RMIT University ギャラリー

こんにちはインターンのSHOです!今回はアートの世界です!

アートと言えばRMITと言う大学がメルボルンでは軍を抜いて有名です!

オーストラリアのRMIT大学は1887年から120年以上の伝統を誇るオーストラリア国内を代表する国立大学の一つで最大の魅力はデザインや工学などの専門分野における職業に直接繋がる実践型の教育機関です!

個人的にIELTSの勉強をしている際にアートについてが頻繁にトピックにでてきます。そこで実際に学問的にアート関係の教科が強い大学の展示場に直接足を運んで自分の目で見て肌で感じることでアートについて問われたときに直ぐにリアクションとして返答ができるようになるのではと思いました!

皆さんもアートついて今まで考えたことや英語のConversationのトピックに出てきたことは少なからず有るのではないでしょうか?RMIT 大学の施設の一つのGalleryではDynamics of Airという卒業生の卒業プロジェクト作品などが展示されていました!

こちらをご覧下さい↓↓

RMIT Gallery Entrance

ストレス発散のヒーリング効果のあるヒノキと雫のpractical art

 

空気の波のアート

生徒の実践的で、実際のキャリアに繋がる作品を観て感銘を受けました

この作品以外にもRMIT 大学では不定期にさまざまなアートに関する展示会が行われています!

是非自分の大学の専門が芸術系の学生やアートが好きな方等ギャラリーをみに足を運んでみませんか?またRMIT大学で勉学に励むのはいかがでしょうか?

 

RMIT University Address344 Swanston St, Melbourne VIC 3000

 

 

iae edu net のお問い合わせは以下まで↓

 

はじめまして!NEWインターン生のMoeです!

はじめまして!

今月からインターンシップをさせていただく、2人目のMoeです!よろしくお願いします♪

今回のブログでは、私の自己紹介オーストラリアに来た理由をお話ししたいと思います

留学を考えている方が、メルボルンを留学先に選ぶきっかけとなるようなトピックにも触れていくので、最後までお付き合いいただけると嬉しいです!

 

 

私は、現在日本の大学の三年生で、大学のプログラムを利用してメルボルンに来ました。

留学に来てもう9ヶ月がたっています(早い!)

現在は現地の大学に通っています!大学入学前から英語が好きだったので「英語力を挙げるために絶対長期留学したい!」と考えていた夢が今叶ってる最中です、、、

 

 

では、なぜオーストラリア?

 

それは私が日本でしていたボランティアと関係があります!

私は日本で「外国につながりを持つ子供たちの教育支援ボランティア」をしていました

 

よく、「それ何?」と聞かれるのですが、

日本に移住してきた子供たちが、学習面や生活面で抱える問題を一緒に解決していくボランティアです

 

ある日、生徒の一人が「日本に長く住んでいるけれど、日本になじめている気がしない」という話をしていました。

他の生徒も「日本の学校では外国人だからできないだろうと片付けられることがある」と話していました。

そこで、日本でできたアメリカから来た友人の話を思い出しました。

彼女は「電車に乗っていると、顔をじろじろ見られていやな気持ちになる」と話していたことがあったのです。

 

 

この経験から、「外国から移住してきた方は日本の社会で生活をしていくのに困難を感じやすいのかな?」、「それはなぜ?」、「社会を変えるにはどうしたらいいの?」と考えるようになりました

 

オーストラリアは多文化社会の国です 移民がたくさん暮らしているため、彼らが多様性を尊重して生活するために政策が施されています

 

ちょっと硬くなってしまいましたが

実際に多文化主義の国に住んで、勉強する中で何か解決のヒントを見つけようと思い、オーストラリアを留学先に選びました

 

 

実際に来て感じたこととしては、、、

「さまざまな国籍の人が生活していることが普通!」(顔をじろじろ見られたことはありません

「社会の一員として参加できている気がする!」(外国人として見られていない)

です!!

 

だからこそ、英語ができて当たり前(外国人扱いされない)とみなされることもあります!

そこで、留学生活のなかで

*その国の社会に積極的に参加したい方

*英語ができて当たり前の環境に身をおいて英語力を伸ばしたい方

にはメルボルン留学を是非オススメします!!

 

最後になりましたが、これから皆さんの役に立つような情報をアップしていきたいと考えていますので、よろしくお願いします

Puffing Billyにて

ミスコミュニケーションを避ける為に使いたい英語フレーズ

皆さんこんにちは!インターンのSHOです!

ネイティブスピーカーとの会話や電話で聞き取れ無かったりしたときWhat?,eh?,sorry?,pardon?を使いすぎていないでしょうか?

また今まで相手が話していることを理解していないのに、はっきりしていないまま聞き逃していたり分かったふりをしてしまったことはないでしょうか?今日はそういう状況になったときに使える英語のフレーズについて紹介します!

言葉は聞き取れたが意味が理解できない場合

  • What do you mean by …?(それはどういうことですか?)
  • Could  you explain what…?(説明していただけないしょうか?)
  • Are you saying that…? (つまり…と言っているのですか?)
  • I am not really with you.(すみません、ついていけません)
  • Could you give me an example of …?(例えをいただけませんか?)

繰り返し聞く場合

  • Could you speak up a little? I can not hear you very well.(少し聞き取りづらいのでもう少しはっきり話してくれませんか?)
  • I beg your pardon.(もう一度おねがいできますか?)
  • What was …again?(… でしたっけ)
  • Hang on second. That is too much to take(write) in all at once.(メモを取ることが多いので少し待ってください)
  • I did not catch(hear)…(すみません、聞き取れませんでした)
  • Did you say…?(…といいましたか?)

以上は個人的に使っているフレーズや実際にネイティブの方々が頻繁に使用しているフレーズです!このほかにも色々言い方は有りますのでこれってどうなのかなと思うものが有ればいつでもメッセージ送ってください!!!!

何かオーストラリアの生活や学校について疑問がありましたら、どんなことでもお気軽にお問い合わせもしくはiaeオフィスまでお越し下さいお待ちしております!

ワーホリ・留学生活で日本から持ってくると便利なもの☆

メルボルン市内アジアンスーパー

皆さんこんにちは!インターンのMoeです

今回はメルボルンに滞在している私が日本から持ってきて良かったものと必要なかったものについてお話ししたいと思います!

 

まず、持ってきて良かったものからご紹介します:)

 

・海外プラグ
日本とオーストラリアのコンセントのプラグの形は異なるので、日本から持ってきた充電器などを使う際にはオーストラリアのOタイプのプラグが必要です。
メルボルンにはダイソーがあるのでそちらで取り扱いはされているのですが、私が行った際はOタイプのプラグだけ売り切れていました
Big Wなどにも海外プラグが売っているのですが、いくつかのタイプのプラグが1つになっていいるもので、オーストラリアではその1つしか使えなく、値段も少し高めでした。
なので、私は日本からいくつか持ってきて良かったなと思いました!

 

・ピンチハンガー
シェアハウスではベランダや室内の共同スペースに洗濯物を干す場所があることがよくあります。特に、男性・女性が一緒に住むシェアハウスでは下着などを部屋に干す場合に小さいピンチハンガーなどがあると便利です:)

 

・パソコン
パソコンは課題を行ったりレジュメなどを作成したりする際にあると便利だと思います。
ワーホリの方はパソコンは図書館などで使用することができるので無くても大丈夫ですが、家でレジュメを少し変えたい時などにあった方が便利だと思います。
また、携帯が壊れてしまった際などにはパソコンがあるとLINEなどのSNSを使用することもできるので便利です!

 

・薬系、コンタクトなど
薬局では日本と同じように風邪薬から花粉症の薬など様々な薬が販売されています。ですが、薬系やコンタクトは自分に合うものなどがあると思うので、普段から使っている薬などがある方は持ってきた方が良いと思います。
また、中国系のマートでは日本の目薬やアイボンなども購入することができますが、日本で購入するのと比べると倍ぐらいの値段のものもあるので、日本の商品を使いたい方で節約したい方は日本から持ってきたほうが良いと思います!

 

・日焼け止めや化粧品系
日焼け止めはもちろん現地でも購入できますが、日本の日焼け止めに比べると強いものが多いので肌が弱い方などは持ってきた方が良いと思います。
化粧品は、海外ブランドの化粧品を使われている方は同じ商品があるものがほとんどですが、たまに日本やアジア系でしか販売されていない商品があったり、同じ色のものが無かったりするので、こだわりがある方は持ってきた方が良いと思います!
日本の化粧品は薬系と同じように中国系のマートで購入することができるものが多いですが、値段は日本で購入するのに比べると高いです

ちなみに、日本の乳液と化粧水を使用したい方はメルボルンには無印があるので、個人的に無印の化粧水と乳液がおすすめです♪

 

・TOEICなどの教材の本
勉強する際に日本語で説明が書かれている教材を使いたい方はオーストラリアで購入することはできないので、そのような教材は日本から持ってきたほうが良いと思います。

 

 

次に、私が意外と持ってくる必要が無かったと感じたものをご紹介します。

それが、味の素やコンソメなどの調味料インスタントのスープや味噌汁です。

私はアメリカに留学をしていた経験があり、その時はアジアンレストランの数もそんなに多くなくアジアンスーパーもすぐに行ける距離ではなかったので、その時の経験を踏まえて今回はインスタントの味噌汁や調味料を持ってきたのですが、メルボルン市内にはアジアンレストランやアジアンスーパーがたくさんあるのと味噌汁などはそんなに高くない値段で購入することができるので持って来なくて良かったなと思いました!

コンソメはなどは日本のものと少し味は異なりますが、Colesなどでオーストラリアのものが売られているので安く購入することができます!

Colesで購入できるストックキューブ

 

さて、ここまでメルボルンに滞在している私が持ってきて良かったものと必要なかったものについてお話しさせていただきましたが、いかがだったでしょうか?:)

持ってきて良かったものでは様々なものをご紹介しましたが、メルボルンにはアジア系のマートから無印、ダイソーなどもあるのでほとんどの日本の商品を手に入れることができます。

なので、もし日本から持ってくるのを忘れてしまった場合でも購入できるものが多いかと思います☆

私も初めてメルボルンに来た時は私が日本で使っているものをほとんど見かけたので本当に驚きました!

メルボルンは本当に多国籍な街だなと改めて感じます

 

iaeのオフィスでは本の貸し出しも行っているので、日本の本を読みたい方やTOEICなどの教材を使用したい方は是非iaeオフィスにいらしてください:)
お待ちしております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガを1日30分でもやると痩せる?!メルボルンの無料ヨガクラスはここ!

みなさんこんにちは、iae留学ネットメルボルン支店です。

もうちょっとで夏!ってところでじらしてくるメルボルンの天気ですが、10月からサマータイムも始まってだいぶ陽も長くなりましたね!

長い冬の間、おいしいもの食べ過ぎてちょっとこれから頑張らないと夏にビーチにいけない

って思っている方、これ読んで損はないですよ

夏になるとビーチやパークで清々しくYogaをやっているオーストラリア人を目にすること、ありますよね。

太陽が出るとほんとにアクティブになるオーストラリア人ですが、

私もYogaやってみたい!って思ったことありませんか?

私もYogaの体験者なのですが、Yogaをしていると自分の体に気づかされることが多く、同じポーズをしても右側は全く痛くないのに左側はめちゃくちゃ痛かったり、全然キープできなかったりするんですが、そのつらさこそがあなたの体の改善点になるんです

体のゆがみを少しずつ直して持続することが美しい体を作る第一歩。

でも、やったことないし、出来るかどうかわからないし、ちょっと試すにはお金が掛かるし、、、

と1歩踏み出せないあなた!!

お友達を誘って無料のYogaクラスに体験へいきませんか?無料で!

はまるとかなり面白いんですが、その前にまずは無料で体験してみる価値ありです

最近NSWからByron Yoga Centre、メルボルンキャンパスがオープンしました。

特にYogaのインストラクターになりたい生徒さん、Melbourneでその夢叶えられますよ!

このByron Yoga CentreがMelbourneにいる生徒さんにYogaの魅力を知ってもらうために、なんと学校が無料のYogaクラスを開催中!!

Yogaインストラクターの卵さんたちが習いたてのSkillを使って、

みなさんにYogaの素晴しさをお伝えします:)

体験だけでもいいですので、ぜひ参加してみてくださいね

日程:

月曜日または火曜日 @4時~

詳しくはこちらをご覧下さい↓↓

Byron Yoga Centre: https://www.byronyoga.com/

要予約になりますので、ご希望の方はiaeオフィスまでご連絡ください

 

Melbourne市内のおすすめのスタディースペース3つ!

皆さんこんにちは!SHOです!

今日は皆さんにMelbourne の学習スペース情報について少しシェアしたいと思います!

メルボルンでお店の営業時間や空きスペースを気にしたり、勉強に集中できる環境が少なかったり、、、

本来の目的は勉強に集中して知識を得るために時間をなるべく使いたいのに、勉強スペース探しに時間をとられてしまうようでは本末転倒ですよね…:(

そこで勉強する場所に困らないように、予め自分が見つけたおすすめの勉強できる場所についてシェアします!

- 勉強スペース3選 -

  • スターバックス

  • City library

  • Dockland library

一つ目は

スターバックスです!

なぜスターバックスが良いのか…

どの店舗もコンディションが一定という点と、勉強している人が多いということです!自分以外に勉強している人の存在はとても外的モチベーションになります。

特に会社帰りのビジネスマンや自分と同じくらいの歳の方がひたむきに学ぶ時間を作り、自分自身を毎日育てている姿は筆舌尽くしがたく心を動かされ行動に移す原動力になります!

特にメルボルンセントラル駅の近辺でビクトリア図書館の正面に位置するスターバックスは夜12時迄空いているので十分に自分の課題に取り組むことができます!以下にロケーションをはって置きます↓

CBD starbucks :295 Swanston St, Melbourne VIC 3000


2つ目のおすすめの場所は

City libraryです!

ここはflinder station の近隣にありアクセスはシティ内どこからでも良いと思います!また設置のパソコンを使うことができ、モノクロ印刷、カラー印刷ができるのもありがたいです。

もちろんFREE WI‐FIもあります!

ケンブリッジ英検、IELTS,PTE などのセルフスタディ用のアカデッミック教材が十分に整っているのも学習者やこれから資格取得を目指す

人たちにとっても重宝するものになると思います。またCity library ESLという企画ではconversation class、reading  classというのが開催されているのも特徴です。これについてはまた次回以降紹介させていただきます!インプット作業をする場所としては最適な場所だと思います。

WEB LINK 以下https://www.melbourne.vic.gov.au/community/libraries/Pages/libraries.aspx

City Library 入り口

LOCATION:253 Flinders Ln, Melbourne VIC 3000


3つ目は

Dock land library

こちらは街の中心から少し外れ、フリートラムゾーン(路面電車を無料で利用できるエリア)の終点に位置するのでアクセスも大変便利です。1階は雑誌コーナーの他にカフェも設置されています。2階には勉強用スペース、3階には卓球台や人口芝生があるエリアで寝転んでリラックスできます

またfree wifi も完備されており、それぞれのテーブルには充電プラグが備え付けられてあります。立地が港に面している為夕日もきれいに見られるかもです!

LOCATION:107 Victoria Harbour Promenade, Docklands VIC 3008

WEB LINK:https://www.melbourne.vic.gov.au/community/hubs-bookable-spaces/the-dock/library-at-the-dock/Pages/library-at-the-dock.aspx

シェアハウスの探し方☆

 

Docklandsの風景

皆さんこんにちは、インターンのMoeです

メルボルンに留学やワーキングホリデーで来ている方でシェアハウスに住む方がほとんどだと思います。

そこで、今回は私のシェアハウスの探し方についてご紹介します!

私はいつもインターネットのいくつかのサイトを利用してシェアハウス探しをしていますが、まずは日本人の方々がよく使うサイトからご紹介したいと思います。

 

日豪プレス https://life.nichigopress.jp/mel/accommo/
Go豪メルボルン https://www.gogomelbourne.com.au/classifieds/accom/

こちらの2つのサイトはお仕事探しの投稿でもご紹介したサイトで、日本人向けのサイトなので日本語で部屋を探すことが出来てとても便利です:)

日本人の方で家探しや仕事探しの際にこちらのサイトを利用される方が多いと思います。

家探しの場合、特に日本人やアジア人とのシェアハウスを希望する方におすすめのサイトです!

 

Gumtree   https://www.gumtree.com.au/s-home-garden/c18397

こちらのサイトはオーストラリア最大級のクラシファイドサイトで英語でシェアハウスを探す形になります。

特に、英語で連絡を取りたい方、様々な国の方と暮らしてみたい方などにおすすめのサイトです!

GumTreeではシティー内の家だけでなくシティー外の家も多く投稿されているのでシティー外の家に住みたい方もこちらで探すのがおすすめです。


次にもう1つ私がおすすめしたいのが韓国人向けのサイトです。

 

メルボルンに住む韓国人向けのサイトでHojuBada(http://www.hojubada.com/board.php?board=newshare)
MerbourneSky(https://melbsky.com/bbs/board.php?bo_table=c02)
という2つのサイトがあります。

どちらも家探しや仕事探しを出来るサイトなのですが、韓国人向けのサイトなので全て韓国語で記載されています。

なので、Microsoft Translatorというアプリを利用してページをそのまま日本語や英語に翻訳して利用するのがおすすめです!!

Microsoft Translatorアプリ

アプリの翻訳なので完璧な翻訳ではないのですが、理解は出来る程度なので、あとは下の方に記載されている電話番号などの連絡先に英語で連絡すれば大丈夫です

もし、翻訳で理解できないところがあれば連絡した際に聞いてみてください:)

 

私はこの韓国人向けのサイトを韓国人の友人を通して知りましたが、おすすめしたい理由が、
・日本人向けのサイトよりもシェアハウスの投稿数が多い
・良い家が多い
・日本人がいない家を見つけやすい
という理由です。

これらの理由はあくまでも私の感想ですが、私が家探しをした時は日本人向けのサイトよりも投稿されているシェアハウスの量が多く、良い家が多かったです。
韓国人向けのサイトなので韓国人やアジア人のハウスメートの家が多いですが、中にはアジア人以外のシェアハウスなどもあります!

日本人の方が住んでいるお家も結構あります:)

私はメルボルンに来てからいくつかの家に住みましたが、ほとんど韓国のサイトを利用して家探しをしました!

翻訳をしたりするのに少し手間がかかりますが、家探しの選択肢が広がるので自分に合った家を探すために是非活用してみてください

 

さて、ここからは家探しをする時の注意点について少しお話ししたいと思います。

家探しをする際にほとんどの場合、家を決める前にインスペクションに行って家を見に行くことが可能です。

シェアハウスではリビングシェアがあったりすることも多いですが、リビングシェアの形は様々でリビングシェアのスペースがとても広く、リビングがほとんど無かったり、リビングシェアの数が記載されている数と違ったりすることもあります..。

なので、インスペクションに行かないとどのような家になっているか分からないので、インスペクションには必ず行った方が良いと思います!

インスペクションに行った際、確認する事項として
・シェアするものの確認
・食器やキッチン道具
・冷蔵庫と冷凍庫
・コンロやオーブン
・洗濯機や干す場所
・お風呂のシャワー
・冷暖房
を私は必ず確認するようにしています!

最初の方は、よく確認しなかったためにお風呂のシャワーがすごく弱かったり、コンロがいくつか壊れていて使用不可能だったり、冷蔵庫のスペースが不十分だったりと様々なことがありました…。
改めてちゃんと確認することは大事だなと思いました

また、シェアハウスでは最初のデポジットの金額や家賃の支払い方法、最低滞在日数、家から出る際の連絡の仕方なども家によって異なるので忘れずにご確認ください!!

 

今回は私のシェアハウス探しについてご紹介させていただきました:)

皆さんのお家探しの際に少しでも参考になったら嬉しいです!

便利なサイトを活用して是非自分に合った家を探してみてください

 

 

 

 

 

Jewish Holocaust Centre(メモリアルセンター)について!

皆さんこんにちはインターン生のSHOです!

私がオーストラリアのメルボルンにいて再確認させられることはダイバーシティに富んでるということです。

それはイギリス統治時代からの政治背景、経済、建築文化、民族、食文化など一口にはとりきれないくらいです。また紆余曲折しながら目まぐるしくかわる政治、経済。こうして次から次に時は流れていることを感じさせられます

ただ時は流れるというものの流れないときも有るということを感じさせられる場所がありました。

それはJewish Holocaust Centreです。ここが今回私が是非皆さんにシェアしたいメルボルンです。どういういきさつでこの場所を知って行こうと決めたかというと以前私が通っていた語学学校である先生がschool excursionを企画する際にカフェやモダンアートだけではなく学問的に学べる場所がメルボルンには有るということで一声あげて下さってここに行くことが決まり希望生だったので私もこの機会に参加させていただきました。実はメルボルンのSt kildaと Brightonの間に位置する Caulfieldと呼ばれる地域には90%以上Jewish populationが生活を営んでるということがわかりました。その近隣にあるのがHolocaust centreです。ここには1933年-1945年の間にかけてナチスによって迫害されたユダヤの方々についての多くの史料や歴史がHolocaust survivorやボランティアや慈善家の方々から話を聞くことができ、ビルボードや文書、写真、図版や模型では分からない当時の生々しい情景や人々の感情を聞くことができる非常に貴重な学問的経験になります。

詳細は以下↓

WEB page: http://www.jhc.org.au/

場所はTramの場合シティからGlenhuntly行きの67番Tramで約30分、電車ですとSandringham Lineで約20分でアクセスできます。電車の駅名はElsternwick Station です。休館日は毎週土曜、開館時間は10時-16時です

 Location: 13-15 Selwyn St, Elsternwick VIC 3185

入館料は無料ですので是非メルボルンにいる方、また今後来る予定の方は足を運んでみて下さい。学べることが確実にある筈です!

Eternal Flame

KAPLAN Business School Australiaでビジネスのプロフェッショナルを目指しませんか?


皆さんこんにちは!iae留学ネットです

「オーストラリアで英語を勉強したけどもっと何かを学びたい。」

「日本で仕事を探すときに強みになる何かが欲しい。」

「キャリアアップを目指したい!」

そんなあなた!!

KAPLAN Business School でビジネスの勉強をしませんか?

KAPLANは80年以上という長い歴史を持つ学校です
メルボルン、シドニー、ブリスベンやアデレードなどオースとラリア全土にキャンパスを構えています。
またアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、ベトナム、インド、中国など世界中に2600以上のパートナー企業をもつ、
とてもグローバルな学校です。
2017年にはオーストラリア全土で2000人以上の方がKAPLAN Business School で学ばれるなど大変人気の学校ですよ

人気の秘密は…
ビジネスに特化しているのでとても実践的な知識が学べること!!

ビジネスコースと一口に言ってもアカウンティング、ファイナンス、ホスピタリティー、マネージメント、マーケティングと細分化されています。

つまり、

ビジネスの基礎 + 分野ごとの深い知識 が学べるのです!

例えば、すべてのコースでコアユニットとして経済やビジネスコミュニ―ケーション、アカウンティングなどの基礎を学びます

そしてコースごとの選択授業ではアカウンティング専攻の場合アカウンティングのシステムや税金の法律、ファイナンス専攻なら投資や金融と国際貿易になどのユニットで専門分野についての理解を深めます。

コースはBachelorの場合、週2日3年間!

基本的には1日につき1教科で2日ですが

時間割によっては1日で2教科、つまり週1日の通学も可能です

また、英語力などの条件を満たしていればBachelorへの直接入学が可能ですが、
Diplomaで1年間のコースもあります。

DiplomaではBachelorのコアユニットと同じ授業を学ぶので、
後にBachelorへ進学する際は、すでにとっている科目は免除されBachelorのコース期間が短縮されます!

「オーストラリアでビジネスを学びたい。」

その想い、実現させませんか?

KAPLAN Business School に興味を持ったあなた。
お気軽に弊社までご連絡ください!

 

 

スタッフ一同お待ちしております^^
iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!

iae留学ネット

iae留学ネットメルボルン支店 

Level 5, 250 Collins street, Melbourne 3000 VIC Australia
(日本語医療センターの上)
03 8626 9340(オーストラリア国内から, 日本語ライン)
00531209640 (日本からのフリーダイヤル)
Line ID; iae-japan
https://iaeau.com/

日本ブーム in メルボルン オーストラリア

サザンクロスステーション
サザンクロスステーション メルボルンの雨の雰囲気

メルボルンは昨日は33度まで気温が上昇して暑かった〜

っと思ったら今日は雨の気まぐれ屋さんなメルボルンの天気です。

さてさて、ようやく雨が降ってくれました〜

今年は雨がなかなか降ってくれずに
ファーマーの人は本当にきつかったと思います。

特にクイーンズランド州の上の方は
干ばつ続きでTVを通してたくさんの
寄付を募っているぐらい深刻でした。

もっともっと雨が降って、たくさんの農場が
回復してほしいと願っている今日このごろのマスです。

さてさて、最近メルボルンビクトリーと
言うサッカークラブに本田選手が来ているので
たくさんの日本人の人を街で見かけるようになりました。
*本田選手のせいでかはわかりませんが…

来週、開催されるメルボルンカップと言う
世界的に有名な競馬のレースにも日本の馬が
来るみたいで、かなり人気みたいです。

さら〜に、今月末からJAPANESE FILMフェスティバルがメルボルンで開催され日本旋風が吹き荒れています。

そして、来年の1月にはテニスの全豪オープンで
錦織圭選手がプレーしに来ると思うので、
こんなホットな街 メルボルンって素敵やな〜

みんなも来てみて〜 雰囲気味わって〜

本当に思います。

オーストラリア人の観光客も日本へ
たくさん行くようになったし、よく友達に
日本の旅のプランを練ってあげたりと
日本ブームです〜

オーストラリアに来て、見て、ください。

日本をでると、日本のいい所がもっと発見できます!

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談