オーストラリアの空

オーストラリアの空
オーストラリアの空は広い

こんにちは

オフィスでみんなで寒〜いって
いいながら冬を楽しんでいる
今日このごろのiaeオフィスです。

さてさて、オーストラリア メルボルンの
冬は他のオーストラリアの州に比べて
寒いし、雨もたくさん降ってたくさんの人が
冬は嫌や〜って言いますが、

僕は結構すきかも〜とたまに思います。
それはオーストラリア メルボルンの
空です。

クイーンズランド州のように毎日
真っ青な空もいいですが、
ここビクトリア州の空は毎日
表情があって本当に楽しいです。

毎日電車にのって外を見ていると
毎日見慣れている景色ですが、
なんか空の表情で違った都市に来ている
錯覚をうけます。

ときにはダイナミックに、時には普通に
ときには快晴に、本当に空をみているだけで
面白いです。

そして、雲の間から時々現れる
お日様の光は幻想的な景色を見せてくれます。

虹もたくさんでるので、メルボルンはインスタばえの街です!

夏もいいですが、冬も表情がたくさんあって
オーストラリア メルボルンは素敵な街です〜

オーストラリア留学きませんか?

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

Mykiも支払いも携帯で♪

こんにちは♪

前回のBlogでも書かれていましたが。。

メルボルン寒いです!(笑)

今週は最低気温が1桁。。

そして雨が降るので体感温度がとても低いように感じます

 

こんな寒い時はどこにも行きたくない。。笑

必要最低限しか外出しません

 

私はお家の近くにセブイレブンなどマイキーを

チャージできるところがありません。

最近よく広告等でアンドロイドでマイキーが使える!

というものを見るので使ってみることにしました

 

↓アンドロイド マイキー


まずグーグルペイの中にMykiをインストールします。

そして自分が連携させたいクレジットカードやキャッシュカードの情報を入力します。

10ドルからMykiにはチャージすることができ

オートチャージでいつでもMykiにお金が入っている状態を保つことができます◎

 

私は毎日トラムに乗るわけではなく週に2回ほどなので

トラムを利用する時にチャージするようにしています

スマートフォンを無くしたりした場合もMykiを保護する機能もついているので安心ですよね

 

グーグルペイではクレジットカードやキャッシュカードも利用することができます

 

何に使ったかも一目瞭然です♪

 

また近くにグーグルペイ対応のお店があることも知らせてくれます♪

 

これなら万が一お財布を忘れて外出した時でも安心ですよね

私はネット決済の際にもグーグルペイを活用しています

お持ちのスマートフォンにグーグルペイを搭載してみてはいかがでしょうか

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

冬が寒すぎて。。。What I wish I knew about winter in Melbourne!

皆さん、こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?

インターンのKAZUKIです

メルボルンに来てから、もうすぐ一年になります!

紅葉のシーズンになりました!

私自身は冬は大好きなのですが、予想以上に

メルボルンの冬が厳しかったので、かなりてこずっています!笑

そこで今回はメルボルンの防寒対策として、

知っておけばよかったと思うことをシェアしたいと思います!

①ヒーターは基本的にない!

日本のようにファンヒーターやこたつ、ましてや

北海道やカナダにあるようなセントラルヒーティングシステムは基本ありません!

ヒーターはないことはないですが、長時間の使用は電力をかなり消費するので、

日本のような快適さを求めるとかなり高くつくかと思います。

なので、日本の湯たんぽや厚手の洋服を用意しておくことをお勧めします!

ゆたんぽはとても便利!コンパクトなものがあれば良い!

部屋の中は想像以上に冷え込むので、

寝るときはゆたんぽを持参すると快適に睡眠できることができます!

私は持参してこなかったので、布団に包まりながら当時は寝ていました。。。

 

②のどと鼻は必ずガード!

私を含め友達、同僚が風邪をひくのを何度も目の当たりにしてきました。

予防策としてはお茶などを持参して常に体を温めることが大事だと思います。

私はあたたかい煎茶をチョイス!

私自身結構メルボルンの冬を侮り、数回風邪を引いたことがありました。。。

こちらの人はマスクをつけません!

マスクは外科用なので病院でつけるものという概念があります。

天候も乾燥したり、冬の天気はかなり変わるので予防はかなり必要だと悟りました!

友人からいただいた日本のアメ!

また、のど飴等でのどをケアしたり常に良いコンディションをキープするは必須だと思います。

下にオーストラリアの風邪薬についてのリンクを張っておきます!

オーストラリアの風邪薬大解剖!

 

③冬のメルボルンは天気がCRAZY!

メルボルンの天気はシーズンは全体的にクレイジーです!笑

 

「Four seasons in one day」という言葉があるくらい、天気の変化は激しいです。。。

晴れたと思えば雨が降り出し、

快晴でどこかに行こうと思えば30秒後には

サンダーストームなんてこともざらです

南国オーストラリアだとは思いがたい天気予報

常時に曇り、雨なので太陽がとても恋しいです。。。

④まとめ

いかがったでしょうか??

メルボルンに来る前は「おそらく大丈夫だろう!」と少し楽観的に考えていましたが

実際に住んで見ると予想以上に冬が厳しいことをこの身をもって体感しました笑

こちらに留学や冬シーズンの観光をお考えの場合はしっかりと準備しておくことを

おススメします!

 

iae Edu Net Melbourne
(iae留学ネット・オーストラリア メルボルン支店)
Level 5 250 Collins St Melbourne VIC 3000 Australia
(日本語医療センターの上)

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

 

 

 

 

 

 

児童英語指導者の資格、J‐SHINE/TECSOLを大解剖!

児童英語指導者のJ-SHINE/TECSOL
児童英語指導者のJ-SHINE/TECSOLをオーストラリアで学ぶ

みなさん、こんにちは。
冬が近づいてきたと思い、気合いを入れて着込みすぎたら
汗をかきがちな私からお届けするブログのお時間です。

1日の温度差が激しいため、風邪には気を付けてくださいね~!

さて!観光ビザ、ワーキングホリデーで来て、
たった6週間で2つの資格がとれるってご存知でしたか?

今回はオーストラリアで学ぶ児童英語指導者のJ-SHINE/TECSOLについてご紹介いたします!

日本の学校教育では、現在小学5年生から
外国語活動が必修であります。

ただ、やはり現小学校の先生の中にも
英語なんてできない~!

という方はたくさんいらっしゃいます。

そこで、教員免許を持っていなくても、
このJ-SHINE/TECSOLの資格を持っていれば、
輝けるチャンスあり!

JSHINEとは?TECSOLとは?

JSHINEは、Japan Shoggako Instructors of English といい、
日本の小学生英語指導者として資格認定を行うNPOを指します。

小学校での英語教育を質の良いものにするために、
教育体制の支援作りを目的としています。

TECSOLはTeaching English to Child Speakers of Other Languagesといい、英語を母国語としない児童に英語を教える資格です。

その資格はどう使えるの? 日本での英語教育は
2020年から小学3年生から始まるとされています。

J-SHINEの資格では、外国語活動の間、担任の先生の
アシストをすること、または日本人児童向けの英会話の
先生として活躍することができます。

TECSOLは、日本だけではなく、世界で使える資格なので、
オーストラリアでの資格取得後、日本以外の海外で児童英語の
指導者として働くことが可能となります。

中級レベルの英語力がないと入学できないコースなので、
英語力のアピールとしてもつかえます♪

お仕事の選択肢が広がりますよね!

授業では何を学ぶの? フォニックス(読み書きと発音指導)から、
児童心理学など、小学校での外国語活動を想定したレッスン等を学びます。

J-SHINEは日本の小学校で使える資格のため、授業は日本語となります。

日本の文化等を指導する、2週間の教育実習もチャイルドケアセンターであるため、模擬授業のレッスンもあり、しっかり練習をすることができるので安心ですね。

TECSOLでは歌、ゲーム、絵本などを通して英語を指導する技術を磨いたり、クラスルーム英語なども学ぶことができます。

また実際に現地の小学校を見学することもできます。

ただTECSOLは、他の国籍の方も取得できるため、授業は英語になります。

そのためこちらの2つの資格を取るには、Intermediateレベル(英検2級・TOEIC 500程度)の英語力が求められます。

そして、ついにオーストラリアのメルボルンにもJ-SHINE/TECSOLコースがIH Melbourne で7月1日から開講することになりました!

6週間のコースとなっていますので、何か勉強するには時間がないと思っていた方にオススメです!

学校に行ってただ英語を勉強するのでなく、資格を取って日本へ帰りたいという方。 12週間も勉強は長すぎるから短期間で、何か為になるものを勉強したいという方。

ぜひJ-SHINE/TECSOLの資格を、視野に入れてみませんか? ご興味がございましたら、いつでもiae留学ネット メルボルン支店までお問い合わせください。

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

物価の高さに負けないオーストラリア生活!

メルボルン紅葉がとても綺麗です

そんなメルボルンも今週半ばからグッと

気温が下がり一気に冬になりそうです。

オーストラリアって物価が高い

きっと誰もがそう感じた事があると思います。

 

私も初めてコンビニで飲み物を買おうとした時

コーラの高さに驚き物価が高いんだな、と感じたのを覚えています。笑

 

そんなオーストラリアですがセールの割引率は

日本よりも断然高い気がします

 

デパートなどももちろんですが

スーパーも安くなっている物を狙えば

かなり節約できます◎

 

私は日用品から雑貨まで安い時を狙って

購入しています

割引情報を仕入れる簡単な方法。。

チラシアプリー

Shopfully

 

本当に便利なんです

日用品から食品、デパート関係、電化製品まで

幅広く対応しています◎

 

スーパーのチラシ↓

 

薬局のチラシ↓

などなど。。

その期間セールになっているものが

お店に足を運ばなくてもすぐに分かります♪

しかもハーフプライス!!!!半額!!

割引率が凄い

 

 

サプリメントまでセールになっています

私はこのアプリを見て何が安くなっているか

確認してお買い物に行くようになってかなり

節約できているように感じます♪

 

大変便利なので是非~

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

熱中オーストラリア

オーストラリア メルボルン
オーストラリア メルボルンの有名な観光名所のフリンダース駅

こんにちは〜

オーストラリアのメルボルンも最近冬に
なってきました。

冬になると寒いし、夕方の6時にはもう
暗くなってしまうので、なかなか気分的には
パッとしないですが、スキーしたり、映画を見たり、
読書をしたり、スープや温かいものが美味しい季節で
なかなか冬も悪くないな〜と思う今日このごろのマスです。

さてさて、受付でインターンをしてくれている
KAZUKIさんとコーヒーの話をしていました。

KAZUKIさんはコーヒーの専門家で
ここオーストラリアのメルボルンでも
インターン以外にカフェ・バーで
豆の管理やらエスプレッソ抽出のお仕事など…

それはそれはコーヒーの専門用語がいっぱい
でてくる中でお仕事もされています。

ここメルボルンはコーヒーの聖地とよばれるぐらい
世界でも有名なコーヒー、カフェの場所です。

そんな場所で日本人でコーヒーの専門家として働いている
KAZUKIさんはものすごい人やな〜と思っていて
スキがあれば、コーヒーのことを色々教えてもらっています。

やっぱし、極めている人のお話は
教わることがたくさんあるので、
夢中で聞いてしまいます。

そんな中、この間聞いた話は、
いっぱい2500円するコーヒーを
飲んだんだとか…

ひえ〜っと驚く僕を横目に
「ワインも一緒ですよね、ピンからキリまであるし…」

って言っていました。

KAZUKIさん 「かっけえ」 って
思ってしまいました。

僕の素人の目線だと、コーヒーに
2500円も出す?ってな感じですが、
極めて、愛している人にはモーマンタイ(無問題)だそうです。

これってなんでもそうですよね?

先程、言っていたワインもそうです〜
僕みたいな素人は1000円でも高く感じますが
ワインを研究して愛している人には2万円、3万円でも
だして飲む。

英語を勉強している人も、はじめは気軽にNOVAに駅前留学で
いいか〜ってな感じで始めたけど、英語を愛して、極めようと
している人はもっと勉強したい、今度は留学して英語を勉強する!

などなど、お金が物事の判断材料になってきますよね?

話が色々脱線してきましたが、

僕の言いたいことは

「YOU〜何かに熱中してみれば?」

ってなことです。

何かに熱中して、極めようとしている方は
本当にカッコイイと思います。

なんせ2500円のコーヒーを飲んでしまうんですから〜

あなたもオーストラリア留学やワーキングホリデーで
オーストラリアで熱中できることを見つけてみれば?

もしそれがコーヒーならKAZUKIさんが
色々教えてくれると思います!お早めに〜

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

オーストラリアで大学院も夢じゃない

オーストラリアの大学院進学
オーストラリアの大学院進学するための説明

みなさん、こんにちはiae留学ネットです。

最近めっきり寒くなり、暗くのも早くなり冬到来ですね。。。
先日、寒すぎて火鍋を食べに行きました。
お鍋が恋しい季節になりましたね。。。。

そんな私のお鍋の話は置いといて。

もうすぐ専門学校・大学・大学院の入学の時期ですねー!

今日は皆さんにオーストラリアの大学院に入学するためのIELTSの入学基準についてお話したいと思います!

皆さんの中には。。。。 日本の大学を卒業してオーストラリアの大学院に
進学したい。 オーストラリアの大学を出て大学院に進みたい。

興味あるけど。。。英語圏の大学院なんて不安。
って思ってる方いらっしゃるんじゃないでしょうか?

そんな方に必見!!IELTSのスコアがめちゃくちゃ高くなくても
大学院に行けるんです!!

コースによってはIELTS6.0(一般英語でいうAdvancedレベル)で行ける
大学院があるんです!

語学学校でしっかり英語の勉強を頑張ってすれば
IELTS6.0は取れる点数です。

どんなコースがあるかというと。。。。

1. ビジネス学
2. 文学
3. コンピューターサイエンス学
4. IT学
5. メディア学
6. 観光学
7. 公共経営学
8. エンジニア学
9. 健康科学
10. 公衆衛生学
11. 環境学

どうですか?

こんなにもたくさんのコースがIELTS6.0で
大学院に進学できるんです!

少しは大学院への進学へ興味が
出てきたんではないでしょうか?

学校によって入学基準が異なりますので、
詳しい内容は弊社まで越しいただくか、
お気軽にお問い合わせくださいませ!

2020年2月入学に向けて一緒に準備を始めませんか?
ご不明点やご質問も、いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

iae Edu Net Melbourne (iae留学ネット・オーストラリア メルボルン支店) Level 5 250 Collins St Melbourne VIC 3000 Australia (日本語医療センターの上)

 

 

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

海外で日本の書籍を読みたい!

こんにちは♪Rinaです

もう6月も3週目が終わりそうで。。

1年の半分経ったのか、と時間の早さに

驚いています

 

空いた時間や寝る前などに

本を少しずつ読むのが好きなのですが

日本から持ってきた本はもう読み終わってしまい

日本から郵送してもらうのもお金がかかるな。。

と思い電子書籍で読もう、と思いました。

 

初めての電子書籍で、少々抵抗はあったものの

いざ電子書籍で読んでみると便利

 

日本の書籍だけでなく、海外の書籍を購入することもできます◎

 

しかし、オーストラリアにいるのでI tunesやBook Liveの利用はできませんでした

Play storeやI tunes storeの国設定をオーストラリアに

変更してしまっているので購入が難しく・・

色々探した結果↓

Amazon Kindle

だと難なく日本の書籍を購入、購読することができました

 

本の種類も豊富で、読んでいるとハイライトで大事なところを

教えてくれる機能もついています!

 

購入はカード決済ができるのでとても簡単。

郵送のように届くまで待つこともないですし

重たい本を持ち歩くこともないので大変便利です!

I padやタブレットでも利用できます。

 

私は待ち合わせの合間や、電車を待っている時間などに

読みたいので携帯で利用しています。

 

サンプルもあるのでどのような文で書かれているかも

購入前に確認できるので大変便利です

どこにいても日本の書籍が購入でき、

携帯1つで読める・・・

大変便利な時代ですよね

また、iaeにも本の貸し出しサービスを行っています!

アイエルツなどの参考書もありますので是非ご利用下さい!

レセプションにお気軽にお声かけ下さいね

 

それでは

Have a lovely weekend

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

世界の中心で愛をさけぶ?ウルル旅行2泊3日Ver.

こんにちは。レセプションのRisaです

今回はウルル旅行に行ってきたことを書きたいと思います

まず、ウルルを見に行きたかった理由。


「世界の中心で愛をさけぶ」の舞台だったから…

そこに行きたい!!!そんな単純な理由でいったのが始まりでした。笑
(実際メインの叫んだところはウルルじゃなくキングスキャニオンだったようです。笑)
調べるまでメルボルンからかなり遠いことも知らず…
地図を見てビックリしたのを覚えています。笑
オーストラリアは本当に大きい!!!

私は去年の9月20日から23日で航空券はJetstarでセールがやっていたので安く手に入ったので航空券を真っ先に買いました。(片道353ドルでした!)

次はツアー探し!

もちろんツアーはiae留学ネットにある旅行エージェントMy tourinkにて相談しました!

ツアーは色んなオプションがツアー会社ごとに分かれています!

ツアー出発の場所も様々で、アリススプリングス出発や空港からと様々です。
飛行機もツアーを見てからきめた方が選択肢が広がるとツアーの人から聞きました。

私の場合2泊3日&空港からの出発だったのでツアーは1つの会社しかなく、なんでも悩んでしまう私にとっては悩まずに済みましたが…

実際は3泊4日の方がお勧め
ゆっくり観光できて、時間にも余裕があるのでおすすめ!

航空券、ツアーと決まったら何を持っていったらいいか?用意したもの-2泊3日Ver.

☆ツアー予約時のバウチャー(ツアーを予約した紙)

☆水のペットボトル 3リットル(ツアー中にも購入できますが割高!)

☆水用ボトル(キャンプ場で水を汲めます。)

☆日焼け止め(毎日灼熱です。バスの中でも焼けます。)

☆サングラス

☆サンダル

☆スニーカー or 登山靴(赤い土で汚れてしまうので真っ白な靴はオススメしません。)

☆つばの広い帽子、ハエよけ帽子

☆3日間分の着替えと下着

☆ダウンなどの防寒着(冬シーズンは5.6.7月、冬でなくとも夜は冷え込みます。)

☆タオル数枚

☆洗面用具

☆スマートフォンとカメラ(首からかけるストラップを用意しておいたほうが料理するときに楽かもしれません。)

☆スマートフォンとカメラの充電ケーブル

☆背負えるショルダーバッグ

☆お金 (お酒とおみやげを買わない限り、30ドルもあれば余裕)

☆常備薬

☆お菓子

☆S字フック(シャワー浴びる時に物を置く場所が限られているので…)

いろんな方のブログ、サイトを見ているといろんなことが書いてあったので
そこから自分で用意しました。
インスタなどでもいろんな写真を載せているのでお友達とお揃いのシャツを着たり、
オーストラリア伝統のハエよけの帽子を買ってみたり。

そんな用意が旅行をもっとワクワクさせますよね。
ちなみに私は友達とダイソーでハエよけ帽子を作りました。笑

自作のハエよけ

すごい見た目はおかしいですが…笑
すごい役に立ちました!!!

そして、絶対に忘れてはいけないのは水が入ったペットボトルです。

ちなみに、空港は水とコーラの自動販売機しかなく、とにかく暑い!

ツアーの方からいわれていたのですが空港には何にもない!!
本当に自販機しかないのです。空港の周りも何もなく砂漠のみ。

ウルルは熱いので水を飲まないと熱射病になります。
このペットボトルがないとツアーに連れていってもらえません。
私たちはバスに乗るときに水があるか1人1人確認されました。

水は空港や買える所で事前購入しておきましょう。

ただ最悪当日なくても、ウルルへ向かう道の途中のお店で購入はできます。

ツアーの流れ

初日: まずメルボルンから2時間半ほどでAyers Rock空港に到着。

私たちはメルボルンから9:30発で12時に空港到着のフライトで行きました。
14時半にエアーズロック空港までバスが迎えに来てくれるまで待つ必要があり、空港で待たなければいけなかったのでこの場合、お菓子とか飲み物を持っていくのをオススメします。
お菓子はウルルのお店で買うとチップスが$12くらいするので注意!!色んな物が売ってるお店はないので持っていくことをお勧めします。

ピックアップののち、3時間ほどかけてキングスキャニオンから程近い、キャンプサイトに向かいました。途中止まって今夜のキャンプファイヤーの木々を皆で路上で拾ったりしました。笑

夜はツアー参加したみんなでなにを作るか考え、カレーを作りました。
カレーと言ってもルーはないので
あーでもない。こーでもないとかいってスパイスで味付け…笑
ツアーに参加した皆と喋るのもここが初めて。木を拾ったことや明日行くところ等の話をしました。
夕食が終わった後、明日の自分の朝ごはんとランチ用にサンドイッチを作りました。

キャンプファイヤーを楽しみながら順番でシャワーを浴びましたが、シャワーを浴びたとしてもキャンプからシャワー室まで少し歩かなければいけなく、赤土にまみれるので洗ったとしてもまた帰り道汚れてしまい、もうここで綺麗さを求めるのは諦めました。笑
ここでサンダルが必要になります。

ただ、そのシャワーを浴びた後に寝袋に入って星空の下で星を見ながら就寝するのは本当にすばらしい経験となりました。
あんなたくさん星が間近で見れると思ってなかったので本当に感動しました。

2日目:朝4時頃起きて5時に出発!朝ごはんはバスの中で食べ、キングスキャニオン(実際はここが『世界の中心で愛をさけぶ』のロケ地)に行きました。
日が出て暑くなる前にのぼらないと暑すぎるという理由で、まだ日がでていない時間から行動開始でした。眠いし、頭がおきてない状態で約6キロメートルの散策。

きついーーーーー!!!

ただ、キングスキャニオンは本当に壮大で自然の偉大さに感動。
へこたれながらも、歩きながら、ガイドさんが先住民が食べている木の実を見せてくれたり、生活をどのようにしていたかを教えてくれたりしてくれていたので喋りながら聞きながらの散策はきついながらも楽しかったです。

その後ウルルから近いもう1つの聖地である風の谷カタジュタへ。

ここは風の谷のナウシカのイメージといわれている場所。

 

 

カタジュタに向かう途中トイレ休憩でよってくれたところにオアシスがあったり、(たまに雨が降って出来る大きな水たまり)
ガイドさんに連れられ、散策。長----く続く道路の真ん中で写真撮影などしました。

風の谷はその名の通り風が強く、この日も吹き向けていました。

カタジュタ・風の谷

そしてウルルに程近い場所でウルルの夕日を眺めながらシャンパンで乾杯!!!ツアー参加したメンバーとクラッカーやチーズを食べながら写真を撮ったり、楽しい時間を過ごしました。

 

ウルルとシャンパン

シャンパンの中の逆ウルル!

3日目: 夜明け前に起きて朝食をとり、ウルルのサンライズ(朝日)を眺める。

最初その大きさに感動。その自然の偉大さ、素晴らしさに感動なんてと思っていたのですが、
その大きさを目の当たりにして涙がこぼれそうになったこと今でも覚えています。

それくらいに感動するものがウルルにはあります。

私は最初ウルルに登りたい人でした。
その日もラッキーなことに登ることが出来る時間帯だったのですが、いざ行ってみるとその大きさ、その偉大さに驚愕し、なによりその前にある看板に【禁止】のたて看板。
そこにはアボリジニの聖地を汚さないで。とのこと。。。

そんなたて看板を見た後に登ることなんてできず、なによりそこで働いている人に『登っているのはほぼアジア人で特に日本人が多いんだよ。』との声もあり悲しくなりました。
ドラマの影響も当時大いにあったと思います。安易に登ることをきめ、灼熱の中命を落とした人もいるときき、私は登るのをやめました。というかのぼりたくなくなってしまいました。
2019年の10月で今後のぼれなくなると決まり、日本ではウルルに登るツアーもあると聞きなおさら悲しくなりました。
登るのも人の考えではありますが、登って見える景色、登らずに見える景色だったらウルルをもっと楽しめるウルルの周りの散策がオススメです。
ウルルに行かなければ私も登る!と言っていたのにこんなにも偉大な場所を目の当たりにして、実際に行ってみることの価値がこういうところにあるんだなと思いました。

ウルルの周りはアボリジニが当時住んでいた洞窟や、ウルルの心臓といわれるハート型の彫りがみえる場所、アボリジニが書いた文字がそのまま残されており、一周するのに2時間かかります。

その時間がウルルの大きさを物語りますよね。

ツアーに参加した日本人の方と一緒に話して回ったりと楽しい時間を過ごせました。

その後にウルルに程近いカルチャーセンターを見学!
カルチャーセンターではアボリジニの人とお話が出来たり、どんなものを使って狩をしていたか。どんな物をたべていたか?歴史などを見ることが出来ました。

最初にここに行っておけば良かったと思うくらい、最初にいってからアボリジニのことを学んでウルルが見たかったなぁと思うくらいアボリジニのことが学べる場所でした。

その後ウルルにお別れをし、Ayers Rock空港に送ってもらう頃にはへとへと。

旅行で出会った仲間とお別れをし、、、旅行を終えました。

最後にまとめると・・・

醍醐味は。。。

「ウルルツアーで寝袋にくるまりながら見る満天の星空」です。

もうこの星空が最高でした。
まるで天然のプラネタリウムを見ていたかのようです。私はこれをオススメしたい。

言葉でも、写真でも表現できない、360度すべてを見渡して感じられる星空がウルルにはありました。

そしておすすめは…3泊4日!!!

ツアー表を見てみて思ったのですが3泊4日は値段もあまり2泊3日と変わらないのに内容が充実していて、ゆっくり周れたり、ドライバーが写真をとる時間をくれて道路で止まったりバスを出て写真をとれたり出来るようです。この情報をウルルに行った友達にあとから聞いて3泊4日にしたらよかったなぁと思いました。

実際2泊3日はどうだったのか?というと私も行ってみるまでは分からなかったのですが、ゆっくり出来ない分2泊3日の旅は思ったよりも過酷でした。笑

それでも私は、ウルルを見に行ったことを後悔していません。

ウルルには、たくさんの先住民の方々の気持ちが詰まっていました。

先住民の方々に出会え、お話を聞けた経験は宝物です。

ちなみに私が行ったツアーはこちら!
https://www.adventuretours.com.au/australia/uluru-camping-getaway-117372

ここにある情報はiae留学ネットに併設しているMy tourklinkまでお問い合わせくださいませ!

こちらの記事を見てこちらをスクリーンショットしてMy tourlinkまで見せると$5の割引をしてくれますのでぜひこの際にウルル旅行はいかがでしょうか?

レセプションにてお話もできるので遊びに来て下さいね!!

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!
オーストラリア留学相談

 

 

 

 

 

 

 

読み比べてみました!新聞編

みなさんこんにちは!

インターンのKAZUKIです!

唐突ですが、

みなさん新聞って読んでますか?

このご時世スマートフォンやアプリで電子版は読めるし、AIが勝手にニュースを表示してくれるので自分自身から新聞を選択して読むことはあまりないかと思います…

以外にも、街で売っている新聞紙を読んで意外な発見をすることもありますし、英語を勉強している方にはうってるけだと思います

今回はメルボルンで読める新聞について紹介したいと思います

①HERALD SUN

ヘラルド紙はオーストラリアメルボルン発祥の新聞社です。

毎朝創刊でメルボルン以外にもタスマニアやキャンベラ周辺、そしてVIC州境のSAやNSWでも購読が可能です。

ヘラルド紙は他の新聞紙よりも安くコンテンツも豊富なので根強い人気があります。英語の勉強にもおススメです。

私が働いていたカフェではヘラルド紙を読むために早起きしてくるお客様もいました。

②THE AGE

THE AGE WEB版

ジエイジ紙は1854年以来メルボルンで発行されている新聞紙です。主にメルボルンで発行されていますが、その他タスマニア、首都周辺、VIC州境のSAでも購入が可能になっています。紙媒体はもちろんですが、電子版でも購読可能となっています。

ヘラルド紙と同様に双璧を成すといっても過言ではないほど人気の新聞紙です。ヘラルド紙と比べてお値段は少し高めですが、コンテンツがとても豊富です。

毎週末に号外としてエイジ紙と一緒についてくる SPECTRUMも非常に人気です。

一般のカフェやレストランでも置いており、必ず誰かが読んでいる状況です。

③THE AUSTRALIAN

THE AUSTRALIAN

ジ・オーストラリア紙は1964年以降54年にわたって発行されてきた新聞紙です。

上記2刊と違い全国紙となります、NSWを本拠地として構えています。

ヘラルド紙やエイジ紙に比べ、個人的に少し高いなと感じました。しかしながらコンテンツ内容はとても豊富で政治、エンタメを初めとして流行についても詳しく取り上げていると感じています。

④FINANCIAL REVIEW

FINANCIAL REVIEW

ファイナンシャルレビュー紙は1951年に週刊号として発行をスタートしました。

文字通りオーストラリア国内政治経済情報を始め、国際情報を盛り込んだ経済紙となります。

日本で言うと日本経済新聞のポジションにあたるかと思います。コンテンツも豊富で経済や政治などの言い回しを覚えるにはとてもいい新聞だと思います。

メルボルンで生活しているうえで為替情報や経済情報はとても気になると思います。FINANCIAL REVIEWはそういったニーズにも対応できるかと思います。

私自身とてもおススメしています!

⑤NEOS KOSMOS

ギリシャ語と英語で書かれたメルボルンベースの新聞紙

1951年にディミトリ・ロゴス氏によって設立された、ネオスコスモス紙はメルボルンのギリシャ人コミュニティー向けの情報誌で毎週月曜日、木曜日そして土曜日に発刊されています。

ギリシャ人人口が多いメルボルンならではのギリシャ語新聞はとても人気です。私が働いているカフェはギリシア人人口が多い場所であったので、毎週楽しみに来るお客さんが多かったです。

オーストラリアのギリシャ文化にフォーカスを当てた新聞でコンテンツは豊富なほうだと思います。ギリシャ語で書かれているため、全部は読めませんが英語で書かれた箇所もあるのでギリシャコミュニティーの理解にはとても役に立つと思います。

⑥まとめ

いかがだったでしょうか?

新聞といっても、各紙いろいろな切り口や特徴をもっているので英語の勉強はもちろんオーストラリア文化の理解につながると思います。

みなさんも時間があれば是非新聞を読んでみてくださいね!

この記事が皆様の英語学習の役に立つことを祈っています!

iae Edu Net Melbourne
(iae留学ネット・オーストラリア メルボルン支店)
Level 5 250 Collins St Melbourne VIC 3000 Australia
(日本語医療センターの上)

お気軽にご相談ください^^

iae留学ネットのオーストラリア留学相談はこちら↓無料です!

オーストラリア留学相談