてなんでも写真を撮ることも笑
疑問に思ったら聞いてみる調べるこうしたことをすることによってメルボルンの生活がぐっと楽しくなります。

私がインターンの時のブログも探してみました。

時間があれば是非読んでみてくださいね

http://australia-study.net/internship/internship-risa/

ではインターンって具体的には何をするか?

私と一緒に受付での来客対応や電話対応、
そして留学生以外にも様々な企業や学校の方が多数いらっしゃるので各国のカウンセラーにご案内するのが一番の業務です。

一番大切なのが臨機応変な対応
それ以外に、オーストラリアでの生活にまつわるサポート(自分自身の経験が話せるチャンス)、パソコン事務、オーストラリア、メルボルンの情報を更新、マーケティング(ソーシャルメディア、イベント広報&企画&実行補助など)、ツアーデスクにおける通訳サポート、簡単な英文翻訳等を行っていただいています。

4月には留学イベントがあるのでそのお手伝いもしていただきます。
いろんな国の生徒さんと関われるのでとっても楽しいです。

過去のインターン生はイベントを企画してくれたり(現在行っているFREE MOVIEの企画もインターン生が考えて、形になったものなんです)Web作成が得意なインターン生はiae留学ネットのFacebookをどうしたら盛り上げられるか?を真剣に考えてくれました。

3ヶ月というと長く感じるかもしれませんが実際やってみると皆口をそろえて早いといいます。笑

3ヶ月以上やってくれるインターン生も居るくらいなんです。
自分を変えたい企業で働きたい、そんな気持ちを持っている方大歓迎です。
もちろん英語は必須ですがやりたい気持ちを出来るだけ応援します。
インターンの募集お待ちしております。

今までにインターンをしてくれた感想をまとめています
http://australia-study.net/internship/

こちらにメルボルンの人気ブログが集まっています。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

iae留学ネットのLINEも宜しく!
Friends Added